127125 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

To be as it is

全7件 (7件中 1-7件目)

1

映画

January 11, 2010
XML
カテゴリ:映画

 

 

早朝から映画館に行ってきた。

 

今年一本目の映画はピクサーアニメーション カールじいさんの空飛ぶ家

 

(何らかの割引があって1000円+sp300円で見ることが出来た~♪)

 

 

粗筋

 

冒険に憧れるカールは、冒険家チャールズ・マンツの冒険ドキュメンタリー映画に釘付け

 チャールズは、南米のパラダイス・フォールに旅だった際、

未だ人類が知らない伝説の怪鳥の骨格を持ち帰ったのだが、

後にそれが偽造であることがわかり、世間から批判をあびる

チャールズは汚名を晴らすためその怪鳥を生け捕りにするために旅立ったが、

その後行方不明となっていた・・・

カールが一人で冒険ごっこをしていると、廃屋の中から子供の声が聞こえ

その廃屋に入っていくと、その少女・エリーも一人冒険ごっこをしていた

エリーは自分が作った冒険クラブに誘い、二人だけの冒険クラブを作る。

 

007.jpg

 

 エリーの冒険ブックには、将来冒険家になってパラダイス・フォールに行った時に

綴るページが用意されていた。

エリーカールはいつか二人でパラダイス・フォールに行こうと誓い合う。

そして、19歳になったカールは、エリー結婚する。

二人の秘密基地だった廃屋を買い取り、自分たちの手で改築して新居を造る。

 

008.jpg

 

 カールの仕事は動物園での風船売り。二人は幸せな結婚生活を送っていたが、悲しい出来事が起こった。

エリーは妊娠をしたのだが、流産してしまう。

 パラダイス・フォールに行く約束を果たすために少しずつ貯金をしていた二人だが、

いつしか70歳を超えていた。

しかもエリーは病に倒れ、約束を果たせぬままエリーは旅立ってしまう・・・

 

012.jpg

 

カールは思い出が詰まった家で一人で暮らしを始めるのだが、 自宅の周りで進む都市開発により

カールにも、自宅を手放せと毎日のように嫌がらせのような交渉が繰り返される。

些細な事で危険人物のレッテルを貼られたカールは大空へと飛び立つ決意をする

 

333261view001.jpg

 

 

 

 

 

 

エリーと出会い、恋をして結婚、流産するも幸せ暮らしがあり、

 

やがてエリーが病に倒れ先立ってしまう・・・

 

追憶シーンの流れはハイペースなんだけどセリフほとんど無く、淡々とつづられている

 

ココまで見ただけで涙脆いオイラはウルウルと・・・涙ぽろり涙ぽろり涙ぽろり

 

オイラは冒頭の追憶のシーンだけでも十分に満足してしまう・・・w

 

もちろん子供向けのアニメなこともありツッコミどころも満載うっしっし

 

 

空を飛んでいる家をカーテンなんかで操縦なんか出来るのか!?

風船で浮かんでる家を引っ張って歩くことなんて出来るわけなーい!

カールじいさんは足が不自由だったのでは??

つーか、風船を1万個つけたぐらいで家なんか飛ばないでしょう・・・w

 

 

現実的ではないと言え、大人の心を捨てて、

 

純粋な気持ちになれば大人でも楽しんで見ることが出来ると思う

 

それから今回の作品は3Dで見たんだけど、

 

子供の頃に見た3D作品(赤と青のフイルムメガネ)

 

画面の中から飛び出してくるイメージだけど、

 

この作品は奥行き感のある3Dで、映像がとてもリアルに感じられたかなぁ

 

もちろん、ピクサーだけあって映像の美しさはピカイチ!!!

 

本編が始る前にショートムービーもあり、そちらはとても笑えます大笑い

 

公演は間もなく終了だと思います。気になった方は早く映画館へGO~♪

 

もちろん3D字幕版で見てネ

 

 







Last updated  January 11, 2010 10:24:13 PM
コメント(12) | コメントを書く


January 25, 2009
カテゴリ:映画

 

 

美容室でツイストパーマをかけたYOっ!

 

久々に良い具合の仕上がり~大笑い

(φ( ̄ー ̄ )ノ~O メモメモ・・・髪の毛を切りに行った日を忘れないように。。。w)


 

いやぁ~、これまただいぶんとブログ更新をサボってしまった雫

たまにやらないと日記のアップのやり方を忘れちゃいそう・・・笑

朝、テレビを眺めていたら、某DVDレンタルショップが

100円レンタルを実施中とのこと。このチャンスを逃すまいと、

早速、レンタルショップへ向った車車車

オイラが大好きで大好きでたまらないのがこの作品

 

 

 

 

CSI:科学捜査班

 

PA0_0001.JPG

 

次々起こる難事件を科学捜査班(CSI = Crime Scene Investigation、正しくは鑑識班)が

最新科学を駆使して、現場証拠から犯人及び犯行過程を解明していく。

 

PA0_0000.JPG

 

またしばらくの間、ブログ更新が出来ない予感・・・うっしっし

 

 







Last updated  January 25, 2009 01:37:23 PM
コメント(8) | コメントを書く
January 7, 2009
カテゴリ:映画

 

 

ここ数日、年末年始に録画した映画を見まくっているんだけど、

 

今朝、沢尻エリカがワイドショーを賑せていたのでこの作品の紹介

 

容疑者Xの献身で第134回直木賞を受賞した東野圭吾の

 

 

「手紙」

 

 

001.jpg

 

 

粗筋




工場に勤務する武島直貴は、誰とも打ち解けず一目を避けていた。


なぜなら彼の兄剛志は、弟を大学に行かせるための学費欲しさから


強盗殺人事件を犯し、今は塀の中にいるから。


直貴は引っ越しや転職を繰り返した後、


中学時代からの友人と始めたコントで一躍スターになる。


しかしそれもつかの間、兄が刑務所にいることがばれ、


コンビを解消するだけでなく、愛する女性と別れることになる。


自暴自棄になっていたところを助けてくれたのが


工場勤務のころから彼を支えていた由美子だった。


家電店で働き始めやっと運が向いてきたと思っていたが、


塀の中から届く兄からの手紙がまたしても幸せを脅かすことになる・・・


 




ラストがとても素晴らしくて、兄役の玉山鉄二が迫真の演技を見せてくれる。


出番は少ないが、吹越満風間杜夫の存在感ある演技にも脱帽ちょき


それから、昨日、結婚式を挙げた沢尻エリカが最高に可愛いぃぃぃ~目がハート


10代はメガネのおちょんぼ娘、


20代前半はちょっとケバイお姉さん

 

後半は美人若妻と、三変化が楽しめる。

 

 

 

メガネ評論家のオイラにとっては涎もの・・・雫雫雫(爆)

 

 

 

「クローズド・ノート」の舞台挨拶で 「別に・・・・」 

 

不機嫌な態度を取ったのが信じられないほどの可愛さじゃ~!!目がハート

 

あの時は女王様キャラを築きたかったのか、それともアレが本性!?

 

若干、沢尻エリカの可愛さをベタ褒めし過ぎたんだけど、うっしっし

 

 

大泣きを通り越して、号泣してしまう作品でもあります

(元々、涙脆い体質なんだけど、歳のせいかダムの決壊が早い・・・w)

 

 

オイラ的結論、

 

 

沢尻エリカかわいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!目がハート

 

 

 

なぬ!?高城氏と22歳の歳の差だって・・・びっくり

 

ナントうらやましいぃイイ。。。 ぽっ






手紙








Last updated  April 15, 2009 07:51:26 PM
コメント(10) | コメントを書く
December 15, 2008
カテゴリ:映画

 

未来の地球に取り残されたロボットの冒険を描いた

 

ピクサーアニメーション  ”ウォーリー”を見てきた

 

ウォーリー.jpg

 

 

 

 

粗筋

 

29世紀、ゴミが溢れ人影のない地球で、ウォーリー

ゴミを立方体に圧縮して積み上げる作業を一人黙々と続けていた

 

ウォーリー ゴミ.jpg

 

楽しみは古い玩具などの宝物のコレクション。

お気に入りのミュージカル映画で見て、誰かと手をつなぐ事に憧れていた。

ある日、巨大なロケットが着陸して、ロボットのイブが降り立った。

ウォーリーは青い目をした彼女に一目惚れをするが、

 

ウォーリー&イブ.jpg

 

イブは任務だった目的を果たすと、再びやってきたロケットへ。

ロケットの船体にしがみ付いたウォーリーと共に宇宙へ飛び立った・・・・

 

 

 

 

 

 

 

映像は実写なのでは??と思えるほど立体的に見え、

 

ほんとにこれはアニメなのか??と、マジマジと見てしまった。

 

特に宇宙空間でのダンスや、星屑きらきらの描写は惚れ惚れしてしまう美しさちょき

 

ウォーリーとイブは目の動きと、ちょっとした仕草だけで心を通わせるんだけど、

 

ロボットという無機質な物で、ココまで人間的な表現が出来てしまう事に

 

ビックリしてしまった。

 

ロボットであるはずのウォーリーからは、温かさと優しさがにじみでて、

 

表情を出し、感情を出し、心まで揺さぶるウォーリーの姿は

 

 

 可愛すぎるYO~っ!!!目がハート

 



ロボットのお話なので、見るまでは冷たいイメージがしてたんだけど、

 

ウォーリーとイヴの魅力で、心温まる映画でしたスマイル



 







Last updated  December 16, 2008 07:59:41 AM
コメント(6) | コメントを書く
November 16, 2008
カテゴリ:映画



最近、週末の夜はレイトショーがお決まりのようになってきているんだけど



意気消沈気味な今日この頃、元気をつけなければってことで、



金曜日の夜は、
ハンサム★スーツを見てきた。

(毎月14日はTOHOの日ってことで1000円で見れちゃったYO~!)

 

 

ハンサムスーツ.jpg

 


粗筋

定食屋こころ屋の店主、大木琢朗(塚地武雅)は、ブサイクで彼女いない歴33年の独身。

ある日、店のアルバイトに応募してきたのは美形の寛子(北川景子)

仲間達の声援に後押しされ、思い切って告白をしたのだが、あっさりと振られてしまう。

そんなとき琢朗は、着るだけでハンサムになれるという不思議なスーツを手に入れた。

 

ハンサム.jpg

 

これでハンサム男 光山杏仁(谷原章介)に変身した琢朗は、トップモデルのライカ(佐田真由美)

と付き合うようになり、ついに東京ガールズコレクションにも出演することになった・・・

 

 




ブサイクな男が特殊なスーツを着ると見違えるようなハンサムに変身してしまう

(ちなみに、あの洋服の青山で提供される・・・w)


そんなドラえもんチックなおバカなアイデアが素晴らしいっ!



ハンサムスーツは谷原さんverだけでなく、他のハンサム俳優が

 

惜しげもなく次々にチョイ役で登場するのでその辺も見所のの一つかも



それから、あの谷原さんが今時誰もやらないような古臭いギャグを



恥じらいも無くやってしまうとこなんか会場は大爆笑大笑い大笑い大笑い


衣装やセットもキュートで見てるだけで楽しいちょき


ただ、、、寛子が店を去った後に、大島美幸(本江)が店にやってきた時、



こんなストーリーだったらなァ~・・・ってイメージしたそのままのオチだった。。。


とは言え、なかなか楽しめるラブコメディな作品でした~音符


オイラも明日辺り、洋服の青山へハンサムスーツを借りに行くべ~歩く人歩く人歩く人








Last updated  November 16, 2008 08:56:57 PM
コメント(10) | コメントを書く
January 21, 2008
カテゴリ:映画
無題.JPG



兄者が1週間の中国出張を終えて帰国した


繊維業界においても中国と取引していると


偽物を掴まされる事ある


カシミア100%の素材のはずが


30~40%だけのチョイカシであったり


撥水処理してあるはずの素材が水を弾かなかったり・・・


あちらの国の方々は全てではないが


自分の都合・利益を優先する。。。








長くなるのでそろそろ本題を書かねば・・・


あまり大きな声では言えないネタなので・・・







お昼に兄からこんな物を渡された・・・







このDVDちゃんと見れるか見といてくれ!!






画像 003.jpg





おおぉ~、コレは今公開中の



アイアムレジェンドじゃんかYO!!




お試し版か!?メイキングDVDなのか?




パッケージを眺めた感じだと・・・・















広東文字が並んでいる・・・


そして、、、間違いなく本編が入っている。。。
びっくり









早い・・・・







公開中だというのに何て早業なんだ・・・





では早速と作動調査を・・・・



よく中国製の海賊版は画面が淡いって言われるけど


然程気にはならないかなぁ・・・



画像 001.jpg


このDVDの一番のポイントは・・・・



字幕が中国語・・・


もちろん音声は英語・・・


オイラには全くワケワカメだ・・・失敗


映像を見て雰囲気だけを楽しも~っと。。。








Last updated  January 21, 2008 10:55:52 PM
コメント(16) | コメントを書く
January 20, 2008
カテゴリ:映画
1005265_01.jpg


今年に入って初の映画鑑賞は SILK~シルク



長野県の松本でも撮影が行われてて、


ブログ仲間のshihoさんがエキストラで出演した事もあって


ず~~っと気にかけてた作品。


この時の仲間の皆さんがエキストラとして出演されました


ナゼだかオイラもこの会合に参加しちゃった☆











19世紀・フランス ― 戦争から故郷へ戻ってきたエルヴェは、

美しいエレーヌと結婚して幸せを謳歌していたのも束の間、

疫病が原因で蚕が減少している事を知ったエルヴェは

村の製糸工場の為に良質な蚕の卵を仕入れに

行かなくてはならなくなった。

そして、向かった先は極東の地・日本。

長い長い旅の末、日本の蚕業者・原十兵衛(役所広司)の元を

訪ねたエルヴェは、そこで美しい少女(芦名星)に出逢い、

その美しさに強く心を奪われ、何度も日本に訪れる。

三度目の帰国後、彼の元に日本語で書かれた手紙が届く。

その手紙が意味するものは・・・










映像や音楽(坂本龍一)は良かったと思うんだけど、

作品のストーリーはイマイチで物足りない。

説得力と意外性が全くなく淡々と進んでいく。

命を掛けた旅と言っておきながら、それが感じられない

芦名星演じる女にエルヴェが心を惹かれるのは分かるが

あんなにも苦悩の対象になるものなのか・・・

(恋に理由も国境もない!!!ってつっこまれそう・・・w)

最後に大どんでん返しでもあるのかと思ったのだが・・・

期待してただけにチョッピリ残念・・・失敗





一番気になったシーンは


役所広司が露天風呂(周りは雪)からあがった時に

体も拭かずに浴衣を羽織った・・・

寒くないかい!?バスローブじゃないんだからさぁ・・・(爆)



それと、娼婦演ずる中谷美紀さんのエルヴェに対しての

凛とした姿と、流暢な英語に驚いちゃいました☆







そして男としての見所は・・・


スマイルうっしっしちょきこんなシーンが多い!!(ちなみにR-12指定)





それから大きな声で言えませんが・・・・

田舎の映画館&夕方時って事もあったのかな!?

観客は10人しか居ませんでしたショック(シート数は214席)





  

絹 (アレッサンドロ・バリッコ  白水Uブックス) 










Last updated  January 20, 2008 08:47:45 AM
コメント(8) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


© Rakuten Group, Inc.