1436130 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

貧乏サイクリスト

PR

X

Free Space

Archives

2021.04.14
XML
テーマ:自転車(11422)
カテゴリ:カテゴリ未分類
事故。

起こらない、起こさない方がいいのは当然。
ではあるが、
経験者だから言い訳するわけではないが、
事故の可能性をゼロにすることは不可能。

いや、
自転車で走らない、ならば自転車事故は起こらないが、
歩いていても起こるものなのでね。

で、起きてしまった、起こしてしまった場合。

どれだけの被害になるのかは、
起こってみないとわからないが、
最悪は・・・・ねぇ。

それでも、
単独事故、自損事故、被害事故ならば、まだマシ。
もし相手のある事故、加害事故だったりしたら、
もう・・・ねぇ。

で、
不運にも事故に遭ってしまった場合、
当然、落ち込むし、後悔するのが普通の感覚。

コースを変えておけば、とか、
もう5分遅く出ていたら、とか、
あの信号がもう少し早く赤になっていれば、
なんて考えてしまうが、
これは後悔してもどうしようもないことで、仕方がないこと。
そういった仕方がない事故は、そのうち諦めがつく。

絶対にしたくないのは、
仕方がなかった、と言えない事故。

法律を守らなかったことが原因の事故や、
危険なのを承知で楽しさを優先させた結果起こした事故。

楽しみをとったんだから仕方がない、
と諦められる強い人もいるのかもしれないが、
例えば自分や相手に後遺症が残ったり、
最悪の事態になったりとかしても、
諦められるほどの楽しさなのかを考えてほしい。

事故を経験して、
実際に身につまされている人には酷な話題で申し訳ないが、
そんな思いをする人がいなくなってほしい、
事故になった時に仕方がなかったと言えない走り方はしないでほしい、
と言うのがすごく後悔したが仕方がなかったと諦めることができた事故経験者からの
アドバイスというか願いというか。

うーん、
全然まとまらないが、
なんとなく分かってもらえますかねぇ。

ああ、昨日の続きの話です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.04.14 07:10:05
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.