083670 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

第三の視点

PR

X

全626件 (626件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 63 >

2012年12月29日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
影夫:なんか「アセンション」の兆候(ちょうこう)ってあるの?

光一:「寒い」ことくらいかな。

影夫:寒いこと?

光一:「太陽が消滅する」って、言うしな。

影夫:なんか、言ってたな。

光一:2013年から「位置の変換」が始まって、12年後の2025から「位置の転換」が始まるんだって。

影夫:何?その位置のなんとかって?

光一:俺にもよく理解できてないんだが「シリウス用語」らしい。

影夫:シリウス用語?

光一:俺もちゃんと理解しきれてないんで、あんまり質問するな。

影夫:わかった。

光一:まあ、兆候が現れるとしたら、まず「人の意識に変化」が起きるんじゃない。

影夫:どんな?

光一:「分離から統合」というか「エゴから和合」に変化して行くんじゃない。

影夫:ほう。

光一:戦後「個人の自由」とか「個性を尊重する」とか、欧米は大キャンペーンをやってきたわけじゃない。

影夫:バラバラ作戦か。

光一:2013年から「私が!」っていうのが、薄れてくると思う。

影夫:震災で「絆(きずな)」って言葉がはやったもんな。

光一:兆候としては、意識の変化に伴って「子供が生まれなくなる」とか「電気が使えなくなる」「人工物が消滅していく」なんて変化が起きてくるんじゃない。

影夫:でも、起きないかもしれないだろ?

光一:うん。でも俺にとって、来年からの「世の中の変化を観察すること」が楽しいんだ。

影夫:俺も、お前と話すようになって、「物事を観察すること」が楽しくなってきた。






最終更新日  2012年12月29日 09時28分44秒
コメント(0) | コメントを書く


2012年12月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類
影夫:俺の知人というか「おばちゃん」に「アセンションの話」をしてたんだけど「地球は滅亡しなかったじゃないの!」って、言われたんだけど・・・。

光一:俺は、「新しい時代の到来」を言いたかったんだけど、テレビの情報と混同してるんじゃない。

影夫:テレビの影響って、大きいもんな。

光一:それに、「新しい時代が来る」っていうのも、「仮説」だしな。

影夫:そんな、「無責任」な。

光一:アセンションは、俺にとってみれば「願望」でもあるんだ。

影夫:そんな風にも言ってたよな。

光一:人類って、どうしようもない存在でな。

影夫:うん。

光一:「エゴのかたまりで、自然をむちゃくちゃにして滅びました」って結末じゃ、しょうがないじゃん。

影夫:そうだよな。

光一:でも、「我々人間は、鏡に映った存在で、進化するものの反面教師として存在する」っていう方が救いがあると思うんだ。

影夫:うん。






最終更新日  2012年12月27日 09時30分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年12月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
光一:「人を呪わば穴二つ」っていうじゃない。

影夫:うん。「人を呪うと、自分に帰ってくる」ってことだろ。

光一:それって「鏡の法則」だと思うんだ。

影夫:鏡の前に立って、「左手を挙げると、鏡に映ったものは反対の右手を挙げる」ってやつか。

光一:俺が最近はまってる「法則」なんだけどね。

影夫:うん。

光一:自分が意識する人、憎い人、嫌いな人って、鏡に映った反対側の人間じゃないかと思ってな。

影夫:対峙(たいじ)するものは、反映物か。

光一:つまり、鏡に映ったものを抹殺するということは・・・。

影夫:自分自身が消えるということか。






最終更新日  2012年12月06日 09時37分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年12月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
光一:とうとうね!

影夫:うん。

光一:2012年の12月になってしまいました!

影夫:そうだね。

光一:人類が誕生して6500年!

影夫:なんかテンション高いな。

光一:マヤの暦が終わるんだぜ!

影夫:は~ぁ。

光一:お前も松岡修造みたいになれ!

影夫:じゃあ、アセンションが来なかったらどうするんだよ?

光一:そんときは・・・。

影夫:そんときは!?

光一:あやまる。「ごめんなさい」ってね。






最終更新日  2012年12月01日 19時24分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類
光一:半田氏の本にね。

影夫:うん。

光一:進化論につても触れてたんだけどね。

影夫:「ダーウィンの進化論」か。

光一:ここ百年でね。

影夫:うん。

光一:数百万種ある生物の中でね。

影夫:うん。

光一:一つも進化を確認した例はないんだって。

影夫:百年という月日は短すぎるんじゃないの?

光一:数百万種あるんだぜ。

影夫:生物の種類がか。

光一:数百万種あったら、一つくらいは進化してもいいんじゃない。

影夫:そういえば、そうだよな。

光一:数百万種の種が百年間、進化しないということはね。

影夫:うん。

光一:一つの種が数億年かかっても、進化を見せなかったことと同じ意味を持つことになるんだって。

影夫:ダーウィンも何だか、あやしくなってきたな。






最終更新日  2012年11月29日 12時36分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月28日
カテゴリ:カテゴリ未分類
影夫:お前が言う「神様が左手を挙げたから、鏡に映ったものが左手を挙げた」って言ったじゃない。

光一:うん。

影夫:じゃあ、神様が左手を挙げるという作用を起こさなければ反作用も起きなかったってこと?

光一:そうだよ。全部、神様が「動いた」ことに原因がある。

影夫:「神様が動かなければ、反作用も起きなかった」ってことか。

光一:俺も「易(えき)」を習っているんだけど。

影夫:うん。

光一:「動くか、動かないか」なんだよ。

影夫:どういうこと?

光一:どんなに凶運でも、「動かなければ作用は起きない」ってことだよ。

影夫:運の悪いときは、家の中で、ジッとしてればいいの?

光一:そうだよ。そうすれば凶運の影響は出ない。みんな動いちゃいけないときに、動くから凶の現象が起きるんだ。

影夫:「動くか、動かないか」って大事なことなんだ。






最終更新日  2012年11月28日 07時49分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月26日
カテゴリ:カテゴリ未分類
影夫:「鏡の法則」って、仮説なんだろ?

光一:アセンションも含めてね。

影夫:なんでそんなに、のめり込んでいるんだ。

光一:俺もね。

影夫:うん。

光一:世の中を見たときに、何か「逆に進んでる」ような気がしてな。

影夫:神様の意思にか。

光一:神様かどうかは解らないけど・・・。俺の主観的なものかも知れないけどね。

影夫:まあ、世の中と、お前の感覚がズレているわけね

光一:うん。だから苦しいんだよ。

影夫:時代に合わないか。

光一:砂漠の時代に、魚として生まれたら苦しいだろ?

影夫:魚として生まれたら、川か海の方が生きやすいわな。

光一:自分の生まれ持った性質と時代、環境とのマッチングが大事なんだよ。






最終更新日  2012年11月26日 12時48分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
光一:今の時代の象徴ってね。

影夫:うん。

光一:「高級時計」だと思うんだ。

影夫:なんで?

光一:「実の世界」では、「時間がない」っていうじゃない。

影夫:うん。

光一:高級な時計っていうのは、ゴージャス、セレブの象徴でもあるし、物質世界の王者だと思うんだ。

影夫:高級車もそうだけどな。お前は「高級時計」欲しくないの?

光一:携帯電話の表示で充分だよ。

影夫:うん。

光一:物質的欲望とか、肉体的欲望っていうのは、今の時代の主流だと思うんだけどね。






最終更新日  2012年11月25日 09時42分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
光一:俺はね。

影夫:うん。

光一:安倍さんのこと、期待しているんだけどね。

影夫:なんか日銀のこと言ってたよな。

光一:故・太田先生とかマリンズさんから聞いたことなんだけどね。

影夫:「民間が所有する中央銀行」か。

光一:中央銀行というか「お札を刷る」というのは、羊飼いにとって「魔術の根幹」なんだよね。

影夫:うん。

光一:「紙を印刷するだけで金」になるっていうのは「錬金術」なんだよな。

影夫:紙が金に変化するわけだからな。

光一:それと、「人を操る術」ってあるわけじゃない。

影夫:どういうこと?

光一:呪術で「エイ!」とやって人を操るのも、お金で人を操るのも、同じことなんだよ。

影夫:それを考えると羊飼いは世界一の呪術師かもな。

光一:でもね。

影夫:うん。

光一:それは「虚(きょ)」の時代だからできたことでね。

影夫:虚(きょ)は、嘘(うそ)にもつながるし、世界は「印刷された紙切れのペテン」にだまされながら動いてきたわだからな。

光一:いままでだったら、中央銀行のことは触れてはいけなかったんだよ。

影夫:タブーか。

光一:来年から、実の時代になるとすれば、「虚の極み」である羊飼いがどうなるかが見物だな。






最終更新日  2012年11月24日 17時10分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
光一:あとね。

影夫:うん。

光一:解りにくい物事を人に説明するときにね。

影夫:うん。

光一:表現する単語の数が多く、複雑なものを複雑に説明する人は「反映系」ね。

影夫:うん。

光一:複雑怪奇な物事を、単語数も少なく、シンプルに解りやすく説明する人は「統合系」の人なんだ。

影夫:「池上彰」みたいにか。

光一:彼が統合系かどうかは解らないけどね。

影夫:難しいことを難しく話す人は、俺も嫌いだ。

光一:それと、前にも言ったけど、実の世界に行く人は、「自分の意見」をちゃんと持っている人ね。  

影夫:話は違うかもしれないけどね。昔、近所のおばさんで、自分の息子の自慢を永遠に話続ける人がいてね。

光一:学校の成績が良いとか、親孝行だとかか。

影夫:そうなんだけどね。

光一:うん。

影夫:そのときに、息子のことよりも、「あんたはどんなに優秀な人間なの?」と思ったことがある。






最終更新日  2012年11月23日 07時31分08秒
コメント(0) | コメントを書く

全626件 (626件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 63 >


© Rakuten Group, Inc.