1706257 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

PR

Free Space

Archives

2016.09.29
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
自転車に乗っていれば、誰もが何度も経験しているであろう、
自動車の追い越し直後の左折。

自転車の速度を読み誤っているのか、
本当に殺しに来ているのか分からないが、
まあ、これだけ距離を乗ってると流石に慣れるよね。

で、追い越した車が左折するらしき軌道を取っていると、
ブレーキをかけて、進路変更の準備を始める。

ウインカーは頼りにならない。
こういう人たちは、大抵ウインカーを出した瞬間曲がり始めるので。


で、この前も追い越し直後に左折すると思われる軌道で
追い越していく自動車がいたので、とりあえず速度を落とす。

その自動車は珍しく10mくらい手前からウインカーを出して、(30mにはかなり足りないけど)
速度を落とすのだが、何だ? 曲がらないぞ。
止まるか止まらないかの低速でゆっくり進んでいる。

うーん、と、もしかして、左側を追い抜き返すのを待ってる??

どうも、そうらしい。
しきりにサイドミラーを確認している。

・・・・えーっと、追い越ししなければ良かったのでは???

追い越しをしなければ、アナタは少し前に曲がれてるはずだし、
ワタシは数十メートル先を走っているはずで、
後続車も巻き込んでこんなに速度を落とす必要はなかったのだが・・・・

なんだろね、典型的な速度の読み間違いかな。

自分が曲がるまでの距離と、
先行車のスピードと、
自車のスピードと、
総合的に判断して・・・・って、そんなに難しいのかな。
免許は持ってるんだよね、多分。


割り込まれた形になったとはいえ、
先行車に左ウインカーを出されたら、
いくら速度を落としていても左側は通れないよねぇ。
止まって曲がるのを待つ。

初めてのパターンだったので、けっこう戸惑ってしまった。

まあ、殺す気で強引に曲がられるよりはいいんだけどね。

こんなパターンもあるということで、どうかお気をつけください。


ここよりずっと面白い自転車ブログが読める
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへのリンクボタン
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です

PVアクセスランキング にほんブログ村









Last updated  2016.09.29 07:28:38
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.