132131 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ありがとうございます。

「宝」は自分の中にすでにある.:*・°☆♪

誰もが、すでに、自分の中に「宝」を持っている.:*・°☆♪ )^o^(


『法華経(ほけきょう)』というお経の中の、たとえ話です。


ある男がいました。


その男は、友人宅へいって、大酒を飲んで、酔いつぶれて、熟睡してしまいました。


そんな中、友人に急用が出来て、その友人は、熟睡している男を置いて、


出かけなければならなくなってしまいました。


友人は、男が目を覚ましてから、生活に不自由することのないように、と、

男の着ている衣服の端に、値段がつけられないほどに高価な宝石を、

縫いこんであげました。



そして、友人は、出かけました。



男は、目を覚ますと、友人がいなくなってしまったことに気付きました。



男は、その家を出て、他の土地へ行きました。



男は、それから、貧乏になり、見るも無惨な姿で、

かろうじて生きている、という有り様に、なってしまいました。


そして、男と友人は、街で、ばったり、再会するのです。


友人は、男のあまりに変わり果てた姿を見て、びっくりしました。


「おい、君。どうしてこんなに貧乏な生活をしてるんだ!

 君が、どんな欲望でも満足させるのに十分なほど、

 非常に高価な宝石を、君の衣服の端に縫いこんでおいてあげたのだが、

 あれはどうしたんだね。

 気にしたことはなかったのかね。」


友人は、男に十分に注意した後で、衣服の端に縫いこんだ宝石を取り出して、

男に、見せました。


「さあ、早く、この宝石をもって、大都市へ行くんだ。
 
 そこで、この宝石を売って、その売った金で買えることを何でもしなさい。」



男は、その宝石を見て、最高に安楽な気持ちに満たされました。



男は、それから、倉庫の立ちならぶ富豪となり、満たされた生活を送りました。



実は、この「友人」が「仏(ほとけ)」で、「宝石」とは、「仏の智慧」のこと、


「男」とは、「私たち」、だ、そうです。



この話からいうと、

私たちは、各自、仏さまによって、

「値段がつけられないほどに高価な宝」を、もうすでに備え付けられていて、

その自分に備わった「宝=智慧」に自分で気付けば、

すべてに満たされた「富豪」になれる、ということです。


『法華経』の「五百弟子受記品第八」という所にあるたとえ話

(衣珠喩というらしい←広辞苑「法華七喩」より)です。


以上、参考文献は、岩波文庫『法華経(中)』P115~P121、でした。



(2003年08月22日記)


© Rakuten Group, Inc.