000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ありがとうございます。

PR

X

全6件 (6件中 1-6件目)

1

ピアノ関連

2006.08.24
XML
カテゴリ:ピアノ関連
Frédéric François Chopin - Étude As-dur op.25 n 1

最近、マイブームで弾いています。

滔々(とうとう)と流れるようなアルペッジオ(arpeggio)が、とても美しい曲。

響きがとても心地よい...

ショパンの優しさと美しさにあふれた曲。

アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein)の演奏のVTRがありました↓
http://www.youtube.com/watch?v=C90Mz4hvAzI

優美だなぁ.:*・°☆♪ )^o^(
綺麗だなぁ.:*・°☆♪ )^o^(
美しいなぁ.:*・°☆♪ )^o^(
幸せだなぁ.:*・°☆♪ )^o^(
豊かだなぁ.:*・°☆♪ )^o^(
私の人生は、すばらしい.:*・°☆♪ )^o^(

感謝しています.:*・°☆♪ )^o^(
ありがとうございます.:*・°☆♪ )^o^(
無限の無限の超無限のありがとうございます.:*・°☆♪ )^o^(


きらきら人気blogランキングきらきら←クリックしていただけますと1票入るので、うれしいですスマイル






Last updated  2006.08.24 22:05:26
コメント(0) | コメントを書く


2006.03.07
カテゴリ:ピアノ関連
鬼怒川パークホテルズ

女将(おかみ)さんからのご依頼で、

10:00~15:00まで、悠悠自適な御仕事です。(時間も私のリズムで悠悠自適に...)

ピアノが大好きな自分ですから、

ピアノの美しい御声を聴きながら、

ピアノと対話しているだけで至福なのです。

途中、女将(おかみ)さん直々にお届けくださいました絶品のコーヒーをいただきましたのも至福のひととき。

お昼も女将(おかみ)さんのご配慮で、ホテル直営の「水辺のカフェテラス」で、
美味しくいただきました。

すべては、流れるままに...。

清流、鬼怒川の流れのように...。

一応、仕事きっちり~♪、と、

鬼怒川に世界の一流、超一流のアーティストが来て、

このピアノを弾いても私が責任を持つ内容の仕事をさせていただきました。

仕事のお代は全然計算などしていないし、「ただ」でもよいと思っていたのですが、

女将(おかみ)さんから、少ないかもしれませんが、お車代として、と、

金一封を賜りました。

あとで開けてみましたら、「2万円」入っていました。

十分、十二分、な、お金でした。

請求しないのにいただけたお金だからとっても尊く感謝いっぱいのキラキラお金です。

ありがたいなぁ。しあわせだなぁ。ゆたかだなぁ。

やっぱり、私は億万長者だなぁ.:*・°☆♪ )^o^(

感謝しています.:*・°☆♪ )^o^(
感謝しています.:*・°☆♪ )^o^(
感謝しています.:*・°☆♪ )^o^(

ありがとうございます.:*・°☆♪ )^o^(
ありがとうございます.:*・°☆♪ )^o^(
無限の無限の超無限のありがとうございます.:*・°☆♪ )^o^(






Last updated  2006.03.07 19:57:09
コメント(2) | コメントを書く
2004.08.29
カテゴリ:ピアノ関連
ベートーヴェン(L.van Beethoven)


 ・ピアノソナタ第18番 Op.31 No.3. Es-dur


   第2楽章 Scherzo Allegretto vivace



 ピアニスト、クラウディオ・アラウ( CLAUDIO ARRAU )の演奏を、CDで聴いて、

自分でも練習したくなった。

 アラウの演奏は、ゆったり、としたテンポであるが、一音一音、味わい深いものがある。

 初めて、自分でピアノで練習したが、この楽章を全部、弾いてみることができて、うれしかった。


   第3楽章 Menuetto Moderato e grazioso 、Trio 、Coda


 自分の最も好きな曲の一つである。

練習していて、

2004年08月27日の日記に書いた、

鈴木えみさんとその身に纏(まと)う

Christian Dior  “Dior Rain” .:*・°☆♪

のイメージが心に浮かんだ。

この曲は、とても、美しい。

elegant ( エレガント ) な曲.:*・°☆♪


Il n'y a pas de règle qu'on ne peut blesser à cause de Schöner.

さらに美しい」ためならば、破り得ぬ(芸術的)規則は一つもない。


岩波文庫 ロマン・ロラン著『ベートーヴェンの生涯』

135ページ、「ベートーヴェンの思想断片 音楽について」より。

無限の無限のありがとうございます♪ )^o^(






Last updated  2004.08.29 13:55:13
コメント(0) | コメントを書く
2004.08.11
カテゴリ:ピアノ関連
ショパン(F.Chopin)

・エチュード(Etude“練習曲”) Op.25,No.1

これは、『牧童』とか、『エオリアン・ハープ』とも呼ばれています。

初めて、全部、弾きました。

途中、和音の美しさに、涙が出てきました。

ショパンは、とても、美しい作曲家の一人ですね。 )^o^(


ベートーヴェン(L.van Beethoven)

・ピアノソナタ第18番 Op.31 No.3. 第3楽章

とっても、優雅さを感じる曲です。

「20世紀最高のピアニスト」とも称された
ピアニスト、バックハウス(Wilhelm Backhaus 1884 - 1969)は、
この曲を演奏中に心臓発作を起こし、
病院に入院したものの、
その1週間後、85歳の生涯を閉じたのでした。


ショパン(F.Chopin)

・華麗なる大円舞曲(Grande Valse Brillante) Op.18

全部を通して、2回弾きましたが、なかなか、練習し応えがあります♪
先を焦らずに、一音、一音、その美しい音を、味わい、楽しみ、
全身で感じながら、コツコツ、と、練習していきます。


ここで、ピアノのハンマーの硬さが気になるので、
ピアノを分解して、ハンマーの製音を行っています。

調律は、この前の日曜日に、自分の持てる能力を最大限に出して、行なったので、
まぁ、大丈夫でありますが、
ハンマーの製音は、数年ぶりです。

まず、今のところ、ハンマーに針入れ、を、やっています。

自分の可能な限り、全力で、音を作ります。

Il n'y a pas de règle qu'on ne peut blesser à cause de Schöner.
さらに美しい」ためならば、破り得ぬ(芸術的)規則は一つもない。


岩波文庫 ロマン・ロラン著『ベートーヴェンの生涯』

135ページ、「ベートーヴェンの思想断片 音楽について」より。


ハンマーの針入れは、中音、次高音、まで、行なって、
今日のところ、ストップしました。


夜、心にメロディーが浮かんできたので、ピアノで音を出しました。


ベートーヴェン(L.van Beethoven)

・ピアノソナタ第30番 Op.109 第3楽章 "Gesangvoll,mit innigster Empfindung"

主題と第1変奏まで。
ベートーヴェンの後期のソナタは、とても、奥深い世界があります。
内省的で、静穏、な、音楽。


ショパン(F.Chopin)

・夜想曲 変ホ長調(Nocturne Es-Dur) Op.9-2

優しく、とても、甘い旋律の曲です。
ゆっくり、優しく、練習しました。


ワイマン(A.P.Wyman)

・「銀波」("Silvery Waves")

ハンマーを製音した効果あってか、響きが、とても、綺麗に、美しくなりました。
やはり、ゆっくりと、最後まで練習しました。
この曲も、情景が目に浮かぶようで、
とても、美しく、すてきな曲です。






Last updated  2004.08.12 14:21:50
コメント(0) | コメントを書く
2004.08.10
カテゴリ:ピアノ関連
ショパン(F.Chopin)

・エチュード(Etude“練習曲”)Op.10-no.12 「革命のエチュード」

・エチュード(Etude“練習曲”)Op.10-no.3 「別れの曲」

・幻想即興曲(Fantaisie Impromptu)Op.66

ベートーヴェン(L.van Beethoven)

・ピアノソナタ第18番 Op.31 No.3. 第3楽章

・ピアノソナタ第21番 Op.53 「ワルトシュタイン」

ワイマン(A.P.Wyman)

・「銀波」("Silvery Waves")


もっともっと、ピアノ技術を極めます♪


Il n'y a pas de règle qu'on ne peut blesser à cause de Schöner.
さらに美しい」ためならば、破り得ぬ(芸術的)規則は一つもない。


岩波文庫 ロマン・ロラン著『ベートーヴェンの生涯』


135ページ、「ベートーヴェンの思想断片 音楽について」より。


無限の無限のありがとうございます♪ )^o^(






Last updated  2004.09.12 20:09:52
コメント(0) | コメントを書く
2004.07.07
カテゴリ:ピアノ関連
7月3日の日記で、

気持ちを優雅に生きること♪

と、書きました。

今日の気づきは、

☆華麗なる生活♪☆

です。

優雅さは、アルフレッド・コルトーの奏でるショパンの演奏から、

受けた感覚です。

華麗さは、スタニスラフ・ブーニンの奏でるショパンの

ピアノソナタ第3番 Op.58 h moll ロ短調

の演奏から、感じたもの、です。






Last updated  2004.07.08 13:12:05
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


© Rakuten Group, Inc.