000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

∞ My Life As A Nomad ∞

PR

X

プロフィール


くあどろ

カレンダー

バックナンバー

Apr , 2021
Mar , 2021
Feb , 2021
Jan , 2021
Dec , 2020
Nov , 2020
Oct , 2020
Sep , 2020
Aug , 2020
Jul , 2020

カテゴリ

コメント新着

BSテレ東・陶山@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) 初めまして。突然のご連絡失礼いたします…
とんべり@ Re:さようならアルジェリア(04/15) はじめまして 実は、FBでアルジェリアの方…
http://buycialisky.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) forum viagra x cialiscialis 5mg kaufen …
http://eddrugsgeneric.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) pharmacy express viagra cialis levitra …
根室の住民@ Re:国後島-8- これからの北方領土問題(10/12) 四島の現状に関して当に面白いブログ記事…
Jul 18, 2010
XML


Hola!
皆様お元気でしょうか~?

私は・・元気じゃありません。。。(-_-;)

ええ、久々に風邪を引いてしまいまして・・・!!
いつもは医薬品に頼らず気力で治す私ですが、
こっちの風邪はなかなか手ごわく・・さすがに今回は薬浸りです・・・病院
もう10日ほど経つのに、まだ身体のあちこちで闘争が繰り広げられている様子。
熱がありながらも、仕事や出張には普通に行くのですが、
もともと小さい脳の半分が機能停止してるから大変です雫
記憶はぶっとび・・・お世話になった人達の顔がとりとめもなく頭に浮かぶ。。。
ああ、恩返しもできないままワシは逝くのね・・と悲しくなり、
朦朧としながら、毎日が飛ぶように過ぎてゆきます。

そして気がつけば、もう7月も中旬!

az08.jpg

さてさて、この数カ月色々なところに行きましたが、
特にインプレッシブだったところについて・・
アゼルバイジャン北西端のガザフというところ・・・。
アルメニア国境に行った時のことです。
とにかく自然が美しく、空気の美味しい素晴らしいところでした。

az2.jpg

下が国境の村です。河を挟んで対岸がアルメニア。
今でも対岸からの発砲が度々あるそうで、地雷などの紛争残存物もまだゴロゴロしています。
ああ、こんなにも美しい大地なのに。人間は愚かですね。

mazam.jpg

アルメニアとアゼルバイジャン間の問題。
ここにいれば、嫌というほど直面する切り離せない問題。
ほんの小さな子供達までが、敵という概念を深く認識し、
憎しみを持つことを知っている。

なんとも複雑なテーマです。

ここに来て6カ月が経ち色々な人と知り合いました。
30歳以上の人々は激動の時代を経験してきた歴史の生き証人です。
アルメニア人に家族を殺され、家や土地を奪われたまま逃げてきた国内避難民。
紛争前に付き合っていたアルメニア人の恋人と引き裂かれ生き別れになった人。
自分がアルメニア人であることを偽りながら、ひっそりとアゼルバイジャンに暮らす人。
立場も、主張も、考えも、何もかもが違う人達。
なのに、同じ空気を吸いながら今ここに、この国に生きている。

外国にいると、よく同じような体験をします。
あらゆるバッググラウンドを持つ人と知り合い、皆私には割と心を開いてくれる。
なぜなら私は日本人だから。
何の利害関係もない遠い異邦人だからこそ、
明日はどこかに消えてしまうかもしれない客人だからこそ、
彼らは普段誰にも打ち明けられない本音を話すことができるのでしょう。
私のようなアウトサイダーの存在意義がもしあるとしたら、
きっとそこなのかもしれません。
自分がよそ者であることの心地よさを感じる瞬間でもあります。

そして私は思うのです。
誰も間違ってはいないし、それぞれの意見が尊重されるべきだと。
なぜならそれが彼らの人生、彼らの歴史だから。
経験してないものには決して分からない感情・・・。
遠く遠く星ほどの隔たりのある私は漠然と目の前の情景に想いを馳せます。
彼らに見えていて私には見えないものについて。
私には見えて、彼らには見えないものについて。

azfizuli2.jpg

だけど、そこに困難を抱えている人がいたら、
人種や民族を問う前に、それが誰のせいか問う前に、
さっさと助けることができたらと思えるのも
アウトサイダーだからこその心情なのかもしれません。

複雑な感情が入り乱れる土地には、外部介入もある程度必要なのです。
もっちろん内政干渉しない程度にってことは言わずもがなですが・・。







最終更新日  Jul 19, 2010 07:14:38 AM
コメント(3) | コメントを書く
[アゼルバイジャン生活] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.