962632 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

平安寺のささやき  短歌日記

PR

2020.11.01
XML
​​「赤旗」に かつて知りたる 人の名を 
視止め「新著」の 
    書評を読む





★ 沢山美果子さん。かつて、私の故郷の大学で教授をされていたころに、地域の社会運動などでお世話になった方です。その先生のお名前を、今日の「しんぶん赤旗」書評欄に視止めて、新著の書評を読みました。

★ 書評の対象となっている本の名前は「性からよむ江戸時代」。2020年に岩波新書から発行された澤山さんの著作です。斎藤美奈子さん(文芸評論家)の手による書評を見て、ぜひ私も読んでみたいと思いました。

★ かつて身の回りにおられた人の活躍を通じて、改めてその人のすばらしさを知り、自分までもが誇らしくなる――そんな感情は、自分ながら「悪くない」と、そんな自分に納得した次第です。 ​​​
​​
​​​​
今日の岡山市は、晴れのち曇りで、最高気温は23度の予報です。
★いつもご訪問いただき、ありがとうございます★
ー憲法9条を守り抜き、戦争法を廃止しましょう


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村


日々の出来事ランキング
​​​​






Last updated  2020.11.01 13:10:54
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.