076207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

encantada

題詠マラソン2003


題詠マラソン2003 参加作品


001:月
如月の半ばに逝きし母の通夜果てたる庭に梅白かりき

002:輪
初に会ふ子のフィアンセの薬指婚約指輪がきらりと光る

003:さよなら
「さよなら」は言ひたくなくてあなたとは「またね」と別れの握手を交はす

004:木曜
十一月第三木曜解禁のボージョレヌーヴォーに夢中でしたね

005:音
低きより高き音へと移る時バイオリンの音ぐつとセクシー

006:脱ぐ
スリッパの左右がハの字に並びたり あなたの脱ぎて行きたるままに

007:ふと
ふとつけしテレビの中の青空に白き尾をひく何かが映る
(スペースシャトル・コロンビアの最後の姿と、数秒後にわかった)

008:足りる
「おはやう」ともつそり起きて夫が言ふ眠りの足らぬくぐもり声で

009:休み
私の「休み」がなぜか解る猫ミヤーオとなきて膝に飛び乗る


010:浮く
竹寺の蹲(つくばひ)の水清かりき紅葉いくひら水に浮かせて

011:イオン
沢を登り辿り着きたる滝の下マイナスイオンをたつぷり浴びる

012:突破
参加者が160人を突破して「月」「月」「月」「月」…書き込み開始
(題詠マラソン2003)

013:愛
鷺が二羽求愛ダンスをする傍に知らん振りなる他の鷺達

014:段ボール
段ボール積み上げたまま座りこむ疲れ果てたる引越しの夜

015:葉
濡れ落ち葉と見えゐし夫が苦笑して「女房孝行の日々」と言ひたり

016:紅
雨の午後ゆつくり淹れるレモンティー ウエッジウッドの紅茶茶碗に

017: 雲
大空に飛行機雲が伸びてゆく グングングーンと白くふた筋

018: 泣く
「あかんぼは泣くのが仕事」お隣のアッチャンとても仕事熱心

019: 蒟蒻
昼も夜も蒟蒻ばかりを食べないで!あなたそんなに太つてないわよ

020: 害
霜の害まともに受けて萎れたり早く咲きたる黄のクロッカス

021:窓
地下鉄の窓に映れる我が顔は思つたよりもずつと無愛想

022: 素
会へばすぐ母とは議論になつたつけ 「もつと素直にすればよかつた」

023: 詩
私にも分けてください「詩心」を 心がいつも軋んでいます 

024: きらきら
霧の中ダイヤモンドダスト煌けりきらきら氷の国のやうだよ

025: 匿う
匿はれ仔猫コクコクミルク飲むペット禁止のマンションの部屋

026: 妻
逢へそうで逢へないままに過ぎてゆく妻ある君の誕生日なり

027: 忘れる
退職しひときは短気となりし夫すぐに怒りてすぐに忘れる

028: 三回
三回も読みなおしてもどうしても納得行かぬあなたの手紙

029: 森
目薬をさして潤める目に見れば森も林も緑がにじむ

030: 表
エクセルの表に作成添付する今期の営業収支報告

031: 猫
のつそりと膝に乗り来る黒猫の我より少し高き体温

032: 星
クリスマスライトの消ゆる午前五時星がひと際耀きを増す

033: 中ぐらい
目立たずに落ちこぼれずに中ぐらい そんな暮らしは今日でおしまひ

034: 誘惑
お土産の苺ショートの誘惑にはやくも負けて紅茶を淹れる

035: 駅
繰り返しビデオをかけて夫が見る正月恒例箱根駅伝

036: 遺伝
受け継ぎしの母の遺伝子しつかりと我の裡より我を支配す

037: とんかつ
なんとなく好きになれない男なりとんかつソースを刺身にかける

038: 明日
明日もまた天気予報は雨模様トレッドミルでずんずん歩く

039: 贅肉
贅肉が気になりだして袖なしの服はいつしか禁忌となりぬ

040: 走る
冬篭りを知らぬ黒栗鼠シュルシュルと霜の芝生を走りぬけゆく

041: 場
「どちらへ」と聞かれて「ちよつとそこまで」とその場限りの挨拶をする

042:クセ
「クセモノ」が心のどこかに住み着きて時に私を裏切りもする

043:鍋
寄せ鍋を囲み友らと夜を更かす鍋奉行にはいつものあなた

044: 殺す
殺されても死にさうもない母なりき子育て時代の若き私は

045: がらんどう
鎌倉の大仏の中のがらんどう背中の窓から光差し入る

046:南
南向き斜面に白き梅の花そこより春の光広がる

047:沿う
「趣旨に沿ふご意見です」と言はれしもそれきり何の音沙汰もなし

048: 死
四百年の死者の心を抱きこみ大谷廟はしんと冷えたり

049:嫌い
「好き嫌いしないで何でも食べなさい」今では誰も言はない躾

050:南瓜
冷凍のパックを開けて煮込みたりこれでも一応「冬至の南瓜」

051:敵
当面の敵は自分の気の弱さ今日も幾度か負けさうになる

052:冷蔵庫
冷蔵庫ブーンと唸り始めたり「さあ、働くぞ!」と言ふかのやうに

053: サナトリウム
その昔サナトリウム居し頃に母は短歌に出会ひしと聞く

054: 麦茶
たつぷりと冷たき麦茶を注がれてトールグラスが露に曇れり

055: 置く
「椅子の上に何でもかんでも置かないで!」片付けばかりで今日もおしまひ

056: 野
炒めもの漬物煮物天麩羅と庭の野菜が姿を変へる

057: 蛇
油紙少し破れて飾らるる黒き図柄の蛇の目の傘が

058: たぶん
たぶんもう使ふことなき算盤を大事にしまふ抽斗の奥

059:夢
ペンギンは空を飛ぶ日の夢を見る氷の山を遠く見下ろし

060:奪う
ラグビーのボールを抱へ倒れこむタックルされても奪はせないぞ

061: 祈る
祈るときあなたが伏せた目のあたりふつと疲れを見たる気がする

062: 渡世
撮影の合間に食べるハンバーガー渡世人Aの扮装のまま

063: 海女
海女の見る景色なるらむグラスボートの底より覗く珊瑚や海藻

064:ドーナツ
真中の穴がどんどん縮まりぬドーナツの生地ほわり膨れて

065:光
如来様に侍りてぢつと千余年日光月光四天王達 
(中宮寺にて)

066:僕
「僕だよ」と電話に名乗る誰かさん 間違い電話と思ひますけど

067:化粧
眉描かれ紅をひかれて端正な終の化粧に母は華やぐ

068:似る
知り人の誰かに似たるお顔立ち目の切れ長な百済観音

069:コイン
さあこれですつかり身軽 旅の荷のリュックはコインロッカーの中

070:玄関
玄関のブザーをチャイムに変へたからもつと楽しく帰つておいで

071:待つ
春を待つ心をそつと覗かせて水仙の芽の緑が並ぶ

072:席
うす暗き音楽喫茶の地下室のいつもの席にモーツアルト聞く

073: 資
なかなかに会議の資料出揃はず泥縄式のにわか残業

074: キャラメル
キャラメルのおまけの指輪を交換し婚約したつけ五歳の頃に

075: 痒い
痒いのは痛いのよりも辛そうで乾いたタオルで子の背をさする

076:てかてか
てかてかに顔の火照れる風呂上りビールの最初の一口が良し

077:落書き
落書きに自分の名前を書くなんて自首するやうなものですよ きみ

078: 殺
「怪獣は殺さず宇宙に捨ててくる」ウルトラマンの退治方針

079: 眼薬
目頭に二滴落とせし眼薬にしよぼしよぼの目が機嫌を直す

080: 織る
幼日の子らが着てゐし服を裂き横糸として厚き布織る

081: ノック
ノックノック「入ってますか?」と尋ねても我が脳みその返答はなし

082: ほろぶ
ほろびゆく人種なるべしわが夫は無愛想・頑固時に過真面目

083: 予言
おほかたは外ればかりの予言なり白馬の王子も遂に来なくて

084: 円
電池より安い値段でよく動く百円ショップで買ひし時計は

085: 銀杏
神宮の銀杏まつりに友と来て野点の席に松風を聞く

086: とらんぽりん
だんだんと調子の上がるとらんぽりん とらあんぽりいんと我を跳ね上ぐ

087: 朝
再起動したばかりなるパソコンのやうにすつきり今朝の目覚めは

088: 象
この車やつぱり買つてしまおうか第一印象かなり良好

089: 開く
紅椿垣に一輪開きたり黄色き花粉少し零して


090: ぶつかる
守るもの無き年齢に届きたりぶつかることももう怖くない

091: 煙
刺のある言葉をぐさりと投げかける禁煙3日目いらだつ夫は

092: 人形
一年を真闇の中ですごしたる雛人形に春の陽注ぐ

093: 恋
恋ひし合ふときめきいつか忘れ果て肉親のごと夫と住まへり

094: 時
徹夜して外の明るむ朝の四時熱き紅茶に心が弛む

095: 満ちる
咲き満ちて桜並木が続きたり風の冷たき河津河畔に 
(河津桜祭りにて)

096: 石鹸
いつときは評判なりき もう今は話題に載らぬ痩せる石鹸

097: 支
予想より仕事がとれて今月の収支何とかプラスとなりぬ

098: 傷
傷口を舐め合ふごとき飲み会に一口、一杯、またもう一杯

099: かさかさ
肘も膝も踵もかさかさ白くなる心の底まで乾ける冬は

100: 短歌
レシートの裏に書かれし短歌メモ逝きたる母の財布に残る





Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.