1319451 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

貧乏サイクリスト

PR

X

Free Space

Archives

2021.04.22
XML
テーマ:自転車(11168)
カテゴリ:カテゴリ未分類
トレイン教もしっくりくるが、
トレイン狂も実態を表していてなかなかしっくりくるなと。
思いついたので忘れないように書いておく。


ハイリスクハイリターン。
ローリスクローリターン。

自転車、特にロードバイクに乗る場合、
ある程度のリスクは覚悟しないといけない。

もちろん、
安全第一で、制御可能な速度で走るのが大前提だが、
長い距離を走れてしまうので、
それだけ事故にあう可能性は高くなる。
なので、まあ、リスクは0にはならないのだが。

ロードバイクで走ることによるリターンはというと、
当然ダイエット。体重が減ること。は、一般的ではないか・・・

ロードバイクで走ることによるリターンは、
楽しさとか、爽快感とか、満足感とか、そんなところかな。
短期的にはだけどね。
リターンとしては、まあ、そこそこだと思う。


で、より楽しく、より満足感を得るためには、
みんなで走るとか、
楽に走れる工夫をするとか、
速く走れる工夫をするとか。

その工夫にリスクがなければ、
ローリスクハイリターンで万々歳なのだが・・・・

世の中にそうそううまい話がないのはご存知の通り。

リターンが大きいんだから、
リスクが大きくてもいい、
という考え方もあるが、
いや、
生身をさらして車道を走る状態でのリスク増は、
うーん、怖すぎないかな。

車間を詰めてみんなで離れずに楽しく走るとか、
車間を詰めて楽に走れるようにするとか、
車間を詰めて早く走れるようにするとか、
前が見えないからハンドサインと声がけの練習とか、
ハイリスク・・・・ではないのかな。

ずっと一緒に走れる一体感とか、
自分だけでいけない場所まで行ける達成感とか、
実力以上に速く走れる爽快感とか、
後進を指導しているという承認要求とか、
ある意味ハイリターン・・・・なんだろうけど。

しつこいようだが、
やめましょうね、公道でのトレイン。
誘った人が責任を取ってくれるわけではないのでね。

もうどっぷりと浸かってしまっている人も、
ご家族の顔を思い浮かべてみてくださいね。

トレインを断って気まずくなるチームなら、
抜けるのも選択肢かと。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.04.22 07:10:04
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.