084456 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

第三の視点

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


夢見志

カレンダー

お気に入りブログ

コメント新着

夢見志@ Re:まさしく(09/02) kinnta13さん お互いに、溶解しないよう…
kinnta13@ まさしく 本当に妖怪は溶解しそうです 生きにくい
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
夢見志@ Re:こんにちは(03/01) kinnta13さん コメントありがとうござい…
kinnta13@ こんにちは まさしくそうです 振り子のように、期待…

フリーページ

ニューストピックス

2012年11月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
光一:俺はね。

影夫:うん。

光一:安倍さんのこと、期待しているんだけどね。

影夫:なんか日銀のこと言ってたよな。

光一:故・太田先生とかマリンズさんから聞いたことなんだけどね。

影夫:「民間が所有する中央銀行」か。

光一:中央銀行というか「お札を刷る」というのは、羊飼いにとって「魔術の根幹」なんだよね。

影夫:うん。

光一:「紙を印刷するだけで金」になるっていうのは「錬金術」なんだよな。

影夫:紙が金に変化するわけだからな。

光一:それと、「人を操る術」ってあるわけじゃない。

影夫:どういうこと?

光一:呪術で「エイ!」とやって人を操るのも、お金で人を操るのも、同じことなんだよ。

影夫:それを考えると羊飼いは世界一の呪術師かもな。

光一:でもね。

影夫:うん。

光一:それは「虚(きょ)」の時代だからできたことでね。

影夫:虚(きょ)は、嘘(うそ)にもつながるし、世界は「印刷された紙切れのペテン」にだまされながら動いてきたわだからな。

光一:いままでだったら、中央銀行のことは触れてはいけなかったんだよ。

影夫:タブーか。

光一:来年から、実の時代になるとすれば、「虚の極み」である羊飼いがどうなるかが見物だな。






最終更新日  2012年11月24日 17時10分32秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.