328838 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

∞ My Life As A Nomad ∞

PR

X

プロフィール


くあどろ

カレンダー

バックナンバー

May , 2021
Apr , 2021
Mar , 2021
Feb , 2021
Jan , 2021
Dec , 2020
Nov , 2020
Oct , 2020
Sep , 2020
Aug , 2020

カテゴリ

コメント新着

BSテレ東・陶山@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) 初めまして。突然のご連絡失礼いたします…
とんべり@ Re:さようならアルジェリア(04/15) はじめまして 実は、FBでアルジェリアの方…
http://buycialisky.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) forum viagra x cialiscialis 5mg kaufen …
http://eddrugsgeneric.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) pharmacy express viagra cialis levitra …
根室の住民@ Re:国後島-8- これからの北方領土問題(10/12) 四島の現状に関して当に面白いブログ記事…
Mar 26, 2010
XML
カテゴリ:トルコについて♪


連休だったのでイスタンブールへ緊急避難マラソン
バクーからイスタンブールは約2時間半のフライトです。
THYやアゼルバイジャン航空が毎日運航していて、料金もお手頃なのです。
アゼルでどんなに辛いことがあっても、
ISTANBULという駆け込み寺へのアクセスが開けているって励みになりますオーケー

ist2010-4.jpg

ISTは春うららかでした・・さくら

topneko1.jpg

猫リンもアゼルバイジャンより幸せそう・・猫

topneko2.jpg

トルコがよっぽど好きなんだねと言われると、
そうかもしれないけど、そうじゃないかもしれない。
もしそこに長い年月を共に過ごした友人達、ソウルメイト達がいなければ、
果たしてここにやってくるだろうか?
何のためにやってくるだろうか?
今となってはトルコという国自体に何か自分の求めるものがあるわけじゃない。
仮に友人達が皆アフガンかどこかに移住してしまったとしたら、どうだろう?
恐らくその時、私のデスティネーションはアフガンになるに違いない。
結局私にとっての心の故郷というものは、場所ではなく人間なのだ。
会いたい人達がいる場所が私の故郷になる。

しかし、これは精神的自立発展性を阻害する要因でもある。
どうしてもISTANBULに来ると私はスポイルドされる。
ワガママで甘えん坊になる。
たいてい私の友達は年上で、物知りで討論好きでお節介な人が多い。
ここは男女関係なく母性に溢れていて、そういう居心地の良さが時々自分を不安にさせる。
この人達がいなくなってしまったら私はどうなるのか?という漠然とした不安・・。
彼らがいなくなった時、自分すら消えてなくなってしまうような気がする。
それほど私という人間は弱くちっぽけで、
外部に支えられてやっとのことで形成されているに過ぎないことを実感する。

そうしてまた今回も、友人達と会ったりダラダラ話し込んだりしているうちに
物資調達したり髪を切ったりする目的が果たせないまま
あっという間に帰国になってしまった・・・雫
ここでは誰とも会わないようにしなければミッション・インポッシブルなのだ。
しかし誰とも会わないISTANBULもそれはそれで私には考えられない。
いつもここを離れる時、ちょっとした解放感がある一方で
少し切なくやるせない気分になる。
うまく言葉にはできないけれど・・・。


友人の一人は私のために沢山のアゼル関係の本を調達してくれていた↓

kitaplar.jpg

文学、民族学、政治・・・かなり面白そうでワクワクする。
しかし果たして読めるのか?読む時間があるのか?
私に残された時間ていうのは思ったより少ないのかもしれない。
逆算して考えると、本当にあと少しかもしれない。
いくつ本が読めるのだろう、どのくらい知ることができるのだろう。
何が残るのだろう、残せるのだろう?


建設的な将来など何一つイメージが浮かばないけれど、
時間が足りないことだけは漠然と感じている。







最終更新日  Mar 26, 2010 08:08:46 AM
コメント(2) | コメントを書く
[トルコについて♪] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.