1352003 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

貧乏サイクリスト

PR

X

全1563件 (1563件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

2021.05.21
XML
テーマ:自転車(11259)
カテゴリ:整備とか
ということで、
空気がどこから漏れているか分からないチューブレス(レディ)タイヤ?ホイール?

石鹸水でみつからず、
ホイールを水に沈めてみる。
あまり良くない気もするが、やむをえない。

一周しても泡が出ているところはなく、
裏返してもう一周。
やっぱり泡は見えず、
諦めかけたその時・・・・

ブクブクブク

ほんの微かだが、空気が漏れる音がする。
が、
やはり泡は見えない・・・

わけがわからず色々試していると、
ホイールのある部分を沈めた時だけ音がすることがわかった。

で、
ない頭を絞って仮説を立てる。

状況を整理すると、
見えないところの
水に浸かる部分で
タイヤ内、リム内の空気が
水面から空気中に出ている、と。

となると、
リムテープ側からリムの空間内に空気が漏れて、
その空気は水に浸かっていない
リムの上部分から空気中に出ている、
のではないかと。

リムの中には空間があるので、
空気、というか漏れた泡が一旦その空間に入り

リム内の空間を通って水面まで出て音を立てているが、
そこはリム内なので見えず、
音だけが聞こえる、と。

なんか、
仮説としては良さそうな気がするのだが。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.05.21 07:10:05
コメント(0) | コメントを書く


2021.05.20
テーマ:自転車(11259)
カテゴリ:整備とか
無邪気なタイトルにしてみましたが、
精神的にかなり弱ってます・・・

真鶴椿ラインライドから無事帰ってきて、
疲れてだれていた翌日。

用事があってバイクのある部屋に入り、
何気に前輪をつまんでみると、
んん? 柔らかい。
ペコペコではないが、
明らかに空気が抜けている。
ライド中は気にならなかったのにな。

バルブでも緩んだかな? と、
バルブコアを増し締めして、
バルブ付け根のワッシャー?も増し締めして、
空気を入れて、と。

翌日確認してみると、
うーん、空気が抜けている・・・

確認のためもう一度空気を入れて空気圧を測り、
1時間後に再度測ってみると、
あれ・・・60PSIも下がっている。
えーーー。

前々日の100km超ライドでは、
特に空気が少なくなった感じはなかったのだが・・・
というか、
1時間で60PSIも抜けたら走れないのだが・・・

なんだろう、
帰ってきてからバルブはいじってないし・・・いや
もしかしてバルブコアの増し締めで、
かえって空気が抜ける何かをやってしまったか??

昨日はゆっくり空気が抜けていたのを、
バルブをいじって加速させてしまったのか?

まあ、これだけ派手に漏れていれば、
すぐに見つかるだろう、と、
バルブを中心に空気漏れ箇所を探すも見つからず。

石鹸水をタイヤ全体に塗って確認するも見つからず・・・

うーん、沼だ・・・またチューブレス沼だ・・・・・・・・もう嫌だ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.05.20 07:10:04
コメント(2) | コメントを書く
2021.05.19
テーマ:自転車(11259)
カテゴリ:カテゴリ未分類
電動キックスケーターの試乗で考えたのだが、
これ、
バランスを崩したらどう転ぶんだろう、と。

自転車、ロードバイクで転ぶ場合は、
前輪をロックして前転したり投げ出されたりでもしない限り、
多分、
横にバイクと一緒に倒れるように転ぶ。

電動キックスケーターは??

足が自由なので、
と言うか足が地面に近いので、
咄嗟に足を着いてしまう気がする。
で、
慣性があるので体が前に持ってかれて、
バタン!! かなぁ。

手をついたら捻挫だよな。
手で支えきれなかったら頭パックリだよな。
一番重くて慣性がかかる頭が、
立った位置から地面に叩きつけられる訳だ。

やっぱりヘルメットは必須な気がするが・・・
15km/hなら大丈夫なの? ほんとに?

電動の乗り物というか、
別エネルギーで駆動している乗り物の怖さって、
自分で加速していない分、
何かあった時にどう体を動かすかの予習ができない、
というか、
体をこう動かして転んだんだから、
逆の動きをすれば止まる、
とかいう、
体が自然に安全方向に反応する部分を
期待できないことなんだよね。

まあ、
実証実験で運良く事故が起きなければ、
利便性最優先、商売最優先で
そのままヘルメットなしで進むんだろうけど・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.05.19 21:56:56
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.18
テーマ:自転車(11259)
調べ物をしようとしたら目に止まったWeb記事。

大人用キックボードは流行るか、
とかいうタイトルで、
電動キックボートのことを書いている。

さわりは
どこかから集めてきたもっともらしい話なのだが、
公道使用の注意点、
とかいうところで引っかかる。

シェアリングと自分で買う場合を紹介しているのだが、
自分で買った場合でも、
ヘルメットは必要ない前提で解説してしまっている。

最新の情報ではヘルメット着用義務なしだが、
原付とみなす意見が一般的なので、
間違って違反にされてしまう可能性があるので付けておいたほうが無難だと。
うーん。違うよ。間違いなく。(珍しく断言)

まあ、
報道を見るとこういう勘違いをされても仕方がない気もするが、
自分が発信源になる以上、
ほんのちょっとでも調べてから書けばいいのに。

独自ドメインで運営しているってことは、
運営費が出る程度にはアクセス数があるってことなんだよなぁ。
どこかから持ってきたもっともらしい解説と、
盗んできたもっともらしい画像で釣るので、
タチ悪いんだよな、この手の独自ドメインサイトは。
(一般論です。画像の件はこのサイトのことではありません。)
まあ、手間をかけずにアクセス数を稼げる記事を量産するには、
それしかないんだろうけど。
キャッチーなタイトル、キャッチーな話題じゃないと読者様の意に添えないんだろうけど。

で、読んだ人は信じる、と。
ヘルメットなしになったってWebに書いてあったよ、
最新の情報を知らないだけでしょ、お巡りさん、と。


しつこいようですが、
Webの情報は疑ってかかりましょうね。

これもしつこいようですが、
このブログも含めてね。
書いているのは素人なので。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.05.18 07:10:04
コメント(2) | コメントを書く
2021.05.17
テーマ:自転車(11259)
カテゴリ:カテゴリ未分類
書いておかないと忘れるよね、きっと。

本当に久々の自転車イベント、
ヨコハマ サイクルスタイル2021。

電動キックスケーターの印象が強すぎたが、
初めて乗ったE-バイクの感想も書いておこうかと。

いや、
正確にはヤマハのYPJ-Rには一度乗ったことがあるのだが、
あの頃はまだE-バイクという名称にはなっていなくて、
ジャンルとしてE-バイクとして盛り上がって改良も進んでいるのではないかと。

で、
乗ってみた順に感想。
ヤマハのごっつい電動アシストMTB
YPJ-MTPro
本格MTB自体初めてだったのだが、
ハンドルが広い。
ドロッバーシートポストってなんか便利そう。
走り出してから途中でシート高が低いのがわかったのだが、
走りながら調整できる。これは便利。
いや、E-バイクの感想じゃないな。

車体は重いし、走行抵抗も高い。
が、まあ、アシストがあるので
特に抵抗もなく、スムーズに進んでくれる。
安定感はとっても良いし、
わざと荒れた部分を走ってもびくともしない。
どちらかというと、
オートバイの感覚に近く・・・
操っている感がもう少しあるといいかな、と。
まあ、フィールドを走るとまた印象も違うんだろうけど、
完全平地なのでね。

値段か66万だったのか・・・すごいな。

同じくヤマハのバッテリーがごっつい方の電動アシストロードバイク。
多分YPJ-ER
MTBよりは操っている感は感じられるが、
細かく左右に振るとダウンチューブのバッテリーの質量を感じる。
初代?YPJ-Rに乗った時の、
モーターの質量による起き上がり小法師感が感じられなかったのは、
モーター部の進化か、重量バランスでも変えたか、単なる記憶の薄れか。

ミヤタの電動アシストクロスバイク。
これがなんか、一番しっくり来た。
立ち気味のポジションのせいか、
バッテリがYPJ-ERより小さいせいか、
なんか、バランス的に
一番普通の自転車というか普通のスポーツバイク感覚で乗れた。

これは切替でアシストを切ることができるのだが、
切ってみるとそれはそれで重くなったので、
アシストありきでバランスの取れた設計なのだろう。
まあ、みんなそうだとは思うが。

他にも、
コラテックとか、スペシャとかもあったのだが、
コースが短いこともあり、
比べられるほどの違いも見えないかな、
と早々に退散。コロナ禍だしね。

そうそう、
多分、初、生、日向涼子さんを見た。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.05.17 07:10:05
コメント(2) | コメントを書く
2021.05.16
テーマ:自転車(11259)
カテゴリ:カテゴリ未分類
まあ、何事も自分で経験してから意見を言わないと、と。

Webの記事を読むだけでわかった気になったり、
他人からの情報をネタにハリボテを継ぎ足して記事にするのもどうかと思ってね。

梅雨に入る前の貴重な晴れの日。
いや、本当に梅雨に入るかどうかわからないが、
来週からは天気が怪しい。

元気なら箱根にもう一度くらい登っておきたいところだが、
腰が止めろと言っている。

ということで、
本当に久々の自転車イベント、
ヨコハマ サイクルスタイル2021
https://www.cycle-style.com
に行ってきた。


ブロンプトンが出店者リストに載っていたので、
一度乗ってみたいな、
と出かけたのだが、
うーん、ないぞ、試乗。
見つけられなかっただけか?

せっかく来たので、
E-バイクというものに乗ってみたことがなかったので、
ヤマハのごっつい電動アシストMTBと、
同じくヤマハのバッテリーがごっつい方の電動アシストロードバイク、
ミヤタの電動アシストクロスバイク?に試乗。
感想は・・・・後で書くかな?

で、コースも短いし、
これくらいでいいか、
と帰りかけた時に目に止まったのが、
電動キックスケーターの試乗。
原付登録できる結構ごっついやつ。

電動キックスケーターは、というか、
電動でないキックスケーターも乗ったことがないので、
一度試しておいてもいいかなと。

免許を提示して、申し込みをすると、
赤レンガ倉庫の反対側のロータリーに案内される。
いつもは赤い靴バスとかの停留所になっているところなのだが、
今日はトライアスロン大会で道路が封鎖されていて自由に使えるらしい。

説明を受け、オートバイ用のヘルメットをかぶり、
足で蹴り出してからアクセルレバーを引く。

うーん、結構難しい。
バランスが取りづらい、というか、
電動で加速する速度と蹴り出しのタイミングが合わないというか。

ロータリーを一周してきて、
もしかしたら、と思い蹴り出しの足を逆側に変えてみる。
と、
ああ、なんかいい感じ。
バランスが安定する。
利き足によって変わるんだね。
まあ、自転車でも漕ぎ出しの足ってあるわけだしね。

あとは、
蹴り出しの足を地面にしばらくひきづるようにすると、
より安定、というか安心する。

お借りしたのはMax40km/hまで出せるというモデルで、
設定を切り替えることで最高速度を20,30,40km/hに制限できる。

下から順番に試してみたのだが、
20km/hで十分に楽しい。
30km/hは結構ドキドキだが、
制御できないと感じるほどではなかった。
40km/hは・・・狭いロータリー内では出せなかった。

ということで、
うーん、面白いな、電動キックスケーター。
値段が12万円弱だそうで、
ご近所の移動ならばアリなのではないかと。

まあ、
車のいないところで試しただけなので、
公道に出てしまうと怖いのかもしれないが、
空いた道ならばアリかなぁ、と。

実際買うかというと、
一番のネックは人の目のような気がする。
間違いなく奇異の目で見られそうで・・・・

あとは、
立って移動するので長距離はきついんだろうなと。
そうでもないのかな? 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.05.16 19:27:10
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.15
テーマ:自転車(11259)
カテゴリ:整備とか
うーん、またかぁ・・・・

何度も苦しめられているチューブレス(レディ)タイヤの空気抜け。
次回シーラント交換までは大丈夫だと思っていたのだが・・・

真鶴椿ラインライドに出かける朝、
と言うかもう昼近くのお話。

さて、出かけようかとバイクを担いできて、
空気を入れようと前輪のバルブを緩めて押しこむ。
あれ? やけに軽く押し込めたな、
とその時は深く考えもせずポンプヘッドをはめて、
空気を入れ始めると・・・・

シュゴー、シュゴー、シュゴー

ん? なんか、やな音が・・・

あれ?
ポンプヘッド外れてる?
いや、大丈夫だな。

ん?
ポンプのホースに穴でも空いた?
いや、大丈夫だな。

しばらく悩んでタイヤを確認してみると・・・
ああ、ビードが落ちてる・・・・

そりゃ入らないはずだ。

前ならここで焦るところだが、
15分8000円のブースタータンクがあるので余裕。

引っ張り出してきて、
120PSIまでチャージして、
タイヤにつなげてコックを開放してやると・・・
シュパッ、パチッ、パチッ。

うーん、必需品だな。

そのまま規定空気圧まで空気を入れて、
バルブからタンクのヘッドを外すと・・・
シュパーーーーーッ
ああぁ、バルブコアが一緒に外れたぁ。

タンクのヘッドはねじ込み式なので、
気をつけて回さないとバルブコアも一緒に回っちゃうんだよね。


まあ、一度ビードは上がっているので、
バルブコアを締め直して、
ポンプのヘッドを直接バルブにつなげて空気を入れる。

で、
その状態で100km以上、6時間以上走ってきたわけだが・・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.05.15 07:10:04
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.14
テーマ:自転車(11259)
カテゴリ:箱根
大観山も久しぶりだな。
旧道方面から登るとわざわざ来る機会もないので。

標高が高く、
芦ノ湖と富士山が一望できるので、
まあ、頑張って登る価値はあるのだが・・・・

そうそう、
ここから芦ノ湖と富士山が一望でき・・・

って、見えないじゃん・・・

佇んでいると、
暴風にのって目の前を霧が流れていく・・・

長居してもしょうがないので、芦ノ湖に下る。
寒いし・・・・

霧の中に海賊船が出港。
これはこれで絵になる。
が、釣りバケツが邪魔だな。


霧の時って、桟橋?の先端にライトが点くんだ。
初めて見た。
いや、暗い時も点くのかもしれないのだが、
そんな時間に芦ノ湖にいることはないのでね。


ということで、
寄り道と長い椿ラインのおかげて夕方になってしまった旧道下山。

前回雨で買えなかったパンを・・・と思っていたのだが、
うーん、時間的に閉まっているよな。

ということで、
今回も手ぶらで帰宅。

まあ、(腰が)無事に帰ってこれたのでよしとしよう。

125kmは、もしかして今年最長か?

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.05.14 07:10:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.13
テーマ:自転車(11259)
カテゴリ:物欲
画像使用許可申請が面倒なので(しても通る可能性は低いので)、
詳しくはカワサキ ノスリス でググって欲しいのだが。

うーん、これ、いいなぁと。

前2輪の電動アシスト自転車(フル電動自転車もある)なのだが、
前2輪が独立して動くので、
スムーズに曲がれそう。
ヤマハの前2輪バイクの自転車版みたいな感じ?

で、
安定して荷物が積めて、
止める時にスタンドがいらず自立する、と。
電動アシストなので、
荷物が重くても大丈夫、と。

うーん、
どう考えても便利だよな。

歳をとってロードバイクや自動車運転がキツくなったら是非欲しい。

その頃まで販売が続いているといいけど。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.05.13 07:10:04
コメント(0) | コメントを書く
2021.05.12
テーマ:自転車(11259)
カテゴリ:箱根
腰の言うことを聞いて旧道を諦めて熱海方面行き。

さて、どうしようか、
とか考えつつ走っていると真鶴。
そういえば、
前に寄ってからずいぶん経つ。
5年ぶり???
どうせ距離を走るのが目的なので、
久々に半島の突端、三ツ石まで行ってみる。
というか、んー、登ってみる、だなぁ。

まあ、これくらいなら腰も許してくれるか・・・

三ツ石・・・・を遠くに眺める。

流石にビンディングシューズで下まで降りる気にはならない。
バイクに乗っている時は大丈夫でも、
歩くと少し腰が痛むのでね。
階段でシューズが滑りでもして踏ん張って腰にきたら、
その場で動けなくなるのでね。


行きは山側の道を登ったので、
帰りは海側に降りてみる。

降りてすぐのところの公衆トイレを借りたのだが、
換気のために海に面した窓が開け放たれていて、
ものすごい解放感・・・とだけメモしておく。
詳細を書くのはちょっと・・・ねぇ。


国道に戻り、さて、どうしようかと。

天気もいいし、もう少し進みたい。
引き返すのも、なんかねぇ。

ああ、そうか、湯河原から椿ラインで箱根に登る手もあるか。
椿ラインの斜度なら、
腰もなんとか耐えられる・・・かな。

いや、
その分距離が長いので疲労が蓄積するとまずいかもしれないが・・・
まあ、
まずそうだったら引き返す手もあるし。

ということで、
たんたんと椿ラインを登る。
ギアを軽くして、踏まずに下半身だけで登る。

飽きるほど登ると、やっと大観山6kmの標識。


気象レーダー、だっけ?


この辺から強風、というか暴風。
坂は緩いのに漕いでも進まない。

ほぼ徒歩の速度でなんとか大観山到着。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ランキング参加中です 押してくれると続ける気力が湧きます

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2021.05.12 07:10:04
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1563件 (1563件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >


© Rakuten Group, Inc.