132216 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ありがとうございます。

自分自身を生かすこと .:*・°☆♪


「たったひとりしかない自分を、

たった一度しかない一生を、

ほんとうに生かさなかったら、

人間、生まれてきたかいがないじゃないか。」



栃木市出身の作家、

山本有三 作、『路傍の石』の中の言葉、

自分のとても好きな言葉のひとつです。


自分の進路について煩悶(はんもん)し、

ヤケになって鉄橋の上に身を乗り出し、

あやうく列車に轢(ひ)かれそうになったところを、

危機一髪で、救助された主人公の少年、

愛川吾一に、教師の次野が語り説く言葉です。


「―――死ぬことはなあ、愛川。

おじいさんか、おばあさんにまかせておけばいいのだ。

人生は死ぬことじゃない。

生きることだ。

これからの者は、何よりも生きなくてはいけない。

自分自身を生かさなくってはいけない。

たったひとりしかない自分を、

たった一度しかない一生を、

ほんとうに生かさなかったら、

人間、生まれてきたかいがないじゃないか。」



2004年06月07日 記


© Rakuten Group, Inc.