336381 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

∞ My Life As A Nomad ∞

PR

X

プロフィール


くあどろ

カレンダー

バックナンバー

Sep , 2021
Aug , 2021
Jul , 2021
Jun , 2021
May , 2021
Apr , 2021
Mar , 2021
Feb , 2021
Jan , 2021
Dec , 2020

カテゴリ

コメント新着

BSテレ東・陶山@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) 初めまして。突然のご連絡失礼いたします…
とんべり@ Re:さようならアルジェリア(04/15) はじめまして 実は、FBでアルジェリアの方…
http://buycialisky.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) forum viagra x cialiscialis 5mg kaufen …
http://eddrugsgeneric.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) pharmacy express viagra cialis levitra …
根室の住民@ Re:国後島-8- これからの北方領土問題(10/12) 四島の現状に関して当に面白いブログ記事…
May 18, 2008
XML


『いのちの食べかた』
Our Daily Bread


inochi2.jpg

食べ物は私たちの血となり肉となり、そしてイノチになる。。。

いわば、私たちの命は口にする食材ものそのものだ。
なのに私たちは知らずに食べている。
それがどういう過程を経て自分の胃袋に入るのかを知らずに。

inochi3.jpg

久々に衝撃的な映画でした。
監督はニコラウスゲイハルターという人。
映像に大きな意味づけや脚色をすることなく
ただ現実を淡々と映し出してゆく超現実的なドキュメンタリー。

私たちは食べるために、なぜここまでしなければならなかったのか?
ここで取り上げられている大量生産、
オートメーション化された解体、加工、処理の食品産業の現状には、
命というものがまったくと言っていいほど感じられない。
もはや食材には、ひょっとしたら命なんかないのかもしれない。
つまり、言い換えれば、それを口にする人間にも命なんかないのかもしれない。
私たち人間ももしかしたら商品の一つに過ぎやしないのかもしれない。
どうしてこうなってしまったんだろう。

現代社会が昔に比べて病んでいると言うのは好きじゃない。
進化の過程に当然変化はつきものであり、
すべての新しいものは、奇妙であり拒絶すべきものとして目に映るものだろう。

だけど、だけど、だけど・・・
こんなにも自然の法則に手を加えあざ笑うような人間の進化を、
これを現実として受け入れなければならないのか?
どうあがいたって、食べなければいけないことには変わりない。
私たちは生きるためにその道を選ぶしかない。
生きるために・・。
生きるために・・?

帰り道、とてもやるせない思いでいっぱいだったので、
去年、沢山の素敵な農家を訪問したことを思い出して少し楽になった。
私はすっごくラッキーだと思う。
少なくとも、そうじゃない農家を沢山知っているし、
そうじゃない人達のもとで作られている沢山の命ある食材を
感謝しながら口にすることができる・・・。

映画情報 → 『いのちの食べかた』 観る価値大有★★★★★







最終更新日  May 19, 2008 02:18:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
[日々思うこと・・・] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.