056887 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

encantada

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


norikofordaieiさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

再開を考慮中 noriko5858さん

コメント新着

noriko5858@ Re[1]:題詠blog 2014 の100首(10/22) 今泉洋子さん > ご完走おめでとうござい…
今泉洋子@ Re:題詠blog 2014 の100首(10/22)  ご完走おめでとうございます。お疲れ様…
梅田 啓子@ Re:完走報告(11/04) 「題詠blog」でお世話になっております梅…
noriko5858@ Re[1]:完走報告(11/04) 今泉洋子さん >ご無沙汰致しております…
今泉洋子@ Re:完走報告(11/04)  佐藤紀子様 ご無沙汰致しております。ご…

フリーページ

ニューストピックス

全884件 (884件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 89 >

2016年01月27日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
このブログは、題詠マラソンと題詠ブログに参加するためにひらいていましたが、2016年から、題詠blog が facebook で開かれることになったので、ここで、終了することにしました。

記録をバックアップしてから、撤去します。

もっとも、撤去の方法は、これからしらべなくてはならないので、そちらは、とにかくバックアップしてからのことになります。

日常生活をUPしているブログ「できるところから一つずつ」は、まだ当分続けるつもりでいますので、よろしくお願いします。







最終更新日  2016年01月27日 06時17分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類
2015年の題詠100首

001:呼
「おかあさ~ん」と呼んで泣きゐしをさな児が今父としてがつしりと立つ

002:急
「あわてるな、ふつうが一番速いよ」と自分に言へり 心急きつつ

003:要 
婦人服売り場に友と待ち合はす 不要なものまで買はないやうに

004:栄 
「栄養」は殆ど死語になりはてて「カロリー0」が取つて変はれり

005:中心 
子供らを中心にして暮らしゐし日々を想へり 幸せなりき

006:婦 
烈婦伝に出てきさうなり 最期まで愚痴を言はずに逝きたる母は

007:度 
とろとろとしては何度も目ざめたり 余震の続く冬のひと夜を

008:ジャム
慰めの言葉を見つけられぬままジャム入り紅茶友に進める

009:異 
「異常なし」と言はれることを想定し検診に来し我と思へり

010:玉 
九州の故宮展にて先ず探す玉でできたる小さき白菜

011:怪 
怪獣はウルトラマンに投げられて哀しき声を出すにあらずや

012:おろか
「おろか」では片付けられぬ親の愛  オレオレ詐欺にかかる心は

013:刊 
週刊誌が今週もまた書きたてる ロイヤルベビーの名前の候補

014:込
込み入つた話があると呼びだしてあなたは煙草ばかりすってる

015:衛 
バッキンガムの衛兵交代見てゐたり十七年前、丁度今頃

016:荒 
エリオットの「荒地」を読みてライラックの花まで暗く見えし若き日

017:画面
五歳児の見せてくれたる祖母の絵は髪が画面をはみだしてをり

018:救 
救急車のサイレンが家の前をすぎ近くでふつと止まりし気配

019:靴
「歩き方が悪い」と靴が怒りをり 「踵の外側ばかり減らして!」

020:亜 
青島の亜熱帯樹の群生が驟雨に打たれ荒き音たつ

022:砕
春浅き室戸岬の波高く岩を砕かんばかりに荒れる

023:柱 
古民家の大黒柱を磨き上ぐ おからを入れた木綿袋で

024:真 
事実よりまことしやかな嘘ありて「真実」の名で拡がりてゆく

025:さらさら
さらさらの沙が半分ほど入る沖縄土産のガラスの小瓶

026:湿 
湿原に渡り来し鶴空をむき喉を伸ばして大声になく

027:ダウン
被災地に救援に行き若者はダウン寸前までを頑張る

028:改 
改めて虚しさがまたこみあげる 娘の挙式終へたる夕べ

029:尺 
朱鷺色の三尺をしめ上機嫌 初めて浴衣をきたる三歳

030:物
減らさむと思へど物の増殖し部屋はまたまた乱れてしまふ

031:認
ぬか漬けと煮物とご飯が好きだなんて 認めなさいよ 年寄りだって

032:昏 
梟の声が何度も聞えくる黄昏時のブナの林に

033:逸 
長電話まだまだ続く 話題から逸れてそこからまた枝が出る

034:前
前触れは猫のいらだち 311の地震の午後の

035:液
海面下のデルタ地帯に住む我に他人(ひと)事ならず液状化とは

036:バス
バスタブにたつぷり張った湯の中に今日の疲れが溶け出してゆく

036:バス
二時間に一本だけのバスを待つ  青雲橋の脇のベンチで

037:療
病気には散歩が一番良いとする夫推奨の積極療法

038:読
「あとがき」をまずまっさきに読みはじむ 友の歌集が届いた午後に

039:せっかく
「せつかくのお誘ひですが」と辞退して確定申告ともかく済ます

040:清
新緑の清々しさの中に咲く花水木の白殊にあざやか

041:扇 
白扇に「涼」の一字を墨書する 涼しい風が送れるやうに

042:特 
特急の通過待ちする各停のドアより春の風入り来る

043:旧
旧姓で呼ばれて今も反応す 故郷の街のクラス会では

044:らくだ
月の砂漠の夢を見るごと目をつぶる動物園のひとこぶらくだ

045:売
売り声は機械に任せ焼き芋屋車を停めて道傍に立つ

046:貨 
連結を五十輌まで数へたり大陸横断貨物列車の

047:四国
東京に戻りて食べる 四国では食べそびれたる讃岐うどんを

048:負
悔しいが顔のほころぶ今日の負け 孫とゴルフのラウンドをして

049:尼
尼寺の写経の会に参加する白きあやめに雨の降る午後

050:答
相談のかたちで我に話す友 答はすでに出したる後に

051:緯
経緯より結論を先ず言はしめて気みぢかなりき我の上司は

052:サイト
三カ月経ちてもいまだ届かない 買物サイトで買ひし枕は

053:腐
たつぷりと大根おろしを添へてだす得意料理の揚げ出し豆腐

054:踵
繕はず捨ててしまへり片方の踵に穴のあいた靴下

055:夫 
喉を病み声の出せない夫とゐてしらずしらずに我も囁く

056:リボン
ポニーテイルに黄色いリボンをつけてゐき 「戦争と平和」のヘップバーンは

057:析
いかように分析すれど結論は「美女の涙はスーパーパワー」

058:士
職業の差別か区別か 「調理師」と「栄養士」では「し」の字がちがふ

059:税
複雑といふにあらねど年毎に億劫になる税の申告

060:孔雀
尾をひらく孔雀のやうに華々しカラオケ大会舞台衣装は

061:宗
宗教は文化を連れて渡来せり キリスト教も仏教もまた

062:万年
亡き母はベッドを置くのを嫌がりぬ 万年床は趣味に合はぬと

063:丁
「丁度よい」と十歳が言ふ9号の私のブラウス試着してみて

064:裕
負けてなほ敵を讃える余裕あり 試合慣れした高校生は

065:スロー
躓きて倒れし時のわが動きスローモーションで脳裡に残る

066:缶 
「缶切りがないぞ」と怒る夫には〈探し係〉のロボットが要る

067:府
東京が府でありしころ生れ来て夫も私も七十を超ゆ

068:煌 
夜更けて煌きの増す北斗星 まちの明かりが消えてゆく頃

069:銅
銅メダルの選手の方が銀よりも幸せさうな満面の笑み

070:本
もう本を置く場所のないわが家に夫も我もまた買ひて来る

071:粉
美智子様を「粉屋の娘」と報じゐき ご婚約時のニューヨークタイムズ

072:諸
「諸星がウルトラマンだ」と見破れり当時五歳の少年タカシ

073:会場
会場は母校の傍の「美登利すし」 毎年同じ月の同じ日

074:唾
固唾飲み見つめる子らに笑ひかけマジシャン見事に鳩を出したり

075:短
気短な夫がそろそろ焦りだす 「ちょっとまってね、今、靴を履く」

076:舎
高校の校舎の裏に咲きてをり和菓子のやうな乙女椿が

077:等
平等院鳳凰堂の飛天たちmy cloud(マイ・クラウド)を一つづづ持つ

078:ソース
ニュース・ソース解らぬままに届きたり 友が離婚せしとのうわさ

079:筆
穂を揃へ小さき土筆が群生す風の涼しい夏のゲレンデ

080:標
標本木にひらく桜を数へつつ開花宣言待ちかねてをり (靖国神社にて)

081:付 
摘みて来し蕨を茹でて付け合はす  豆腐ステーキのヘルシーチョイス

082:佳
勝代さんが表記を「佳津予」に改める 占い人の忠告により

083:憎
憎むほど人を愛せしことなくてむしろ平坦 われの半生

084:錦
錦織のサーブの写真の表情の険しさが良し 眼光りて

085:化石
指さして教へてもらひ岩肌の木の葉の化石にやつと気付けり

086:珠 
ひさびさにケースより出して拭ひたり母の遺品の真珠の指輪

087:当 
当然のごとくに黙つて席につく いつもの店のランチの時間

088:炭
一日中やかんに湯気を立ててゐき 練炭火鉢を茶の間に置きて

089:マーク
坂道でグググググッと追い抜かる初心者マークをつけた車に

090:山 
チベットの寒き山より移植され植物園に空色の芥子

091:略 
葬式は省略せよと夫が言ふ 一応「はい」と受け流したり

092:徴 
特徴はキャラメル一つの隠し味母の秘伝のビーフシチューは

093:わざわざ
「近くまで来たものだから」と言い訳すわざわざ来たのが照れくさくつて

094:腹 
班(はだら)雪まだ消え残る山腹にグレーシャーリリーうつむきて咲く

095:申
今日こそは明日こそはと思いつつ確定申告ぎりぎりになる

096:賢
竹林の七賢人のごとく酌み老夫とその友政治を嘆く

097:騙
階段はゆつくり降りる右膝の関節痛を騙しなだめて

098:独
一人でも孤独ではない夏の夜 「笑点」を見て笑ひこけたり

099:聴
暮れ遅き夏の公園「ジュピター」の野外演奏を歌ひつつ聴く

100:願
願ひごとはたくさんあれど先づ一つ「今日がよき日でありますやうに」






最終更新日  2015年06月06日 02時29分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類


「近くまで来たものだから」と言い訳すわざわざ来たのが照れくさくつて






最終更新日  2015年06月05日 08時05分34秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

特徴はキャラメル一つの隠し味母の秘伝のビーフシチューは






最終更新日  2015年06月05日 08時01分24秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

葬式は省略せよと夫が言ふ 一応「はい」と答へおきたり









最終更新日  2015年06月05日 07時11分35秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

チベットの寒き山より移植され植物園に空色の芥子







最終更新日  2015年06月05日 07時06分37秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

坂道でグググググッと追い抜かる初心者マークをつけた車に







最終更新日  2015年06月05日 07時05分26秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

一日中やかんが湯気を立ててゐき 祖母の茶の間の練炭火鉢







最終更新日  2015年06月05日 06時59分55秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

当然のごとく黙つて席につく いつもの店のランチの時間






最終更新日  2015年06月05日 06時56分16秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

ひさびさにケースより出して拭ひたり母の遺品の真珠の指輪






最終更新日  2015年06月05日 06時54分16秒
コメント(0) | コメントを書く

全884件 (884件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 89 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.