4231884 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スザンヌゥ公式ブログ「ぶろぐザンヌゥ★」

PR

ニューストピックス

バックナンバー

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05

ランキング市場

2011/08/12
XML
カテゴリ:興味
ロンドンブーツ 田村淳

じゃあ見ないと言う選択で良くない?

君の家…TVのチャンネル1個しかないの?
あと電源切れないテレビなの?



ナインティナイン 岡村隆史

見たくないなら見なきゃいいのよ!
ただそれだけのことなのになんでみんなに言う必要がある?
簡単なことなのよ、電気代しかかかってないんだから、テレビなんて。
ペイパービューだったらまだしも。消せばいい。
タダで見てるんだから。電気代以外。






彼らに共通しているのは「民放テレビ局」というものに対する、根本的な誤解だ。

民放テレビ局は本質的にCMを放送するために存在している

ただ、CMだけだと誰も見ないから、ドラマやニュースを間に挟んでいる。

繰り返すが、ドラマの合間にCMが挟まれているのではい。

CMの間にドラマが挟まれているのだ。



つまり彼らのこういった言動は、フジテレビに広告を入れているスポンサー企業の広告妨害をしているに等しい。

CMを一本制作するのに数千万円、時には数億円の制作費がかかり、たった15秒のCMに100~300万円の広告料がかかっている。

私がもし企業の広報担当だったら、彼らの所属事務所に怒鳴り込んでいることだろう。


ロンブー田村淳が「(フジや韓流が)嫌なら見なければいい」という趣旨のつぶやきをしたのが8/2。

その後、フジ大株主の花王の株価が暴落しはじめた。

「嫌なら見なければ?」で花王株価暴落

【H23.8.1-12の花王の株価 kabu.comスーパーチャートより】

トイレタリー、化粧品最大手の花王は7月末にレーティングを上げられている(=証券会社の推奨を受けた)ほどで、株価が下がる材料はない。

だが、8/2の田村淳の「見なければいい」発言以降、約10%も下落している。


この期間、もともと、東証全体が下落しているのだが、生活必需品であるトイレタリー(石けん、洗剤など)を主力とするこの業種は不況に強い。

実際、同業種(ライオン、資生堂、エステーなど)が2~5%の下落なのに対し、花王のみが異常に暴落している様相だ。


「フジの韓流ゴリ推し問題で、フジ大株主の花王製品の不買運動が広がっている」

「フジテレビが敬遠されることで、フジでCMを打っている花王製品の競争力が落ちる」

といった情報がある以上、投資家が花王の売上を不安視するのは当然だろう。



ロンブー淳は、その知名度ゆえ、ある意味で高岡蒼甫以上の反響を生み、フジテレビを擁護するつもりが、高岡以上のダメージを与える結果になった。

自分の発言が他人(企業)にどの様な迷惑をかけるかを考えない彼らの言動は、テレビ人として「浅慮(せんりょ)の極み」と言わざるを得ない。



タレントとしての自分の商品価値を下げるのは勝手だが、それによってスポンサー企業はもとより、スタッフ、関係者、所属事務所に迷惑をかける行為は、肯定できない。

番組はタレント一人で作られているわけではないのだから、田村淳や岡村隆史の発言はあまりに自惚れているし、道理に欠ける。


その意味では、もちろん高岡蒼甫の発言も軽率だし非難されるべきものだ。

だが「自分はフジを見たくない」と自分の行動について述べただけの高岡に対し、田村淳と岡村隆史は不特定多数に「見なければいい」と呼びかけたのだから、悪質性は比較すべくもない。

実際、田村淳のツイッターはフジテレビ株主である花王の不買運動につながった可能性が極めて高く、もしかすると韓国発のドラマやタレントの価値を損なった可能性すらある。

前記事「繰り返しても本当にならない嘘 ~視聴者が拒絶しているのは"韓流"でなく"洗脳"~」でも書いたとおり、私は韓国のコンテンツやタレントの全てを拒否するものではない。

フジTVのごり押し逆効果や、ロンブー淳らの発言で、例外的な優良コンテンツすら否定される風潮が醸成されたのなら、それについても怒りを覚える。


殊「見なければいい」などとは、TVビジネスに関わっているプロであれば決して口にするべき言葉でない。

田村淳や岡村隆史こそつぶやきを止め、タレント業に専念するべきだろう。


特に、政治家を目指している?らしい田村淳は、これ以上自分の浅はかさを晒すのは止めた方がよい。


 乳酸菌とビフィズス菌、「同じモノ」と混同していませんか?








最終更新日  2011/08/15 12:47:45 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.