938177 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

平安寺のささやき  短歌日記

PR

2020.10.30
XML
カテゴリ:短歌 故郷を詠む
​​絶品の ヒラタケ汁に 
故郷の 秋の野山を 
     思い浮かべて



★ 先日、義兄が、山里に住む友人にもらったヒラタケを分けてくれました。傘が10センチ以上に大きく開いたヒラタケ。昔、叔父が栽培していたヒラタケを思い出して、思わず「おおっ」と声を上げました。

★ 叔父の家の庭。その日陰に、裏山に生えていた榎の巨木を切り倒したときに、1メートルは優に超える根元部分を切り離したものを置いて、それにヒラタケを植え付けていました。

★ 毎年、秋になると次から次へとヒラタケが育ち、大きいものは傘が20㎝ほどの大きさになるくらいまでほおっておくと、焼いてよし、煮物に使ってよし、とりわけ、すまし汁にしてよしの、最高の味を出します。

★ そのヒラタケを叔父の家からもらって帰り、母が大好きなすまし汁にしてくれたものです。いつまでたっても忘れることのない、故郷の味、母親の味です。そんな傘の開いたヒラタケは、もう、見かけることができなくなりました。

★ そんなヒラタケを目にして、思わず声を上げた次第です。味も、昔の叔父のヒラタケの味に劣らず、最高でした。
​​
​​
​​​​
今日の岡山市は、晴れで、最高気温は19度の予報です。
★いつもご訪問いただき、ありがとうございます★
ー憲法9条を守り抜き、戦争法を廃止しましょう


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村


日々の出来事ランキング
​​​​






Last updated  2020.10.30 07:01:53
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.