1430742 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

貧乏サイクリスト

PR

X

Free Space

Archives

2020.08.31
XML
テーマ:自転車(11409)
少し前の某峠を登っていた時のお話。

途中でロードバイク乗りの2人組に追いつく。

どうしようか悩んだのだが、
景色の良い峠で、
途中見所もあるので
追い抜きはせずに少し離れて付いていくような状態に。

と、
2人組も気づいたようで、
先に行きますか、とゼスチャーで聞いてきたので、
いいえ、とゼスチャーで返す。

で、
2人組の後を付いていくことになるのだが・・・・

最初は縦列で走っていたのだが、
峠が進むとだんだん並走が多くなり、
半分くらいから上はずっと並走で、
おしゃべりをしながら登っていく。

道幅は車がすれ違えるかどうかくらいの細さで、
結構クネクネなので危険なのでは・・・
と、思うが、まあ、言えないよね。

途中何度か車に抜かれたのだが、
並走しながら頭を下げている。
んーー、それは、礼儀正しい・・・のか?

車も先が見えない中いっぱいに右に寄らないと抜けないので、
多分挨拶を見ている余裕はない。
並走しているロードバイクからは見えるのだろうが、
右に寄った車からは道の先は見えないのでね。
自分だったら挨拶なんかいらないから一列になって道を開けろよ、
と思うだろう。

途中の景色の良いところで写真を撮っていて見失ったが、
峠の頂上で折り返そうと止まると、
その先にさっきの二人組。

挨拶をしてきたのだが・・・・

うーん、なんか・・・・

おざなりに頭を下げただけで終わらせてしまった。

なんか、大人気なかったみたいでちょっと自己嫌悪。

なんだけど、
峠とはいえ当然のように並走して、
車が来てもそのまま、
な人たちに
にこやかに挨拶して談笑できるほど人間ができていないのでね。
すみません。

だからと言って、
そこで意見するほど若くもないし正義感に溢れてもいない、と。

いやー、モヤモヤだねぇ。



毎度のことで「その場で言えよ」、
というツッコミはなしでお願いします。
愚痴を書くな、というのもちょっと違っていて・・・

ここを読んだ方で、
ああ、
と感じてくれる方がいることを期待して書いています。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020.08.31 07:10:06
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.