000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

∞ My Life As A Nomad ∞

PR

X

プロフィール


くあどろ

カレンダー

バックナンバー

Apr , 2021
Mar , 2021
Feb , 2021
Jan , 2021
Dec , 2020
Nov , 2020
Oct , 2020
Sep , 2020
Aug , 2020
Jul , 2020

カテゴリ

コメント新着

BSテレ東・陶山@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) 初めまして。突然のご連絡失礼いたします…
とんべり@ Re:さようならアルジェリア(04/15) はじめまして 実は、FBでアルジェリアの方…
http://buycialisky.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) forum viagra x cialiscialis 5mg kaufen …
http://eddrugsgeneric.com/@ Re:国後島-3- 島の子供達(09/19) pharmacy express viagra cialis levitra …
根室の住民@ Re:国後島-8- これからの北方領土問題(10/12) 四島の現状に関して当に面白いブログ記事…
Aug 16, 2010
XML


猛スピードで車を運転している時って、
周囲の景色なんか飛ぶように視界からかき消されてゆき、
目の前の灰色のアスファルトしか見えなくなってゆくものです。

あああ、そんなの嫌だなぁ。

ささいなことで時間を取られ、足を取られ、
大切なものを見失ってゆく気がしてなりません。
落ち着け、自分。
忙中閑有。忙中閑有・・・。

ま、何のかんの言って、生活は楽しんでいる私ですが・・・。


★ ☆ ★ ☆ ★

さて、今日はアゼリ料理の特集を致しましょう。
あまり食にこだわりのない私には、
優先順位の低いご紹介になってしまいましたねえ・・・。
さて、こちらの代表的な料理ってどんなものなのでしょか?

とりあえず、アゼルバイジャンと言えばキャビアなのですが・・・
今じゃなかなか手に入れることができないほど希少になってしまったらしく・・
あっても相当高く入手不可能か、バッタものかという感じです。

キャビアがどこにもありふれていた昔は
親が子供に、栄養がつくからと
バタートーストにたっぷりキャビアを塗ったものを
朝食に無理やり食べさせていたらしく、
多くの人にとってはキャビアは
朝ご飯の嫌な思い出の味として記憶に残っているそうです
・・

しかあし、今となってはもう1gでも貴重です。
私もこちらでは一度結婚式で食べたのみです。
(でも味がしなかった。香りがしなかった・・・ニセモノだったのか??)
その代わりチョウザメの料理は良くあります。


a1.jpg

こちらでは、魚料理はザクロのソースをかけて食べるのが一般的。
結構お値段はしますが、パサパサした食感で、正直私は好みじゃありません。
一本50円のサンマのほうが、50倍の価値はあります。
でもまあ、一度カスピ海のチョウザメは食べてみて損はありません。

魚がほとんど手に入らない現地では、まあ一般的に肉料理が主です。
地方に行くと、どこにでも牛や羊が放牧されていますが、
やはりケバブがご馳走というか、レストランでは一番目にするレパートリー。
トルコで目にするケバブはここでもほとんどありますョ。
サチ・タヴァという鉄板の鍋で焼いた野菜と肉の料理も有名。
これは大勢で分けられるし、温野菜が取れるからおすすめです。

az9.jpg

肉料理は地方にいけばいくほど美味しくなるのですが、
その中でもリブが一番だと地元の人々は口をそろえて言います。

az10.jpg

どんなに公式な場でも、これをフォークとナイフで食べようとすれば笑われます。
「ははは、それは手で食べなければ美味しくないものですよ。」と言われ、
リブを前にしては紳士淑女も手と口の周りをベタベタにしながらガブリとかぶりつくのです。
確かに手で食べると美味しいというのは本当です。
特に、レモンとハーブを沢山かけて食べるのがいいですね。

az4.jpg

これは家庭で作ったピラフ。
ピラフはアゼルバイジャンでは特別な料理で、
毎日食べるものではなくて、お客さんが来た時や誕生日、
何か記念日に作ってふるまうものらしいです。
まあ、日本でいう寿司みたいな位置づけかな?
上に乗っているのは、小麦粉をバターで焼いたお焦げみたいなもの。
意味がわかんないす。でもそこが美味しいんですってさ。
アゼルバイジャンではなんとピラフの種類が100種類ほどあるのです!
果物入りのピラフやナッツや豆入りのピラフ・・・。
コメはちょっと細長いものが好まれます。

これは、シェキという町の有名な地方料理。
「ピティ」という羊とヒヨコ豆をドライフルーツで煮込んだ壺焼きです↓

az8.jpg

これはすごく濃厚でヘビーです!!
ツウは生タマネギをかじりながら食べるのです。
ここまで食べればいっぱしのアゼリ人です。

az11.jpg

まあ、色々ありますが、私が一番好きなのは夏に食べる普通のブランチです。
ただ新鮮な素材を切って出しただけっていう、こういう単純なものが一番ホットします。
トマト、キュウリ、チーズ、スイカ、メロン、オリーブ・・ドルマにヨーグルト~
で石釜焼きのパン!!!

az7.jpg

パン、すごく美味しい~!
あと、石釜焼きのタンドーリチキンもちょー美味しい~!

az3.jpg

こちらに来られたら是非お試しあれ。。。。


まあ、他にも色々ありますが・・・
食文化的にはやはり中央アジアそしてトルコと似たような共通点があります。
遊牧民族っぽい食生活。
そしてロシアの影響も多大です。
カスピアンヨーグルトも大活躍です。


最後に食後は絶対にお茶を忘れてはなりません。
それも、サモワールで入れたお茶!!
このサモワール、真ん中に炭火を入れると、
周囲の水が熱する仕組みで、
炭火が燃え続ける限り熱湯がぐらぐら煮立ち続けます。
なぜかサモワールで入れたお茶は格別に美味しい。

a28.jpg

こちらの人はお茶と一緒にジャムを食べます。
ちょっとロシアっぽいかも。


まあ、他にも沢山料理がありますが、また今度ご紹介。
っつーか。。。
食べ物を紹介しているだけで、食傷気味になってきました。。。。
この頃暑いせいか、全く食欲が沸かずに困っております。
でも、お菓子とフルーツは底なし沼のように食べているので痩せません。
今日も夕食はRedbull一本とフルーツ、フルーツ、フルーツ!
糖尿病ヤバいぜ!
(この前健診で血糖値測ってもらい疑惑は晴れましたが・・)


それにしても、どういうわけか、日本食であれ、なんであれ、
食べること自体が面倒臭くて、ウザくなってきている今日この頃であります。

あ~。ダメですなあ。







最終更新日  Aug 17, 2010 05:24:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
[アゼルバイジャン生活] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.