000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

∞ My Life As A Nomad ∞

PR

X

プロフィール


くあどろ

カレンダー

バックナンバー

Apr , 2021
Mar , 2021
Feb , 2021
Jan , 2021
Dec , 2020
Nov , 2020
Oct , 2020
Sep , 2020
Aug , 2020
Jul , 2020

カテゴリ

コメント新着

BSテレ東・陶山@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) 初めまして。突然のご連絡失礼いたします…
とんべり@ Re:さようならアルジェリア(04/15) はじめまして 実は、FBでアルジェリアの方…
http://buycialisky.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) forum viagra x cialiscialis 5mg kaufen …
http://eddrugsgeneric.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) pharmacy express viagra cialis levitra …
根室の住民@ Re:国後島-8- これからの北方領土問題(10/12) 四島の現状に関して当に面白いブログ記事…
Mar 15, 2010
XML



バクーのダウンタウン周辺↓
ま、ダウンタウンといっても、あまりにも規模が小さいんですが・・・
baku 32.jpg

いたるところで道路工事があるおxxxx
道路は穴だらけだから足元に気おつけたほうがよいお・・・
で、風が強いから粉塵が舞っているからコンタクトの人は要注意・・・台風
僕は仕事だから夜遅くか週末しか相手できないお。
見どころ観光名所も実はよくわかってないお。
そもそも一般の人の興味を引く見どころがあるかどうかわからないお。

まあ、こんな条件だけど遊びに来て・・と言ったら、
「有給とれちゃった♪行くから。」
「・・・は、早すぎっ・・(°Д°;))」 
みたいなやりとりが結構あって、
夏まで月一回のペースで誰かしらが遊びに来る予定になってます♪
さすが私の友人みんな変態だわっ!
でもこのフットワークの軽さ、好きです!
嬉しいことだ赤ハート
札幌に来てよと言っても誰も来ないくせに、
アゼルバイジャンと言ったら
「そこどこ?でも、あなたがいなければ一生行かないところだから行く」
という理由だけで、皆すげぇ乗り気なのだ。馬鹿だなあ。やっぱ類友?

しかし皆分かっているのだろうか?
私のようにMugamJazzに特別な思い入れがあったり、
トルコ語古典の詩を読み漁ろうという野望を持っているレアな人間を除き、
普通の人にとってここって遊びに来て面白いところなんだろうか?
来てから後悔されても、もう知らんぷりだよ。


文学の父、ニザーミ像↓
baku 31.jpg

というわけで、
第一陣の変人は今週やってきます。ウキウキ!
国外飛び回っている人だから日本でビザを取らずに空港で取得を狙うんだけど、
無事入国できるんだろうか?!
到着日、わしは地方出張でいないしぃ・・ショック

しかしラッキーなタイミングで来週はノウルーズという春の祝祭日で連休赤ハート
そのまま、まったりとトルコに流れます。ウキウキ!
ノウルーズはアゼルバイジャン人にとって一年で一番大切な祭りのようです。
日本で言う春分の日に当たり、古くはゾロアスター教の新年のお祭りに由来します。
イランや中央アジア、バルカン半島、アフリカに至るまで広域で祝われており、
今年から国連で国際的行事として正式に認められました♪

お祭りの前の1カ月くらい前から火曜日はそれぞれ
水、火、土(順番は分からず)の日と呼ばれて、それぞれ何かの儀式をします。
(ザックリとしすぎでスミマセン、詳細はよく把握してません・・・)
最終火曜日日には、たき火をして、
その炎の上を飛び越えて、一年の健康を祈願するという習わしもあり、
(あの雪でできた少女が溶けて消えちゃうロシアのお話みたいに・・)
私こういうシャーマンぽい伝統が大好物なので、
その伝統がいまだに大切に守られているこの国は、かなりイケてると思います。

古代の自然崇拝に通じるノウルーズにドキドキワクワク♪
頭の中はストラヴィンスキーの「春の祭典」一色です!!
それもファジル・サイのピアノ四手バージョン。
ただただ美しく狂気に満ちた芸術作品↓

http://www.youtube.com/watch?v=50abK3OljhY


すげーファジル目がハート
ファジルはまだ学生時代、当時師事していた師匠とこの難解な曲を弾いていたそうです。
師匠がエイズで亡くなった後は、他の誰とも弾くものか・・と決め、
電子ピアノに1パーツずつ録音し、
コンサートでは全部自分の演奏で弾くようになったそうです。
そういう彼の頑固さと師への忠誠心がソウルで感じられる。
ピアノだけなはずなのに、色々な音がしてくる。
ファゴットやティンパニー、すべての楽器の音、自然界にある音が聞こえてくる。
初めて聞く人は不快感を感じるかもしれない。
不協和音と無調と変拍子の狂気の沙汰ムカッ
しかしそれが最高にCoolピンクハート

さあ、Happyノウルーズを迎えられるように、
色々と頑張りましょう~。

ダスビダニヤバイバイ








最終更新日  Mar 16, 2010 03:51:53 AM
コメント(2) | コメントを書く
[アゼルバイジャン生活] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.