717023 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

コンビニ開業してから閉店するまでの物語~現在

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

最低保証について

2010年08月15日
XML
カテゴリ:最低保証について




お盆休みも今日か明日までという方が多いでしょうが、
最後の週末どうお過ごしですか?



私の店舗は、行楽地ではないので、連休最終日はとても
暇です。号泣



次の日が仕事や学校となると、みなさん早寝されるようで、
深夜は特に、ピタッと客足が途絶えます。



今朝は、勤務終了後墓参りへ行きました。



ちょうど、廃棄になったおはぎがあったので、それを供えて
お参りをしてきました。



本日消費期限なので、ご先祖様早めにお召し上がりください。
とひとこと添えて参りました。ぺろり



さて、オーナー総収入160万円から、電気料と廃棄金額
の60万円が消えるまでお話しました。


残り100万円です。



月間100万円あれば、年収1200万円ですから、
そう悪くない年収ですね。



ところが・・・びっくり




最後の砦





人件費があります。





人件費以外は何もないのか?





と言われれば、あります。




大きいものは、賃貸料(店舗・駐車場など)や借り入れ返済
がありますが、これについては、自前の土地・建物の場合や
無借金での方など様々なので、割愛させていただきますが、



ある場合は、当然残りの100万円から支払うことになります。




あとは、店舗内や事務所で使用する消耗品(トイレットペーパー
や洗剤etc...)募集広告費、電話代、警備保障費などがあります。




また、法人として営業されていれば法人税などもかかりますし
税理士費用などもあるでしょう。




以上は営業形態によって違いますので、ここでの説明は割愛
させていただきます。




さて、人件費ですが、これも廃棄金額と同じことが言えます。





売上の大きい(繁盛店)店舗は、使える範囲が広くなりますが、
逆の場合は、最小限とせざるを得ません。




24時間営業で、常時2名のスタッフを雇用したとしましょう。




時給は地域や時間帯によって様々なので、仮に700~1000円の
時給として、中間を取って850円の時給としましょう。




850円×24時間×2名=40,800円



わかりやすく1日約 40,000円かかるとしましょう。



1ヶ月は、40,000×30日=1,200,000円



このままですと、100万円しかないのに、120万円の
人件費ですから、赤字なのはわかりますね。




そこで、オーナーが夫婦で、勤務したとすると、




仮に、1人8時間ずつ勤務に入ってその分の人件費を減らす
としましょう。



850円×8時間×2人(オーナー夫妻)=13,600円



1ヶ月は、13,600円×30日=408,000円



きりのいいところで、約 400,000円としましょう。




すると先ほどの120万円の人件費から、40万円を
引きますと80万円となります。




100万円から人件費80万円を引きますと、




残り20万円です。




どうですか?





夫婦2人で20万円は、きついですね。




まして、前にあげた細かい経費は入れてません。




返済や家賃がある場合は、完全に赤字です。





今回のシュミレーションは、オーナー総収入が160万円
だった場合を想定したものです。




この160万円が200万円とか300万円とかであれば
内容が変わることは、おわかりと思います。




結局、何をいいたいかと言うと、





俗にいう、 “ 最低保障 ”という意味は




生活レベルの最低保障をしてくれるという意味ではない。





ということです。





仮に、160万円というオーナー総収入となった場合は、
どうするのか?




時給の高い深夜や早朝をオーナー夫妻がもっと長時間勤務
するなり、1人で管理するなりとなるわけです。




深夜などに、1人で店番をするオーナーなりスタッフがいる
店舗を見かけると思います。




防犯面からも決して良くはないので、したくはないのですが、





 “ せざるを得ない ”



ということです。





長くなりましたが、コンビニ最低保障の実態でした。





ありがとうございました。



ヤフオクブログです。よければご覧ください。m(_ _)m
http://ameblo.jp/yafuokuonlyone/ 
 

ツイッターやってます。
よかったらフォローお願いします。m(_ _)m

http://twitter.com/tgaia173



人気ブログランキング
クリック応援よろしくm(_ _)m

人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年08月15日 20時54分02秒
コメント(2) | コメントを書く


2010年08月12日
カテゴリ:最低保証について




昨日は台風が来るというので、家中の窓を締め切ったり、外のガラクタ
などが飛んでいかないように万全の準備をしてました。



ところが、その台風が来ない?しょんぼり



こなくて良かったのですが、なんだか無駄に動いたような気がして
無駄骨?と言えばいいのでしょうか?



ただ、面白いのは台風などの予報が入ると、何だかわかりませんが
コンビニは忙しくなることが多いです。



外食に行くにも、天候を考えて簡単に食事を済まそうという感じ
なのでしょうか?



台風などの最中は、さすがにお客様が激減しますが・・・号泣



ところで、



前回オーナー総収入の話を書きましたが、わかっていただけましたか?




簡単に言えば、1ヶ月約160万円のオーナー総収入から全ての経費
を支払うわけですから、経費が少なければ、少ないほど、オーナーの
手取り(収入)が増えるというしくみです。




これは、コンビニに限らずどんな業態でも、経営する場合は同じでしょう。




コンビニの経費でいちばん大きいのは、人件費です。



仮に、上記160万円のオーナー総収入があったとして、スタッフを誰も
雇用しなければ、人件費はかかりません。




でも、24時間営業のコンビニが大勢を占める現在は、家族のみで経営
するのは難しいでしょう。




それ以外の経費としてどんなものがあるのかをお話します。




これも、たとえばの話として聞いてください。




まったくお客様が、来店せず売上がゼロだったとします。




それでもかかるものは、当然あります。




大きいものから言いますと、




やっぱり、水道光熱費でしょうか。




特に電気代はすごいです。しょんぼり




一度店舗をオープンしたら、よっぽどのことが無い限り店内の照明
は、閉店するまで消えることはありません。




冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、換気扇、保温機などなど・・・





様々な機器に電気を使っています。





私の店舗の場合でお話しますと、1ヶ月約20万前後かかります。





誰も来店されなくても、




160万円から、まずそれだけで20万円が消えます。




天井の蛍光灯などもつけっぱなしですから、だいたい1年~1年半
で全部交換です。




まだ使えても、交換します。




店舗の明るいイメージを維持するために、照明のバラつきも考えて
すべてまとめて交換してしまいます。




その費用だけでも、けっこうな金額になります。





まだまだ、かかる経費がありますが、長くなったので、
つづきは、次回以降お話します。





ありがとうございました。





ヤフオクブログです。よければご覧ください。m(_ _)m
http://ameblo.jp/yafuokuonlyone/

ツイッターやってます。
よかったらフォローお願いします。m(_ _)m

http://twitter.com/tgaia173



人気ブログランキング
クリック応援よろしくm(_ _)m

人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年08月13日 02時56分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年08月09日
カテゴリ:最低保証について



毎日暑いですね~。



今日はコンビニの最低保証と利益などについてのお話です。




ちょっとグレーではないですが、【裏話】となります。クール



先ほどたまたま、あるコンビニチェーンのオーナー希望者説明会
の広告を見てました。




そこに最低保証制度あり。



と明記されていました。




オーナー総収入で年間2000万円弱の金額が書かれていました。




ぱっと見、2000万円の年収なら、悪くない。




それが最低保証なら、うまくいけばいったいいくら儲かるのか?




と皮算用してしまいますね。




オーナー総利益という言い方は、コンビニチェーンによって
いろんな言い方があるようです。



このオーナー総利益というのは、売上総利益からチャージ金額
(本部に支払うのれん代金…本部費用などに充てられるお金)
を引いたものだと思われます。



まず間違いないのですが、私の個人的意見として書きますので、
確定情報ではありませんことを、お断りしておきます。



本部チャージは約30~70%としましょう。




契約タイプやチェーンによって様々なので、こんなに%の開き
がありますが、わかりやすくするために仮に50%としましょう。





たとえば、店舗の年間の売上総利益(本部チャージを引く前)が

(レジに入ったすべての売上)ー(売上原価…主に仕入商品代金)
( 例  年間 1,2000万円)ー(原価:仮に70%で8,400万円)

 1,2000万円-8,400万円=3,600万円(これが売上総利益です)



この3,600万円から仮に50%の本部チャージを引くと、


3,600万円-1,800万円=1,800万円(これがオーナー総利益)です。



年間1800万なら悪くないですね…年収であればですが。

この金額が、先ほどの最低保証の対象額となるわけです。
ですから最低保証が仮に2000万とすれば、あと200万
を保証してくれるということです。


そしてここからです。



ここから、オーナーは人件費や水道子熱費、その他の経費を払います。
※水道光熱費などはチェーンによって一部本部負担もあります。


その他経費には、借入金がある場合は、返済金も含みます。



仮に2000万を12ヶ月で割ると、1ヶ月約166.6万円です。


人件費などのすべての経費をこの166.6万からいかに少なくする
かで、オーナーの取り分が決定します。


長くなりましたので、細かい内容は次回以降…



ありがとうございました。




ヤフオク始めました。


ブログ書いてますので、よければお越しください。



ヤフオクブログです。よければご覧ください。m(_ _)m
http://ameblo.jp/yafuokuonlyone/ 



ツイッターやってます。
よかったらフォローお願いします。m(_ _)m

http://twitter.com/tgaia173



人気ブログランキング
クリック応援よろしくm(_ _)m

人気ブログランキングへ






最終更新日  2010年08月09日 23時17分54秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.