000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

∞ My Life As A Nomad ∞

PR

X

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

アゼルバイジャン生活

Feb 16, 2012
XML

ということで、脱アゼルバイジャンです!
先日2年間の任期が終わり、無事帰国して参りました ~ 飛行機 

歳月人を待たず・・・。常套表現でお粗末ですが、2年間はまさに『あっという間』でした。
人間、年をとると月日の流れが速く感じられるのは、
生活に新しい刺激が少ないせいで、脳が老化していることが原因だといいますが・・・
おかしいですねぇ・・?アゼル生活においては刺激は不可避であり、
それに伴う喜怒哀楽の幅も日本との比じゃないはずなんですが・・・。
今となっては、なぜか全ての記憶がカスピ海の淀んだブルーグレーの色のごとく曖昧で、
バクーの街を吹き下ろす風に吹かれて飛散していったかのよう・・・。
・・ってことは、ただ単に私自身の脳の老化が甚だしいってことですね、ハイ(-_-)

最後の日々はお世話になった人と会ったり、荷物まとめたり、仕事引き継いだりとバタバタで、
名残惜しむとか、別れを哀しむとか情緒に浸っている暇もありゃしませんでした。
最終日は前日の晩ほぼ徹夜で友達と遊び疲れていたので、ゆっくり休もうかと思っていた矢先、
イタリア人の友人がハイテンションでうちにやってきて、
お手製ラザニアとパスタを披露したいとキッチンを占領食事!!
こうなりゃ、もうやけっぱちです。
会いたいと電話をくれた他の友人達を皆うちに呼び、最後のホームパーティですワイングラス
午前1時を過ぎ、皆酔っ払い家も大いにカオスになってきたところで、
そのまま皆で市街のバーに繰り出し、午前4時ごろまでビールを飲み、
結局出発時間の朝6時まで、徹夜で付き合ってくれた友人達にに見送られ、
家をちらかしたまま大急ぎで荷物をまとめ、
朝早くから空港に送りにきてくれた関係者の人達のサプライズに感謝感激しながらも、号泣
あれよあれよと言う間に出国手続きをし、
二度と訪れないかもしれないアゼルを逃げるように後にしたのでありました・・・

ああ・・はっきり言って疲れた・・・('o ‘;))雫

乗り継ぎ先のイスタンブールはイスタンブールで、仮眠を取るため友人の家に行ったはいいものの
ユーロスポーツでジョコビッチとナダルのテニステニスの接戦があったのでついつい観戦してしまい、
熱戦にだんだんこっちもテンションが上がって来て、アドレナリン炸裂・・爆弾
そのまま成田行きの機内でも寝るに寝られず、(この時点で徹夜3日目)
しぶしぶ荷物につっこんだ書籍を取り出し、読み始めました。
それはいつか読もうと思いながらも読まなかったアゼルバイジャン民族史関係の本でした・・。

その時です。私が重大な失錯に気づき"はっ"と我に返ったのは。
オーマイゴッド!なんてことでしょう!!
今更ながら私、まだあの国について知らないことが沢山あるではないですか!!
いつかやろうと思っていたこと、いつか調べようと思っていたこと、いつか読もうと思っていた本、
日常の仕事や雑務に追われ、いつの間にかほったらかしにされてきた数々のペンディング事項。
2年も現地にいたっていうのに、やり残したことだらけ・・
つくづくせっかく現地にいたのに『もったいないことをした』と思います。
これが帰国にあたり、まるで大きな忘れ物をしてきたかのように、後ろ髪を引かれた一瞬でした。

まあ、仕方ありません。これも自分自身のキャパの問題です。
結論から言って、現地ではとても良い勉強と経験を得られましたし、
なんのかんの言って私はアゼルバイジャンが好きだから、
今後もこの国につき深く知り続けるでしょう。
というとアンチ・アゼルバイジャン派のBakuvian達に軽蔑のまなざしを向けられることでしょうが・・

もちろん、まだまだ沢山の問題を抱えている国です。
共産主義に裏切られ、突然全てを失い人生のリスタートを切らされ、
20年間、血と混乱と貧困の苦しみを経験してきた人達です。
マフィアが台頭し混乱と治安を収めた典型とも言える国家モデルで、
同胞意識は敵国への憎しみというネガティブな感情を基盤に置くほど薄っぺらく、 
国民は権力を恐れ媚びへつらい、最低限の権利や主張すら諦めています。
嫌、ある程度の不条理や不平等を受け入れても、とにかくこれ以上の混乱は避けたいのです。
そして生きぬいてゆくためには、したたかに生存競争を勝ち抜かなければなりません。
国や社会をどうこうという長期的な展望を抱くには程遠く、
誰もがまずは自分の生活を安定させなければと必死なのです。
そんなメンタリティーを平和ボケした先進国の外国人が理解しようと思ってもまず無理でしょう。
そしてどこか優越感を持っていれば、それはすぐ見抜かれてしまいます。
相手もプライドのある大人なんだから、押しつけて上から教える方法では跳ね返されてしまうのです。

こんな国で仕事をするのだから何事も思うようにいかないのは当たり前です。
しかし、選ばれてここにきたということは、
それでも上手くやってゆくということが前提なのではないでしょうか。
それが嫌なら何事も思うように行く国で仕事をすればいいのです。 
そして、ほとんどの問題は実際は、自分自身の能力に起因しています。
思うような成果を期待するのは自己満足のためではないのか?
本当にこの国の人達のことを理解し、彼らのためを考えているのか?
自分の功を焦っていやしないか?工夫を怠っていやしないか?忍耐を忘れていやしないか?
ちょっと考えれば反省材料はすべて自分に返ってきます。
それを国のせい、環境のせい、人のせいにしてしまうのは自己弁護であって逃げです。
例えそうだとしても、口に出して言う必要があるでしょうか。
誰かに「あなたのせいではない。あなたは頑張っていますよ。」と頭を撫でてほしいのでしょうか。
「あなたはこの国にはもったいない。」とでも言われ、自分の能力を認めて欲しいのでしょうか。
オエッ・・!私はそんな安っぽい慰め合い、傷口のなめ合いが反吐が出そうに大嫌いです。
ですから、私はそんなシチュエーションに居合わせることを極力避けるようにしてきましたし、
やせ我慢ではあれ、この国についての愚痴はなるべく言わないようにしてきました。
というか、自分も昔、外人バーや日本語学校なんかで日本の悪口を言う欧米人と常に対立し、
「そんなら帰っちまえ毛唐め!」とか散々言ってきたわけで・・(^^;)
ただ単に自分がそんな外人になるのはプライドが許さなかったからかもしれませぬ・・・。

それに、アゼルバイジャンという響きが私に連想させるものは、
石油やガスにはびこる汚職、世襲制の独裁政権や腐敗、あらゆるネガティブな出来事ではなく、
ムガーム・ジャズの心地よい音色や心優しき現地の友人達の笑顔なのです。
そういう意味で、素晴らしい現地の芸術を知り得、
何の利害関係もないあらゆる社会層の現地の友人を得たことは、
自らの精神衛生を保つ上でも、ありがたかったなあ・・と思います。

最後にもうひとつ、ポジティブに生活する姿勢の多くはアメリカ人の若者から学びました。
彼はアメリカのピースコープ(平和部隊)のボランティアで(日本の海外青年協力隊みたいなもの)
ちょうど私と同じ時期にバクーに滞在していたのですが、
仕事をバリバリこなす一方、とにかくに積極的に現地にとことん同化し、
たった2年で通訳なしでテレビ・インタビューのやりとりができるほど現地語を習得し、
(わたしみたいにトルコ語からではなく全くのゼロから)
民族楽器を習っては現地人以上に上手に弾きならし、
最後には友人と「Caspian Dreamers」というグループをつくり、
予算5000円程度でバクーをプロモーションするために、
こんなミュージックPVを制作していました。↓

BAKU STATE OF MIND」
http://www.youtube.com/watch?v=f4-U6TGX1T4
 

safe_image.jpg

なんのためでもなく、ただ自分達が楽しむため。
もともとは個人ベースでFacebookなどでシェアしていたのですが、
いつの間にか空前の大ヒットとなり、老若男女から頭の固い政府関係者も大絶賛、
外国人のくせにユーロビジョン・ソングコンテストのアゼルバイジャン代表候補にも選ばれるほどになりました。(惜しくも決勝で落選しましたが・・)

生活というのは与えられるものではなく、自分で作るもの。
そんなことをまだ若い彼らから学び、私はいつも元気づけられていたのでした。
彼らのPV、この「BAKU STATE OF MIND」がいつまでネット上にあるのか分かりませんが、 
ちょうど私が過ごした2010-2012年のバクー、普段着のバクーの顔を垣間見ることができます。
私はこれを観ながら、いつかきっとアゼルバイジャンを、
そこで知り合った全ての友人を懐かしいと思うことでしょう。

ありがとうアゼルバイジャンハート







最終更新日  Feb 19, 2012 02:14:23 AM
コメント(0) | コメントを書く


Nov 13, 2011



犠牲祭の連休にチュニジアとイタリアへ行って参りました。
チュニジアは15年程前、数カ月滞在したことがある思い出の地でもあります。
今回は昨年あのアラブの春の火付け役となり、
最近初の民主選挙が実施された当思い出の地の様子を窺いに・・
そして最近チュニジアに赴任した友人に会いに足を伸ばしたわけです。
当地は一年前の革命が信じられないほど静かで落ち着いており、
また誰もが「これからこの国はどんどん良い方向に向かう」
という明るい希望に満ち溢れておりました。
昔は随所にあったベン・アリ大統領の銅像や看板が一掃されていた他は、
15年前から何も変わっていないようでした。

嗚呼!青い空、青い海、太陽・・バケ~ション晴れ晴れ晴れ

tunisia2.jpg

暫くバクーはどんよりした天気が続いていたので、
地中海の太陽の下で身体中の細胞が活性化されてゆくのが分かります。
血中セロトニン濃度が高まります。ラリホー♪

しかしそこで私を待ちうけていた曲者の友人は私を平穏に休ませてはくれませんでした(-_-;)
この人はアゼルバイジャンで知り合ったアメリカ人の英語教師なのですが、
親しくなってからは一緒に旅行に行ったりしたいわゆる気心知れた仲で、
私と同レベルにくだらない面も持ち合わせているので付き合うのが楽な人でした。

しかし、彼はチュニジアに赴任した頃から様子がおかしくなっていました。
1年前は国際政治の話をしてもほとんど何の意見を持っていなかったくせに、
最近はやたらと政治的な話題を好んでするようになり、
超ラディカルな社会批判を独断と偏見に満ちた視点からとくとくと語るようになっていました。
どうやら何か変なものに影響されていることは間違いありませんでした。
もともといい年して迷える羊のようなパーソナリティを持ち合わせていましたから、
良いものにも悪いものにも影響を受けやすいんです。
ま、ある意味おめでたい、ある意味可哀想な人だとも言えます。
なので、あまり気にせずチュニジア行きの予定を立てていたのですが
そんなある日。突然彼から質問が。
「日本にもフリーメーソンの会員はいますか?彼らは何者ですか?」
へえ?今時フリーメーソン??
不思議に思いながらも自分の知っている範囲内で返答してあげました。
それからというもの彼からメーソン関係の変なメッセージが届くようになったのです。
「世界はメーソンに支配されている。福島の原発事故もメーソンの仕業だ。」
とかいうネットに溢れているような根拠のない妄想テオリーを、しきりに私に教えたがるのです。
ついにうざくなったので、
「馬鹿げている。こういうリンクをもう今後私に送らないように!」と警告したところ・・・
暫くしてから一通のメールが・・・
「くあどろさん。私は非常に残念です。あなたの経歴等を考慮したところ、
あなたがメーソンの一員である可能性が高いと判断されました。」
だって・・!!

はあ・・?!

なんなんですか、このメールは?!
だいたいこの前まで自分でも何も知らなかったくせに。
しかも女性や無宗教者はメーソンになれないことなんてガキでも知っているんだけど。
ムカつくよりも前に呆れ果て、返事を書く気にもなれず放っておきました。

するとスパムのようなメール攻撃が・・・
「答えないということはやはり"YES"ってことですね?」
「見損ないました。残念です」
「ただ一言私はメーソンではないと"State"してください。」

・・・なんなんだこいつは・・?!

この人、ここまで変な人だったでしょうか?
通常こんな失礼なメールをもらった段階で心のシャッターはガタピシャなのですが、
この時点で少し心配になってきました。
もしかすると本当に気がおかしくなってしまったのかもしれない・・・。
それか何か変なカルトに巻き込まれちゃったとか・・。
もしくはネタかもしれない。そうそう、きっとジョークにちがいない。
そんなふうにちょっとばかり楽観視しており、
で、着いた当日早速電話してきた彼に「はい、メーソンのくあどろですが。」と冗談で返事したところ、
本気でパニクる彼に、やはり狂っちゃった説が有力になりました。

バカバカしい!ここで私の堪忍袋の緒が切れました。
「もういい!疑うなら勝手に疑え!だいたい何を根拠に疑われてるかも分からないし。
あなたのやっていること本当にすっごく失礼極まりないっ!
もう、いいよメーソンでも何でも!もう明日会わない!もう友達やめるっ!!」
頑固でありながらも超~気の弱い友人は、
私を怒らせたことに気づくと急に泣きながら平謝りをしはじめました。
(ここら辺も本当にどうしようもない!)
「すみませんでした。申し訳ございませんでした!
僕ね、最近とっても良い友達がメーソンの一員だと分かってトラウマになってるの。
詳しくは明日会って話すから・・・」

知ったことか・・!!

恐らくその気の毒な友達も勝手に疑われた結果決めつけられたに決まっています。
だいたい友人を値踏みするなんて、自分を何様だと思っているのでしょうか?
しかし反省したかと思い翌日再会したところ、
彼は性懲りもなく、私のためにCDを用意しており
(なんでもメーソンの秘密を録画したインターネットでかき集めた動画の結集だそう。いらねぇ!)
誰かに聞かれては困るからといって誰もいない海岸まで私を連れて行き、
現代社会がいかに破滅にむかっているか、
その陰にはロスチャイルドを起源とするシオニストとメーソンがいること、
彼らは実は悪魔崇拝者で生贄をささげるために戦争を起こす等、
大真面目な面持ちで語り始めました。
どうやら分かったことは、この人デヴィッド・アイクの陰謀論に洗脳されてしまったようです。
しかもアイクのユダヤ人コーカサス起源説を
最初に彼に教えてあげたのは私なんですが・・なんて単純な!
だんだん腹が立ってきました。ああ、私はこんな話をするためにここに来たのではない!
私は太陽と海、何にも考えないプチ・バカンスを楽しみにはるばるここまで来たのである!

「SOO WHAT?!」
私はついに声を荒げました。
「現代社会を杞憂する気持ちは共感するけどね、
そういうどこにでも溢れているオカルトチックな妄想に憑りつかれて、一体どういうつもりなの?!
じゃ、仮にそうだとしても、あなたはその社会を変えるために何か働きかけているの?!
何もしていないんだとしたらね、
今あなたが話していることみんなシーット(クソ)なんだよ!シーット!!
あなたも世界もメーソンも、みんなシーットだシーット!!」

「・・・シーット?」

はっ・・!やばい・・私としたことが言いすぎた。
やはりネイティブに何度もシーットなどと暴言を吐くのはあまりにも失礼過ぎたか・・?
 恐る恐る彼の顔を見上げると、
顔は青ざめ強張っており、その瞳はらんらんと奇妙な光を発していました。
殺気すら感じます。

「今シーットと言いましたね・・?」
「は、はい・・言いましたが・・(汗)」
ああ・・!やばい!怒っている・・!殺されるかも・・!

すると彼は突然日本語になり一言一言ゆっくりと続けました。
「くあどろさん・・。僕、実はね・・。」

緊張感が高まります。

「僕はね・・今、そのシーット、う、うん○がしたいんです・・。」

ええっ!?

思わず耳を疑いました。彼は青ざめ少し震えています。
「あの・・さっきちょっとスパイシーなごはん食べたでしょ?
だから・・お腹が・・。ああ、ちょっと大変です。もう我慢できないかも・・!!出るかも・・!!」

なんてこった・・!!
もう、メーソンもへったくれもない最悪の事態です。
辺りを見回せど、一面海。
馬鹿な友人の長い激論のせいで、
あいにく住宅街からはからずいぶん離れたところまで来てしまっています。
今まで偉そうに世界事情を語っていた人のプライドを考慮した時、
ここで野○○をしろとも言えません。とにかく民家を探さなければ・・!

それから私達は究極の早歩きをし、今来た道を黙々と引き返しました。
やっとのことで最初に目についた建物に転がり込み、
ドアをドンドンとノックして、家の人にトイレを貸してくれと懇願しました。(ありえない・・。)
通常、見知らぬ外国人2人が突然トイレを借りに来るなんて考えられませんが、
さすがチュニジア人は親切で、何の疑いもなく快諾し、
私達を家の中に招き入れ、彼にトイレを使用させてくれました。あああ、救われた・・!
チュニジアの人は本当に親切です。
友人のトイレを待っている間私にお茶を入れてくれ、また食事を温めてくれました。
さすがに私は遠慮しましたが、トイレから出てきた友人は調子に乗って
差し出されるままに食事をいただいていた!!ありえない・・!

その後地元住民に丁寧に御礼を言って、帰路についた私達ですが、
また道の途中で彼が..「あの・・くあどろさん。実は僕、またお腹の調子が・・・」

もう!いいかげんにしてくれ・・!!

本当に馬鹿につける薬はないというのはこのことです・・・・。
しかし一連のシーット騒動の後は、彼はおかしな政治的論議をすっかりやめて、
昔の友達の姿に戻っていたのでした。ホッ・・・。

最後にチュニジアを去る時に彼は私に言いました。
「ねえ、くあどろさん。来てくれて本当にありがとう!僕達本当に良い友達だねぇ。
ええと、英語ではね、僕達みたいなのはKindred Spiritsって言うんだよ。」

え?Kindred Spirits?

調べて見たら 「似たもの同志」・・

や・め・て・く・れ!!


バカンスに来たはずが、この友人のおかげでなんだかどっと疲れてしまいました・・
長く汚いお話の後に、お口直しに美しいチュニジアの写真をいくつか・・。

tunisia1.jpg
うーむ 地中海アラブ♪♪

tunisia3.jpg
美しいカルタゴの遺跡・・・♪

tunisia6.jpg
バルドー博物館のモザイク画は圧巻!


tunisia5.jpg
チュニジアと言えば・・やっぱり白い壁と青いドアですよね~

tunisia4.jpg
チュニスのメディナ内







最終更新日  Nov 13, 2011 11:45:01 PM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 3, 2011


時々、知り合いの弁護士&歴史小説家(!)が企画する
「歴史倶楽部」に参加します。

毎回ゲストを招待し、アゼルバイジャンにまつわる歴史上の一幕を取り上げるコミュニティで、
結構面白くてためになるので、大抵招かれれば他の用事を差し置いて出席します。
参加者は歴史オタクや一癖も二癖もある外国人が多いのですが・・・(私を含め・・・(-_-;))
それぞれ熱心でユニークです。
この前は、ノルウェーの有名な人類学者で探検家のトール・ヘイエルダールの息子さんが
ゲストプレゼンテーターとして「わが父トール・ヘイエルダール」について語りました。

0002.jpg
(↑テーブルの奥で小さく見える白髪頭のおじいさんがヘイエルダールJr.さんです)

コンチキ号の探検記でも有名なヘイエルダールは
現在世界遺産に登録されているバクー近郊のゴブスタンの壁画を調査し、
その線刻画がバイキングが描いたものと酷似していたことから、
スカンジナビア人の祖先はカスピ海沿岸に由来するのではないかという仮説を提唱しました。
よっぽどその考えに取りつかれたのか、
その後2002年に逝去されるまで何度もアゼルバイジャンに来ては研究調査を繰り広げています。

アゼルバイジャンにはかつて古代アルバニア王国が存在し、
(今のアルバニアとは無関係・・どうもアルバンというのは(白い)を意味するラテン語らしい)

コーカサス山脈麓にはその史跡がいたるところに散在します。
その中の一つ、シェキの「古代アルバニア教会」の修復工事も
ノルウェー政府によって実施されました。

0003.jpg
(ノルウェー人の手がかかっているだけに、他の国内史跡と比較すると良い出来です。
遺跡っぽい古さと趣を感じさせながら再現されています。)

また、今回のセミナーでヘイエルダールのご子息さんがご主張なさってた事には、
DNA鑑定でバイキング族と古代コーカサス人とが一致した・・!
(どういう並列でどう一致したかは不明なんですが・・)
とのことでした。

そういわれてみれば、
ガバラというところにも、古代アルバニア帝国の町跡があるのですが、
そこで発見したのが、古代の人骨。
大きいです!身長が2m以上あります!!

0001.jpg

これを見たとき、
やっぱり民族的に現在のアゼルバイジャン人とは違うなあ・・と納得しました。

そのほかにも
北欧民謡の一説がアゼルバイジャン民謡の一説に似ているとか
スカンジナビアの人々にとっては

色々ロマンチックな妄想を掻き立てるのに相応しい材料が沢山あるようです。

そういや昔、友人達と一緒にナショナル・ジオグラフィックの人類の足跡を探るという研究に
頬っぺたの粘膜のDNAサンプルを送って鑑定をしてもらったところ、
私の母方の祖先はハプログループBということが判明しました。
たしか、それはカスピ海のこの辺を通ってさらに西側に進んだグループであったはずです。
そんなことを思い出して、
自分のルーツの根底部分には、この地で生きた人々もいたはずだと考えると、
ちょっと感慨深いものがあり、
なんとなく、北欧の人々が心を揺さぶられる気も分からないでもないと共感できました。

謎の多いコーカサスの歴史ですが、
一つ一つ考えて見ると本当に面白い地に自分はいるんだなぁと、少し光栄に思います。
もらった本を読んでみなきゃ!








最終更新日  Nov 4, 2011 07:05:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 29, 2011



バクーの夕暮れ

201108b.jpg

左手海岸沿いに遠く見えるポールは世界一大きな国旗が立つ場所です。
そして左側の国旗の3色にライトアップされた建物は今年できるヒルトンホテル。
右側遠くに見えるガラス張りのビルはフレーム・タワーと言って
できればアゼルバイジャンの発展を象徴する建物となるそうです。
そのちょっと左側の塔はテレビ塔。眺めの良い展望レストランは法外に高いと噂です。

こちらに来て1年半くらいが経ちますが、
バクーの景色は日々一刻と変貌を遂げています。
街の再開発が急速に進められ、新しいホテルやショッピングセンター
モニュメントやビルが続々と生まれました。
なんでも「ビューティフィケーション」政策なのだそうです。
バクーをコーカサスのドバイに・・!世界一に・・!!キンキラキンに・・!!!
突然お金を手にした田舎の成金の考えることは国家・宗教・民族問わず世界中同じです・・

しかし、新開発で美しく生まれ変わった中心部から一歩裏の路地に入ると・・・

201108c.jpg

大地震の後のような無残な光景・・・
古いソビエト時代の3.4階建てのアパート、
狭い路地に密集する2階のバルコニーが突出したオスマン風建築物。
政府はこれらの古い、汚い、醜い建物を
「新しいアゼルバイジャンには相応しくない恥ずかしいもの」と判断したようです。
「ビューティフィケーション」の一環としてこれらを全部取り壊し、
街の中心地にセントラル・パークを作ることに決めました。
住民はほんのわずかな補助金を手に、全員強制移住させられました。
そこにはついこの間までは、
猫がうろつき、人々が路上で立ち話をし、どこかでピラフを焚く匂いがする・・・
そんな古くからの住民が寄り添って下町の生活を営んでいた、温かくて哀愁ある一角だったのです。
自分の家に、長年の思い出に執着し、どうしても撤去しない住民がいるため、
政府は住むことができないようにと、ドーザーで建物のほとんどを半壊しました。
いずれこの瓦礫は撤去され、「美しい」公園に生まれ変わることとなりそうです。

映画「太陽に灼かれて」の脚本を書いた
アゼルバイジャン人映画監督のルスタム・イブラギムベコフ氏が
先日野党系新聞のインタビューに答えていました。
「政府が民の土地や資産を搾取することはレーニンの時代に始まった。
しかしあの時代は皆レーニンのイデオロギーに基づいていることを知っていた。
今は実態がなんだかわからないものに突然すべてを奪われる。
それに警察も役人も皆加担する。
誰が何のために・・・誰も何も分からないままだ。」
友人によればこの国の文化人が政府を批判することは稀で、
(飼いならされているのか、恐れているのか)
このイブラギムベコフ氏も長年静かに過ごしていましたが、
何でも自分の土地も正当な理由なく奪われてしまったようで、
それからは彼は辛辣な政府批判をはじめたようです。

たまには批判をする人もいる・・
しかしそんな声もかき消されるくらいの音量で
バクーでは超富裕層が夜な夜なパーティを繰り広げています。
平均給与が400-500ドルという世界で、
一日に惜しげもなくそのお金を消費する人達がいるのも現実です。

aaa.jpg

もうお気づきでしょうか?
ボディコンにワンレン、マイクロミニにピンヒール、ケバケバメーク・・・
日本のバブル時代のお立ち台・・!!!
服装から嗜好から、すべてが日本のバブル時代にソックリなのですよ!!
この中の何パーセントが本当のセレブでしょうか?
格好だけで似非セレブな輩も沢山います。もしかするとそっちのほうがほとんどかもしれません。
とにかく金持ち大好き。金持ちになることが一番の夢。
贅沢に憧れ、セレブを目指し、頑張っているのが伝わってきます。
本当は美味しくないくせに、好きな料理は寿司と言い頑張って食べ、
ニセモノかもしれないブランドものでがっしり身を固め、
ローンで買った最新の携帯電話をさりげなくテーブルの上に置き見せびらかし、
あの有名人と友達だとか今度の休暇はバリだカリブだとか
そんなことばかり話している連中です。
お金がないと、有名人に知り合いがいないと尊敬されない社会だというのは分かりますが・・。
突然お金を手にした田舎の成金の考えることは・・・(以下省略)。

彼らは恐らくバクーの外に出たことがないでしょう。
幹線道路以外の道路を通ったことがないでしょう。
そんな街外れには沢山の村落があります。

201108b-1.jpg

そこでの生活はバクーの生活と何の関係もありません。
毎日生活用水の確保に必死になっている人達。
飲み水すら濁った川の水、汚水の混じった浅井戸からの水。
誰もが腎臓に、皮膚に、消化器に病気を持っていても
不衛生な水を起因とすることにすら気が付いていない。
村のほとんどの人達はこんな生活を送っている。
これも現状です・・・。

地方自治体は大統領が訪問した時に、自分の功績を披露するために、
博物館やカルチャーセンターの建設に惜しみない費用を費やし、
もしくは街路樹の街灯のデザインをどうしようかということに必死で、
住民の生活がいかに悲惨であろうとも、目を向けない。実情すら知らない。
もしかすると、そんな村があることすら知らない。
同じ国家で、同時進行形で、このギャップが、この格差がどんどん大きくなってゆく。

こういう実情を見ると
「はらわたが煮えくりかえる思い」というのを感じずにはいられません。
子供を放置してパチンコに没頭している馬鹿な親に感じる怒りのようなものです。
子供が泣いている、飢えている、苦しんでいる・・
着飾るお金があったら、パチンコにお金と時間を費やすくらいだったら、
なぜ子供の栄養状態を考えない?寂しい子供の気持ちを分かってあげない?
なんてひどい親だ!!
そんな非難の気持ちでいっぱいになります。
だけど冷静に考えて見ると、その子供にとってはどんな親でも親は親なのです。

川の水を飲み、羊の番をし、夏は暑く、冬は寒く、お金も職もない。
そんな生活に苦しんでいる人達が、ふと私を見て言います。
「どうですか?アゼルバイジャンは?いい国でしょう?」
「来年はユーロビジョンのホストになるんですよ!」
こんな純粋な言葉に一瞬戸惑わずにはいられません。
いくら苦しくてもいくら不公平でも、彼らにとっては愛すべき自分の母国なのです。
どんなに酷い実情に苦しんでいても、
外国人である私に自分の国のいいところを見せなくちゃと思っているのです。
そういう時、初めてこの国への愛情が生まれます。
「はい、アゼルバイジャンはいい国ですね。大好きですよ!」

いい国、悪い国というのは相対的な解釈です。
いい人、悪い人という評価が絶対的ではないのと同じように。
私達外国人はこの不条理な社会にショックを受け、
ついつい悪態をついてしまいます。
時には優越感に浸ってしまいがちになります。
でもだからといって先進国が完璧なのか?
私達だって開発にはどれだけの時間をかけてきたのか。
どれだけの支援を得てきたのか。
コネや天下り、談合や賄賂だって昔はあったし、今だってあります。
それ以上に多くの社会問題を抱えています。
自殺、いじめ、幼児虐待・・そして原発処理の問題。
そう考えると、見下すことなんてできません。
彼らの自助努力を促すサポートはしても、
無責任な提案や、批判、干渉をする立場にもないと思います。
その土地にはそれぞれの特異性とそれぞれの問題があり、
それは自分達の手で自分達に一番良いように変えてゆかなければならないのです。


沢山の不条理を抱える国。
問題だらけの国だけど私はここが好きです。
それはここで、この国を愛し、
この国を変えるために頑張っている人達に出会ったからかもしれません。
すべては人間にはじまり、人間に終わる・・・。

バクーの景色が着々と変化してゆくように、
少しづつ社会の不公平さがなくなってゆくことを祈ります。







最終更新日  Aug 29, 2011 08:39:15 AM
コメント(4) | コメントを書く
Aug 7, 2011


夏ですね~晴れ

201108a.jpg

普段ビールを呑まない私でも、ビールが美味しく感じられる季節ですビール
つまり・・か・な・り暑いってことです怒ってる さすが火の国アゼルバイジャン炎
そして、ここでも真夏のラマザン月まっただ中でありまして・・
敬虔なイスラム教の方々は水一滴も飲むことができない御苦労様な月なのです。


こういう夏の休日は何をして過ごすかっていうと・・
とりあえず午後5時までは自宅待機です。
外に出るものなら太陽に焼かれ焦がされますから・・。
やり残した仕事やら、読書やら、ピアノやら、ネットやら、スカイプをやらしてだらだら過ごします。
さあ、ようやく陽が西日にかげってきたぞ・・という頃に、やっと休日らしい1日が始まります。

ビーチに行くのも夕方5時からと決まっています。
カスピ海沿いのビーチではこんな光景も見られますよ。
重装備して海を楽しむ
イスラム教徒の女性達・・・↓

201108e.jpg

まあ、私もこの海ではちっとも泳ぐ気がしないので、彼女達と同じ重装備でただずんでますが・・

そして、たまに参加するウォーキングも大抵午後5時か6時がスタートです。

hash.jpg

このウォーキングハッシュは全世界的なスポーツ系サークルですが、
ここバクーでもハッシュ好きの在住外国人が集まって、
事前に道路につけられたチョークの→に沿ってただただ街をウォーキングします。
毎回3,4kmほど歩いて最後に皆でビールを飲むというだけの話なのですが、
ここではお互いが誰で何をしているかということを全く気にせずに
色々な国から来た人達と色々なことを話しながら、
今まで歩いたこともないような道をねり歩いてゆくので、良い運動と気晴らしになります。

また夏の日没後は、カフェのテラスやビルの屋上で風を感じながら夜中まで談話したり、
たまには、若い友人がつるんでいるB級バーをハシゴして、
いつも同じバンドがいつも同じ曲を演奏するのを耳にしながら、
移り変わりが激しく目まぐるしい若者達のライフ・スタイルと、
しかし根本的な倦怠からは決して脱却できないネルギーの所在のなさを
苦笑いしながら傍観してたり、
または、時々ふらりと家にやって来る友達と、
音楽を聴いたり、絵を描いたり、料理を作ったりして過ごしたり、
特になんてことはないけど、平和な日々です。

201108f.jpg


多分この先一生過ごすことのないであろうバクーでの夏@2011
・・・・そんな風に夏の週末はあっという間にすぎてゆきます。








最終更新日  Aug 10, 2011 12:56:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 8, 2011


新緑が美しい季節です四つ葉
陽も長くなり、日射しは既に夏を感じさせます。

baskal1.jpg

さて、今日はアゼルバイジャンの本について・・・

ここアゼルバイジャンは製造・生産業がまだ発達しておらず、
(というか打破できないモノポリーが市場競争の発達を妨げているからだと思いますが)
食料品や衣料品など多くの物を輸入品に依存しています。

書籍についても・・
素晴らしい文芸者達を輩出している国ですが、
外国文学や専門書についてはロシア語の本がほとんどです。
アゼルバイジャン語で書かれた本は本当に僅か。
まあ、公用語となってから、たった20年でアゼルバイジャン語を発展させるのも
非常に至難の業なのでしょうが・・・。
この各言語のインフラ整備の差で大きなインフォメーション・ギャップが生じているのも現状です。

そんな中、最近書店で見つけたのが、村上春樹のアゼリ語翻訳版。


zz1.jpg

タイトルは 「地震の5日後」

皮肉にもあの東北地震の5日くらい前に見つけて、購入。
1年前くらいにアゼリ語に翻訳された初めてのMurakami作品だそうです。
現在高度成長にある国々、特にBRICKSでは村上春樹は人気作家だそうで、
多くの愛読者がいるようです。ここアゼルバイジャンにおいても例外ではありません。
しかしアゼルバイジャンで村上春樹を知っている人はほとんどロシア語版を読んだ人です。
アゼリ語しか知らない人は、村上春樹の作品には触れる機会がありませんでした。

アゼリ語に翻訳された日本文学を見て、素直に嬉しく思う反面
なんでMurakami作品なんだよっ(怒)といった心境になったのも事実です。
実は私、世界に名高い村上春樹先生の作品が、
まったく受け付けられないほど苦手という特殊なマイノリティーなのですよ・・:((

ま、何が嫌なのか知るためにそれなりに出回っている本は読んではいるのですが。
ど~も、鼻持ちならねえ(怒)。
まあ、この本は読んだことがなかったのですが、
日本語ではなくアゼリ語から導入してみようか・・・と読んでみました。
(アゼリ語の文語はトルコ語に非常に良く似ているので単語だけ調べればほぼ読解可能)

感想は・・・
村上春樹様風に表現させていただくところ

"やれやれ・・・。"

でしたわ(-_-;)

アゼルバイジャン語で読めば、少しはあの鼻もちならない文体がモデラートされ
内容の是非に焦点が向けられるかと思いきゃ・・
ハルキ様は、アゼリ語でもハルキ様でしたわ(-_-;)


というか、分かりました。
ハルキ様の日本語は、翻訳された外国文学のような日本語なので、
外国文学に翻訳されても、オリジナルに限りなく近く各言語で再現できるのでしょう。
内容もニュートラルで優等生っぽく、国籍関係なく好かれるようなものですしね。
美しき俳句や和歌を多言語に訳する時のような苦労と難解さはここに存在しません。

っていうか、それじゃ、これって日本文学って言えるのだろうか?
友人にはハルキ様が好きな人が多く、
「あなたは日本人なのに、なんで好きじゃないのか?」と言われます。
そう言われると逆に「じゃ、あなたは、なんで好きなのか?」と問いたくなります。
なぜ、どうして好きじゃないのか?
ええ、私がアンチ・ハルキ様である言い分は明確にありますよ。

1) まずは登場人物に魅力がない。どれもこれもメンヘルでアダルトチルドレンじゃん。
たいてい主人公は優しくて紳士的な「聖人君子」みたいな顔しているので、
誰にも憎まれはしないけど、これといった魅力も特徴もなく、5分で忘れ去られる。
当然のことながら、周りにはナルシストなメンヘラー達が寄ってくるけど拒まず、
で、中には頭が良く美しい女の子もいて、関係を持ち文学的な言葉を交わすけど
結局けむを巻くような言葉だけが行き交い、皆死んだり、どこかに消えたり。
ええ、で読み終わって、何が残った?って自問してみれば、空虚さが残る。
出てくるのは、暗い過去を持ち、傷つき、社会的に不適合で切り離された人々だけど、
実は、考えて見ると、自分も含めこういう人達こそが
いつの間にかこの社会のマジョリティーになってしまっているという怖さもある。
まあ、あまりにもリアルな世界を投影してるけど、それを打破しようとする努力もなければ、
危機感もなくて完全にコクーンのような閉ざされた世界にてストーリーが展開する。
嫌ですねえ。私がゲシュタポだったら、取り押さえ焼き打ちするかもしれなかったです。
というのは冗談ですが、私は文学的にももっと硬派なものが好みです。

2)変なメタファーが多すぎる。
そして、変な比喩も多すぎる。例えば・・
 「完璧な文章といったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」とか。

・・・・はぁ?(°_°)

こんな比喩が認められるなら、何だって比喩になるじゃないか?馬鹿か?
もし、実際にこんなことを私の目の前で言いはなち、ささっと通り過ぎようとするものなら、

ちょっと待てや・・!

って、絶対引きとめるだろう。納得ゆくまで説明していただけませんか。
こういう、文章の中で姿を現さず、おかしなことを言って逃げる卑怯な一面が嫌いです。
そういうのがあまりにも沢山出てくると・・・こっちこそ「やれやれ」なんだよ!って思います。


3) なんでみそ汁や鍋が出てこないんだ、日本人か?
いつもサンドイッチとかパスタとかばっかり食べているんじゃないですか。
まあ、これが世界で共通の普通の生活になってしまったんで無理もないけど、
特に私達のような海外生活者は選択肢がないがゆえにそういう食生活になってしまうけど、
彼の作品からは「こういうライフスタイルがお洒落なんだ」みたいな田舎者根性が丸見えです。
つまり、敢えてみそ汁と梅干じゃなく、パスタなんだぜ!!みたいな。
まあ、日本人であることを卑屈に思わざるを得なかった団塊の世代だから仕方ないけど。
わざとらしい「ザ・都会」や「ザ・欧米チックなライフスタイル」ばかりが強調され、イタイ。
まあ、だからこそ、普通に外国の読者で受けるんでしょうけど。
みそ汁とは・・?鍋とは・・?とかいちいち疑問持たずに読んでいけますからね。
うーん、でも私にとってはこれって、ちっともチャーミングじゃない。
一方、こういうグローバリゼーション化への見直しから、
最近はやたらわざとらしい「日本文化回帰」の主張も目に付くから、
どっちもどっちなんですが・・・。

まあ、面白くないってわけじゃないんですけど、私向きではないってだけ。
新興国でハルキ様が人気なのは、なぜでしょうか。
丁度高度経済成長期の日本と同じ状況にあり、
人々の感性がこういうところに近づいてきているということでしょうか。
伝統と古い風習に縛られた社会を西洋的でモダンなものにさせる過程にあるということでしょうか。
私に言わせればそれこそ
「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」なんですが・・・。

それともただ単に、アニメ、J-pop、マンガみたいなクールJapan的な感覚で、
とりあえず、クールJapanの作家を読むのがクールだってことなんでしょうか。

またはもしくは、前述したように、作品が翻訳しやすいってことかもしれません。
まずは英語版で出版されそれがベストセラーになれば、
商業的に各言語に訳される日は遠くはありません。
内容の如何ではなく、売れそうなものは何でも活字になるんです。

で、アゼルバイジャンではどうなんでしょうね。
アゼルバイジャン語セクターで育った人々が、
どういう風にこの作品に共感し、どういうポイントを面白く思うのか・・ということを
今度是非読んだ人達に聞いてみたいと思います♪

という不謹慎なアンチ・ハルキ論を熱弁しスミマセン:))

Fizuli1.jpg







最終更新日  May 9, 2011 12:33:12 AM
コメント(0) | コメントを書く
Apr 10, 2011



日本の惨事にはまだ信じられない思いです・・・
そんな時友人を訪ねてドイツに行ったら・・・

201103-G3.jpg

音楽家の彼女は睡眠時間も削り、毎日地方をどさ周りして
チャリティー・コンサートを開催しながら義援金を集めていました。

201103-G2.jpg

敬服いたします・・・m(_ _)m

コンサートにやってきた多くの人々は惜しみなく募金に協力し、
そして日本の災害について深い同情と杞憂の念を伝えてくださいました。
ドイツは環境・代替エネルギー分野においては最も進んでいる国の一つ。
人々の意識も知識も非常に啓発されています。
で、もちろん感心事項は原発事故。
日本での事故後、ドイツでは原発反対の数十万人単位でのデモが起こり、
政府も原発のリスク分析の見直しに入ると宣言しました。
そしてこれを契機に環境政党「緑の党」の支持率が急上昇・・・
こういう、クイックアクションはさすがドイツっぽいなぁ・・。
この姿勢には見習うべきことが多々あります。

しかし、対照的に国家エネルギー計画の中で大々的に原発建設が計画されているトルコでは、
日本の事故後に首相が堂々原発推進を宣言。
「我々の原発は福島よりモダンなのであーる!原発見直しなんて言語道断なのであーる!」
トルコでは地中海のメルシンにおいてロシア企業による原発建設が決定されており、
また、黒海地域においても計画されています(これは日本企業が優位との話)。

ただし、多くの国民は大大大反対。しかもそんな時に今回の事故。
丁度私が行った時にもイスタンブール中心地でデモがありました。
友人達が参加するっていうのでそこで待ち合わせ再会。
こういうのは、一度に多くの友人に会えるのでなんとも合理的なイベントです。
(一応民主主義なのでトルコでのデモは大抵平和的ですよ)

201103-G1.jpg

エネルギー開発には色々な利権がからんでいるのでしょうが、
こんな地震大国で・・しかも建設も運営も普通のトルコ人労働者よって実施されるのです。
専門家でもない一般人が考えても末オソロシイということは分かります。

そして、この日はそのまま一緒にデモに参加したアーチストの友人のイベントに・・
彼は日本の災害から「この世の末」というインスピレーションを受け、
犠牲者への追悼イベントと称して新しい音楽を作っていた・・。

201103-G4.jpg

まぁ・・よくわかんないけど、日本の今回の惨事が世界に与えた影響は多大です。
どこへいってもそれを感じました。

あ、メディアの誤報が多い(それも根拠のない)アゼルバイジャンでは、
なぜか「海外からの福島での事故処理スタッフ募集中 日当5000米ドル保障」という
根も葉もない報道がされたようで、命の危険より金だ、金!という
多くの人々が日本へ出稼ぎを希望したとかしないとか・・(-_-;)
また、日本食レストランの食材が放射能に汚染されているかどうかが話題にされてたり・・
(コッチノドジョウオセンノホーガヤバインジャナイデスカネ・・)

こういった時だからこそ、報道の信憑性についての判断力を養う力が問われます。
また、義援金についても。
自分のお金がどの団体に行ってどういう形で使われるのか・・
それをしっかり確認することが大切です。
99年のマルマラ大地震の際にその手の現場裏を見てきた私は、
今回も自分の知っている、信頼のおける、納得できる団体に送らせていただきました。

なにはともあれ、
日本人である私にしても、皮肉にもこういった災害により
改めて自分がいかに日本を愛しているかに気づかされます。
多分今、ほとんどの人が同じ心境でしょう。
なにかやらなくっちゃあ・・という焦燥感と当事者意識からは逃れられません。
こういう災害は人々の間の絆をより強靭にし、人間愛を深めるといっても過言ではありません。

多分私達は被災者であってもなくても皆ひどく動揺し傷ついています。
身近にも、津波により家族を失った友人、
多くの親戚を失った知り合いもいらっしゃいます。
その方は車で被災地へ乗り込み1週間も車で寝泊まりし
親戚の遺体を探していたそうです。
なのに出張に来る時、私に日本からの手土産を忘れない。
日本の皆も頑張っているから、心配せずに、あなたもこちらで頑張ってね。
そういう温かい言葉が身に染みます。

201103-G5.jpg

私は私の原点でもあるボスポラスに戻り、ボスポラスに包まれて
色々なことを思考していました・・。

201103-G7.jpg

そして、随分とパワーを享受しました。
海から、そして辛い思いをされている被災者の皆様の生きる姿勢から。

201103-G6.jpg

私達の生活は想像以上に多くの人や物が複雑に関わって構成されています。
半分は能動的に生きており、半分は生かされている。
もし誰かのためになるのだったら、エゴイスティックなライフスタイルはいつだって変えられるし、
命ある限り、崩壊したものを再生させることは可能です。

あらためて、今生きているということはすごく意味のあることですね。
生きているのは、たまたま運が良かったのかもしれないし、
でもそこに何か意味があるかもしれない。
そう思うたび、ちょっとした責任感が生まれます。
自分自身に対して。社会に対して。








最終更新日  Apr 10, 2011 08:37:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 14, 2011

追悼花は何がいいのでしょうか?
何色がいいのでしょうか?

そうだねえ・・。と私は考える。

頭は働いていない。

ずっとNHKを見ている。見ながらメールへの返事を書いている。2日ほとんど寝ていない。

昨日の朝、メールの受信ボックスを見て目を疑った。
100通近い未開封のメッセージが待ち受けていた。
スパムか?と確認したが、そうじゃなかった。
知り合いからの、少なくとも一度は連絡を取り合ったことのある人からのメールだった。

地震と津波へのお見舞いメール。

60%がトルコの人々。30%がアゼルバイジャンから。10%がその他・・。

その後もそれはどんどん増えてゆき、膨れ上がっていった・・・。
そして、まだ、増え続けている・・・。

ただ単に、私や私の親近者の安否を問うためじゃない。
そこには、日本の被災者への憂いの気持ちや心からの激励の気持ちが込められていた。
日本のことを考えて、いてもたってもいられなくなって、
その気持ちを伝える媒介として知っている日本人である私に、
深い追悼と見舞いのメッセージを送らずにいられなかったのだ。

募金を送りたい、支援物資を送りたい、そんな声もある。
何か力になりたいというもどかしい気持ちがひしひしと伝わってくる。
優しいだけの安っぽい慰め文句なんかじゃない
ある意味叫びのような重みを感じる。

敬意を持って一人一人に返事を書く。
随分長い間連絡を取っていなかった人もいる。
あまりいい印象を持たないまま、親しめないまま別れた人もいる。
でもそこには嘘じゃない真心のメッセージがあった。

ありがたいと思う。
心強く思う。

だから私は、これをなんとかして日本の人達に伝えなければ・・と思う。

日本の皆さん、日本はこんなにも愛されていますよ!!

特に日本大好きで、人助けに喜びを見出す気質を持つ多くのトルコ人は、
もう自分の身を投げ打ってでも被災者を助けたいという気持ちでいっぱいだろう。
アゼルバイジャンでさえも、街を歩くだけでお悔やみの言葉をかけられる。
SNSの中にも「Pray for Japan from Azerbaijan」というコミュニティーがあったりする。
自国のすごく悲しくショックな出来事を目にしているのに、
一方で心温かくなる。
ここには日本人を応援してくれている人達がいる・・・!

*****************************

1999年8月17日

deprem.jpg

すべてを失い、死んでいった若い人達に涙する老人。
「私がかわりに死ねばよかったのに・・」
しかし、片手には生きてゆくためのパン。
それでも、生きる・・生きてゆく。

私の心の中に残っている象徴的なイメージ。

あの恐ろしく暑い夏の日々、私は被災地にいた。
死臭と粉塵にまみれる空気、散らばった瓦礫、腐乱した遺体、
砕け散った昨日までの生活の跡・・
この世のものとは思えない光景が広がっていた。
宇宙のようだった。

今回の災害のニュースを見て、あの日々のことが脳裏に浮かんだ。
恐ろしいことだった。

それでもあの地獄絵のような状況から何事もなかったかのように復興したのだ。
それには時間がかかったかもしれないけれど、
多くの支援があったし、皆が力を合わせて目標に向かい取り組んだ結果でもある。
だから、きっと日本だってすぐに立ち直ることができる。

日本はすごい。

ニュースでは淡々と事実が報道され、淡々と対策が語られ、
そして被災地の状況も淡々としている。

誰一人泣き叫んだりしない。文句も言わない。すべてを冷静に受け止めている。
災害を好機に必需品を高く売りつけるような人々もいない。
略奪や暴動もない。
何もかも失っても、黙って耐えている。

電力不足である、通信網がない、水がない、食糧がない・・・
そんな被災地の状況はどんなに不便で辛いことかと心が痛む。
そして多くの国民も、被災者がどんなに辛いことかと心を痛める。

だけど、それが普通の生活である国もあるのだ。
電力不足である、通信網がない、水がない、食糧がない・・・
それが日常である人々もいるのだ。
何十年もずっと、もしかすると人生ずっとその状態であるかもしれない。
そして、一部の人達だけが、そんな多くの国民の不便を無視して、
人権なんかこれぽっちも考えずに、
いつ電気を止めようとも、水を止めようとも、道路を閉鎖しようとも、
そんなこと当たり前。知らせもなければ、配慮もない。
だいたい水や電気を与えてもらっていること自体をありがたいと思えと言わんばかりの
そんな暴君の下で黙って従わざるをえないような国だってあるのだ。
寒く、辛く、いつもお腹を空かせている。
毎日が被災地のような生活・・・。

それに比べて、日本はすごい。
モラルのないメディアがいくら政策をたたこうとも、
誰もが最善を尽くそうとしていることに変わりはない。

計画停電という措置、ありとあらゆる情報提供、必死の救援活動、
だいたい津波の被害は別として、あの規模の地震で倒壊した建物も少ない。
多くの国では何もなくても自然倒壊してしまう建物もあるっていうのに。
すごい技術力なのではないか。
客観的に見て、すごいと思う。
これが日本じゃなかったら、どんなことになってただろう??

まだまだ予断を許さない状況ではあるが、
こういう災害に際し、改めて日本という国に敬意を表したい。

もしかするとこれも日本人のDNAの中に根付いた自然観かもしれない。
生きているうちにきっと大きな天災と巡り合う機会はあるだろう。
Mother Nature は偉大で容赦ない。
私達はどこかで覚悟を決めながらも、よりよい手段を考えて生きている。


ああ、そうそう、追悼花は何が良かったのだっけ・・

絶え間なくニュースが流れてゆき、そして朝になる。。。







最終更新日  Mar 14, 2011 08:08:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 30, 2011

 

アゼルバイジャン生活ついに1年になろうとしております・・・
明日はどちらの風が吹く~~

30baku.jpg

チュニジア、そしてエジプト・・とアラブ諸国に民主化運動が波及している今日この頃。
諸国の独裁政権に揺らぎがみられておりますが・・
む?・・独裁政権・・・??
はっ・・・!!!アゼルバイジャンは・・!!
と、周囲を見渡しましたが
ここはそういう気配はなさそうです。

今は表面上は開発が進んでますし、
国民も、もう民主云々で混乱が起きるよりも、
高い経済成長に支えられた安定の方を強く望んでいるのではないかと思われます。

今日、民衆の団結はネットやSNSにて水面下で進んでゆくのが主流ですが、
当国のメジャーSNSであるFacebookもユーザー20万人ほど。人口の約2%に過ぎません。
その他メジャーなロシア系V Kontakteにいたっても娯楽的な機能に留まっているようです。
まあ、所詮ブロードバンドのインフラ整備が都市部だけに限定されていますから、
貧しい村の人々の多くは何も知らず、きっと生活環境が良くなってゆくに違いないと信じながら
与えられた条件の中で静かに暮らしているように思われます・・。
もしここの国の人が団結するとしたら、「ナゴルノ・カラバフ問題」でしょう。
もうこれは与党も野党もイデオロギーも関係ない全国民の関心事項。
報道の在り方等より政府もこれをツールとして上手く利用しているように思えてなりません。

-----------------

さて、アゼルバイジャンでは特に秋冬シーズンに多々文化イベントが開催されております。
ま、時間が許す限りはここにいる間になるべく見ておきたい・・ということで
最近行ったいくつかの催し物をご紹介・・・

♥ 国立オペラ・バレエ劇場 ♥

baku 4.jpg

クオリティーはともかく、チケットが安く気楽にオペラやバレエに行けるのも良いところ。


★ サーカス ★

circus.jpg

サーカスってこんなに曲芸師が落ちたり失敗したりするものでしたっけ・・??
誰かが死んだり怪我をしないか、動物が逃げ出さないか・・
そういう意味でかなりスリルとサスペンスを味わうことができます・・・。

☆ バクージャズ・フェスティバル ☆
Baku jazz fest.png

月日は遡りますが、今年は10月ごろ開催されました。
アゼルバイジャンは昔はジャズのメッカだったので、このフェスティバルの歴史は古いのです。
で、今回は日本からジャズ・ピアニストの松居慶子さんが来ていたのだけど、
その日は満場満席でびっくり・・・!!
アゼルバイジャンではかなり有名でファンが多いみたいです。
日本では詳しい人じゃないと知らない名前だよなあ。。。意外。
結構意外なものが人気だったりします・・・・ここ。


♪ ロストロポービッチ・フェスティバル ♪

zubin.jpg

バクー出身の巨匠、指揮者・演奏家ロストロボービッチの名にちなんだクラシック音楽祭。
今年はなんと、ズービン・メッタとイスラエル・フィルが幕を飾りました~!
感動しました♥しかし、もっとも感動的だったのは他じゃ味わえない観客態度です。
携帯は鳴りやまず、ひそひそ話声が四方から音をさえぎり、演奏中の出入りがごく普通!
えええ、クラシックのコンサートですよお・・\(°Д°;)))ノ
もう、多分、ここじゃなければこんなこと体験できませんなあ・・・。ある意味貴重な経験。


★若手作曲家の作品による交響曲コンサート@バクー・フィルハーモニー★

a4.jpg

これはつい一昨日行ってきたのだけど、非常に面白かったです。
アゼルバイジャンの若手作曲家の作品をバクー・フィルが演奏するというもの。
実は、このフィルにはかつて日本の経済協力で楽器が供与されたことがあり、
たまに演奏者の楽器に「From Japanese People」というシールがついていたりする!
で、肝心の若手作曲家達の作品はというと・・・悪くなかったです。
というか、思いのほか良かったです!びっくり~~~!!!
まあ、なんというかアゼルバイジャンぽさというのがないのが残念なのですが・・。
いずれにしてもこういう若者の才能をはぐくむイベントはいいですね~!

-------------------

というように、冬場はインドアの生活になってしまいますね。寒いし・・。

で、私もこのごろはインドア派です・・。
仕事が早く終わったり、週末に時間があるときには
ピアノを弾きにとある音楽学校へ・・・
自宅にピアノないし、何か自由に弾けるところないかな?と探していたところ
ここの校長先生と偶然知り合いました。
しかもすごーく良い方で、
「この部屋はあなたのものです。好きな時に来て好きに弾いてください。」
と、ここのレッスン室を好きなように使わせてくれるのです。
まあ、夜、授業が終わった後の清掃中の時間限定ですが・・・。
しかし、ここでも本当に良い人と巡り合う機会が多く感謝感謝です。


しかしね・・・
ここの音楽学校すごいんです・・・・。

機材すべてソビエト時代のまんま・・・(°Д°;)))

私のピアノにしたって・・・
どんなピアノかというとですね・・・・

ジャーン・・・・!!
piano.jpg

すごいでしょ?!
見るからにすさまじいピアノです。

しかし、これがこの学校で一番良い音が出るピアノ・・・。
少なくとも鍵盤で出ない音がない。
ところどころキーは外れていても、劣化していても、落書きだらけでも・・
ないよりはましですっ!!

私にとってはこれでもありがたいですね。十分に。
ということで、このレッスン室で過ごす時間が多くなりました~!

こうして日常生活から、ネットやメディアからも切り離されて
このピアノと向き合っている時間ていうのが、
一番生きているリアリティを感じますね。
なまった手、動かない指、出てこない音符という現実に直面しながらも
それでもハッピーになれる時間。
スキーで険しい山頂から独りで降りてゆく時の気分。
もうそれは逃げ場のない自分自身との戦いというか・・・。

多分アゼルバイジャンから去る時、一番恋しく思うのがこのピアノかもしれません。







最終更新日  Jan 30, 2011 11:37:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 9, 2011
星2011年ですね~星
しばし、ブログの存在を忘れておりました・・(-_-;)
が、お陰様でなんとか生きております・・。

g1.jpg

年末年始は気の置けない友人達と隣国グルジアにて過ごしました。なかなか楽しかったです♪
私達は夜行列車で行ったのですが(バクー・トビリシ間は寝台夜行列車があり所要15時間弱です)、
電車は国境の入国検査で2時間くらい無駄に待たされるため、
国境周辺の町で降り、そこから国境まで乗合バス、
国境を徒歩で通過、トビリシまではタクシーを使いました。
まあ、こういう面倒臭いことは全て何度か行ったことのある友達が仕切ってくれ、
お陰で時間のロスなしに合理的に目的地に到着することができました。

年末で電車は混み合い2人用のコンパートメントが満席だったため、
私達は仕切りのない大部屋寝台ワゴンにて移動しました。
第一印象は「刑務所の大部屋」もしくは「兵役」どくろ
まあ、仕方ありません。切符は国境の町まで700円ほど・・!タクシーより安いのです!
年末年始の休暇のせいか私達の周りは出稼ぎ帰りのおじさん達でごった返し
(グルジアには沢山アゼルバイジャン人集落があるのです)
当初は彼らの躊躇のない好奇の視線に居心地の悪さを感じざるを得ませんでしたが、
その後持ち前の食べ物を勧めたり、トランプに誘ったりするうちに、
その緊張感の溢れる場がすっかりうちとけ、温かく楽しいものとなりました。
友人にロシアの「馬鹿」というカードゲームを教えてもらったのですが、
覚えの悪い私はなかなかルールを理解できず、それを見て堪りかねたおじさん達が、
「違う違う、そのカードは出しちゃいけない」「そうだ、良い調子だぞ!」と横から加勢します。
しまいには「あ~もう!駄目だなあ!よこせ、よこせ」とカードを取り上げられ、
おっさん達が私達を差し置いて人一倍盛り上がってました。ま、いいんですけどぅ・・
それからおじさん達の身の上話がはじまり、その田舎臭いアゼルバイジャン語の響きは
疲れた頭に心地よい子守唄となったのでした・・・眠い..

電車の旅@アゼルバイジャン・・。
神経質な人には不向きかもしれませんが、旅情たっぷりです。
また、良い旅仲間がいればどんな状況でも楽しいものとなります。
薄暗い車内。ガタンゴトンというノスタルジックな車両の揺れ、
窓の外に果てしなく広がる暗闇、ところどころに浮かび上がっては消えてゆく集落の淡い光。
いびきをかいて寝る人、ひそひそ話をする人。偶然席を隣にした乗客達との温かい触れ合い。
窮屈でも、多少不便でも、飛行機やマイカーでは味わえない醍醐味がここにあります。
最後にこんな旅をしたのは、一体いつのことだったろう・・そんなことを思いながら、
気がつくと朝を迎え、国境近くで下車。
そこからは荷物を友人に持ってもらい、半分寝ながら乗ったり降りたり歩いたりの移動。
無事国境を越え、タクシーでトビリシまで向かいました。
国境からトビリシまでは1時間弱。タクシーで約2000円ほど・・・。

トビリシでは仕事で現地に駐在中の友人が、
「滞在中好きに使っていいよ~」と提供してくれた彼らの会社の車と専属運転手が、
私達を待ち受けていてくれました。
彼らはヨーロッパに休暇中で残念ながら会えませんでしたが、
車があったお陰で行動範囲が広がり、大変有意義な旅となりました。
こういう心遣いは有難いです!本当に助かりました♪ 友人に感謝感謝ダブルハート

g5.jpg

まるで骨董品のように美しい街トビリシに大満足♥♥
コーカサスのドナウとも言えるクラ川が街の中心部を静かに流れ、
起伏に富んだ丘の上には、城塞や古い教会があちこちに散りばめられています。
こんなに近いのに、アゼルバイジャンやトルコとは全く種を異にした独自の文化を持つ地。
歴史と文化水準の深さ、何よりも芸術的センスの良さが街の随所に看取できます。

g2.jpg

もちろん、グルジアは産業がなく貧しい国で、どの街もどこかシャビーな印象を受けます。
何人かの友人は「あんな国で新年を祝うなんて退屈じゃん!」と私の旅を止めすらしました。
しかしそのシャビーさは、ビンテージのジーンズが持つ色褪せ感や使用感みたいなもので、
それだけに価値が高いプレミアムだと思うのです。少なくとも私はこの国に「貧しさ」を感じません。
真の貧しさとは精神的な貧しさのこと。
石油大国の悪趣味な成金主義にいいかげん食傷していると、
この質素さ、その中の精神性の高さ、繊細な美意識、自民族への誇り、
そういったものに、はるかに崇高な「豊かさ」を感じるわけであります。
そして経済状態が悪い貧しさのメリットは物価の安さでもあり、
バクーの高級レストランに法外なお金を払っても得ることのできない満足感が、
この地においては3分の1の対価で十分得ることのできる、本当にありふれたものなのです。

トビリシの郊外、クラ川のほとりの古都世界遺産ムツヘタを望む↓
g11.jpg

教会は素晴らしい!そして偶然新年のミサに遭遇した・・・まるで映画の世界・・!!↓
g12.jpg

あ、一つ気になったことは町中にEUの旗がたなびいていたこと。
恐らくグルジア側の一方的な片思いだと思いますが、
あれは、知らない人に「へえ!グルジアはEU加盟国なんだね?」と誤解を生じかねない
紛らわしいことこの上ないキャンペーンだと思います。
一方完全にロシアに背をそむけていることは明確で、
皆、ロシア語を話すことすら嫌がる傾向にありました・・・。


独自の文化・・・独自のサンタ・・??(このサンタ白いぜ!?)
g6.jpg

私達は食事とワインを楽しみ、歌を歌い、トビリシの街を練り歩き、
大晦日の夜を思う存分楽しみ新年を祝いました。
(遊園地に行きお化け屋敷にすら入った・・この年で・・!!ちょっと忸怩 たる思いで反省・・)

大晦日のトビリシ中心地の様子。なぜか仮面とピンクバニーのバルーンが流行っていた↓
g9.jpg


トビリシの夜景↓
g15.jpg
また、私達はワインの発祥地と知られるカヘティ地区へも行ってみました。
ここはアゼルバイジャン北部の国境に近い
大コーカサス山脈の谷間に位置します。
美しい街並みと自然・・美味しいワイン・・歴史的名所・・・♪
歴史に詳しい友人が色々と説明してくれましたが、
もっときちんと勉強してくれば良かった・・・。

g18.jpg




g17.jpg


g16.jpg

帰りはまた国境を渡り、そのままバクー行きのバスに乗り込み帰省。
バスの中で乗客が喧嘩をするわ、運転手がタバコを吸うわ、交通事故に巻き込まれそうになるわ、
なんともプリミティブで波乱万丈な道中でしたが、
遊び疲れた私達は、そんなことお構いなしにひたすら爆睡していたのでありました・・。


という、グルジア数日旅行(^-^)
新年明けましておめでとうございます・・・








最終更新日  Jan 10, 2011 02:29:05 AM
コメント(3) | コメントを書く

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.