921108 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

貧乏サイクリスト

PR

Free Space

Archives

2020.01.16
XML
テーマ:自転車(10227)
カテゴリ:カテゴリ未分類
ご近所のお出かけ。
といってもまあ、片道10kmちょっとあるんだけど。

片側1車線の道路を走っていると、
後ろにロードバイク。

平地でスビードをそれほど出していない時も、
なんか気配が近いな、
爆音ハブの音も近いな、
とは思っていたのだが、
それなりの坂を登り、
長い下りになると、
さらに気配が近くなり・・・

えぇ?
もしかして、ベタ付きしてない??

ちょうど夕日に照らされて、
歩道に影が映る
・・・と、
車間距離がタイヤの半分もない。

いやいやいや、怖い怖い。

慌てて速度を上げるが、離れた気配はない。
スピードを落とすが、抜く気配もない。

これって、
かの有名なあおり運転だよな。
いや、ロードバイクではドラフティングというらしいが・・・

万が一何かあれば事故になるのは目に見えている。
というか、30cmの車間で見知らぬもの同士が走るわけで、
確率でいったら万が一どころではなく、
1000分の一、100分の一くらいで事故ってもおかしくない。

事故ったら被害者にはなるので、
ベタ付きくんが保険に入っていれば、
金銭的保証は当然してもらえるのだろうが、
五体満足でいられる保証も、
生きていられる保証もない。

下り坂が終わって平地になっても離れる気配がないので、
早々に脇道にそれてやり過ごしたが・・・
いやー、怖かった。


しかし、どういう神経しているんだろうね。

多分、普段トレインで走っていて、
人の後ろに付くのに慣れているのだろうけど、
いや、
見ず知らずの人にあおられる人の身にもなってほしい。

ロードバイクに乗っているとはいえ、
普段着でフラぺのおっさんをあおるかね、普通。

いや、そんな格好だからこそ狙われたのかもしれないが・・・

久々に命の危険を感じた出来事でした。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020.01.16 07:10:05
コメント(20) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.