327076 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

∞ My Life As A Nomad ∞

PR

X

プロフィール


くあどろ

カレンダー

バックナンバー

Apr , 2021
Mar , 2021
Feb , 2021
Jan , 2021
Dec , 2020
Nov , 2020
Oct , 2020
Sep , 2020
Aug , 2020
Jul , 2020

カテゴリ

コメント新着

BSテレ東・陶山@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) 初めまして。突然のご連絡失礼いたします…
とんべり@ Re:さようならアルジェリア(04/15) はじめまして 実は、FBでアルジェリアの方…
http://buycialisky.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) forum viagra x cialiscialis 5mg kaufen …
http://eddrugsgeneric.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) pharmacy express viagra cialis levitra …
根室の住民@ Re:国後島-8- これからの北方領土問題(10/12) 四島の現状に関して当に面白いブログ記事…
Nov 1, 2008
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



英治出版さまより、本が贈呈プレゼントされてきたよ♪

『旅する遺伝子』 スペンサー・ウェルズ著/上原直子訳 英治出版

tabisurudna.jpg

DNAサンプル採取により人類の失跡を解明しようと手がける
ナショナル・ジェノグラフィック・プロジェクトの創始者スペンサー博士の著書が
このたび和訳され、英治出版さまより出版されたのでございますきらきら

かつてお遊びでプロジェクトに参加した私のブログ内容が
(当時の内容)→  2008年4月12日の日記
英治出版さまのブログに紹介され、
そのお礼ということで、原本が送られてきたというわけです。

m(_ _)m・・・ご丁寧にどもども・・ m(_ _)m


すいすい読める面白い一冊です。
ジェノグラフィック・プロジェクトや遺伝子学に興味があるのなら、入門書として最適。
あのスペンサー氏がなぜこんなに遺伝子解析に夢中になっているのか、
その興奮と情熱が読み手にも伝わってくるようです。
人類の起源と歴史・・考えれば考えるほど浪漫にあふれ面白いですね。

また深く辿ると、人類発生以前の霊長類から人へ・・というテーマにも関わりますね。
興味深いのはスペンサー氏も、進化論と創造論の狭間にて
あくまでも人類の発祥にこだわっているところ。
ついこの間、他宗教の人達と進化論の話になった時、
「ダーウィンの祖先は猿かもしれないけど、私達の祖先は人間だ!」
と断言され、その認識の違いを深く感じ取ったところでもあるので面白く感じました。

まあ、人間、深く知らないほうが良いこともあるのかもしれないし、
解明するのも所詮人間だから、どこかで間違ってるかもしれないんですが、
それでも同時間軸の中でそういうことを調べている研究者がいるのって
なんだかとっても心強く感じませんか?
社会の中で忙しく何らかの活動を繰り広げている人がいる一方、
一生をかけて出るか分からない遺跡の発掘をしている人もいれば、
スペンサーのように世間知らずなポジティブさと空想癖のみで
強引に過去を探ろうとしている研究者達もいる。
すべて意味のあることだと思います。


私が今後の遺伝子解明に期待するテーマは・・

えんぴつ各言語のルーツとの関係
えんぴつ歴史的な帝国による征服支配の遺伝子分布への影響
えんぴつカースト制度や王室制度における遺伝子分布への影響
えんぴつ各ハプログループの人体の科学的特徴(消化酵素や血漿タンパク等)

あと、私のMtDNAはハプログループBだったんですが、
将来的にもっと細分化され、Bの下位グループも解明されればなあと思います。
興味ある方はキット購入より祖先の追跡をはじめてみては?→ ジェノプロ参加

あと、英治出版さんはインテリジェンシーの高い書籍を沢山取り扱ってますよ。
オンライン立ち読みもできるので、是非一度ご訪問を → 英治出版さま


どもども。







最終更新日  Nov 17, 2008 11:51:18 AM
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.