912134 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

極真会館大石道場 大石代悟範士 空手日記

全2184件 (2184件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019.10.13
XML
カテゴリ:極真空手
​​​​​ ロシア遠征 追記

 今回は、総極真全日本チャンピオンで、現在二連覇中の日下部尚人君(大石道場)と、

本年度全日本5位の百富悠君(門馬道場)の2名も同行した。今回は、この若きチャン
ピオンと若きファイターを連れて行って、本当に良かった。特に尚人君は、型でも全日本
で優勝している。真の二刀流である。

​​↑飛び蹴りを見本を行う、日下部弐段(手前)と百富初段(奥)​​


 セミナーの初日、基本稽古の後に、この二人に型をやってもらった。途中から尚人君
一人になり、太極Ⅰ~Ⅲ、平安Ⅰ~Ⅴ、撃砕大・小、安三、最破、突きの型、十八、臥龍、
征遠戦、観空、五十四歩と全てやった。約30分、見応えがあった。やり終わった時の、
多くの道場生と見学者の反応がそれを物語っていた。一瞬の静けさの後、本当に割れる様な
拍手が鳴り止まなかった。
 そしてその拍手は、次の組手への期待感でもあった。それは、型を通して組手の強さを
感じたのである。この尚人君の組手を見てみたい、という期待感である。

↑型を行う百富初段(左 手前)と日下部弐段(右)


範士が型を披露される(左 最破・右 五十四歩)


 それに応じる為、最初に百富君が足をケガしているので、お互いパンチだけの約束で、
10人連続の組手を行った。百富君は体重63kgの軽量ではあるが、ベンチプレスで120kgを
上げるなど、大変強い筋力を持っている。その上で、確かなテクニックも身に付けているの
で、対戦者10名の内、私が主審をして一番近くで見ていたのでよく分かったが、2人~3人
はパンチで技あり寸前まで追い詰めた。対戦者は皆、百富君よりも1回りも2回りも大きい
​者ばかりであった。大変迫力のある、中身の濃い10人組手であった。

​↑百富初段 組手​


 尚人君は、15人連続の組手である。お互いフリーで、自由に戦う。観客の、型からの
期待感が組手へと一気に盛り上がった。館内の空気は、緊張感と期待感で一杯になった。そ
の中でスタートした15人組手であった。
 現役の全日本王者。毎日、毎日、内弟子生活の中で稽古に明け暮れ鍛え抜いた力と技と
精神力は、若干20才の強靭な肉体と相まって、躍動感と、地に足のついた安定感と、尚人君
独自の独特な間合いとリズムの中から繰り出される技の数々は、観る人達を引き付けて離さ
なかった。
 あっと言う間の15人組手に感じた。毎日毎日の稽古の積み重ねの、真の底力を感じた。
​​稽古というのは本当に、無限の可能性を引き出してくれると。

↑日下部弐段 組手

​​

 終了した後の道場生や観客の反応は凄かった。特に、少年部は大変だった。型と組手の
全日本チャンピオンを生で、目の前で見たのである。本当に、尚人君と百富君を連れて行って
良かったと思った。

 この追記を書き終えた時に、新しく加盟した、エジプトの責任者から直接、私に連絡が
入った。「世界大会には必ず参加します」と。私の事を大変良く知っていると、何度も言って
いた。お互い、片言の英語であるが、肝心な心を伝えるのは、易しい英語の言葉で充分伝わる。​​​






最終更新日  2019.10.13 14:33:11
2019.10.11
カテゴリ:極真空手

 

 ↑セミナー参加者に渡された認可賞状
 
 ↑参加した黒帯
 
 ↑参加者一同
 
 ↑範士の基本稽古指導(前蹴り上げ)

 ロシア遠征。6年振りであった。今回のセミナーは、大変実りあるものだった。私が今迄
生きて来た道のりの中で出会った、大切な人達が沢山いた。

 主催者のガリビアン師範と、アルメニアから参加したデイビッド師範は、私が25年前に初め
てロシアのエカテリンブルグに指導に行った時に参加していたのである。デイビッド師範は、顔
の特徴が大変濃いので、その上、組手がエネルギッシュでファイトむき出しなので、覚えていた。

 カザンから参加したイスラー師範は、弟と共に19年前に同じく、エカテリンブルグで私の指導
を受けたとの事。当時の私の稽古は大変厳しかったと思う。特に最初の25年前の指導は、1日2
回なのだが、1回が2時間30分~3時間。基本が終わったら、殆ど休み無しで移動稽古→型→
組手と、お互いの根性の比べ合いの様な稽古であった。私もただの一時も休まない。すると、彼等
も休まない。苦しくても絶対苦しい顔をしない。すると、彼等も絶対苦しい顔をしない。19年前
のイスラー師範の時も全く同じ稽古をした。イスラー師範は、現在カザンで、兄弟で道場をやって
いるが、大変実力のある、ロシアでも有数の大きな道場である。

 本当に苦しい稽古をすると、苦しさとそれを乗り越えた時の克己心と、口で表現出来ない心の
充実感というか、満足感というものを共有するので、自然と心が通じ合うのだと思う。あの時の
厳しい稽古の時以来、彼等はロシアの地から、事あるごとに私を見ていたそうである。私には
いろんな事があったが、彼等はその事をよく知っていたのである。苦しさの中で通じ合った心は、
何十年経っても風化されないのである。私は今回、彼等と会って本当にそう思った。

 今回、ガリビアン師範とこのセミナーを支えてくれたアントン師範は、10年前私がソチへ
指導に行った時に参加していた。現在は、モスクワでの稽古と、母国のイスラエルで二カ所目の
道場をやっている。
 シベリアの近くのクラスノヤルスクから参加したサーシャ参段は、16年前に沼津本部道場へ
稽古にやってきた。その後数回、沼津に来て稽古をしている。
 モスクワのアレグ師範は、14年前に私がソチに指導に行った時に参加している。そして今年、
日本に来て五段の公認審査を受けた。
 今回参加出来なかったが、パブリュク師範とその弟子達は、11月の下旬に沼津に稽古に来る。

 総極真は、他団体との大きさやイベントの比べ合いを目的にしたものではない。自然な形で成長し、
少しづつ大きくなるのは良いが、決して無理に大きくなったり、数を追ったりしない事だ。
 向こうは10人しかいないがこっちは100人だ、と言って得意がる。向こうが1000人になっ
らどうするんだ。大事な事は数ではない。信念だ。敵は100万人いれども我行かん、という強い
信念だ。

 組織の数の多さや、イベントの大きさの誇示を、話題の中心にしない方が良い。武道の世界の
話題の中心は、お互いの空手観や稽古への取り組み方、指導の方法等々。それだけでも話は尽きない。
 空手の稽古は受けと攻撃だけだが、修行と捉えれば、この受けと攻撃の2つを通じて、強さも
希望も目標も、礼儀も礼節も全て学ぶ事が出来る。

 総極真と言っているのは、他団体との識別の為なのである。私達は、正真正銘の極真会館。極真
空手なのである。胸のマークの「極真会」の3文字の中には、大山総裁の魂が入っているのである。
だから、「極真会」の3文字は私達の誇りであり、勇気である。そして、
無限の可能性がある。

 押忍​​​​​







最終更新日  2019.10.12 13:17:53
2019.09.25
カテゴリ:極真空手
​​ 大石範士 静岡市内に新道場開設
 (フルコンタクトKARATEマガジン より)







最終更新日  2019.09.25 12:32:42
2019.09.16
カテゴリ:極真空手

​​ 9月9日、中国から徐先生他2名が、範士に稽古を付けてもらう為に来日しました。
 稽古の他にも、中国の現状や、世界大会に向けた話し合いも行われました。
 徐先生は、近い内に再来日し、今度は1週間程集中して稽古を付けてもらいたいとの
 希望を話していました。

 
 範士と徐先生

 ​

 
 
 
 
 













最終更新日  2019.09.16 13:47:56
2019.09.04
カテゴリ:極真空手
 山梨県大会

 今回は大変良かった。型試合は見応えがあった。
 帯別の各クラスは、準決勝、決勝戦と、見ている人の心を引き付けるものが
あった。帯の色が上がってくるにつれ、型の中に組手の強さを感じる事が出来た。
事実、
型の優勝者が組手でも優勝する、総合優勝者が何人も出ている。

 長い間積み重ねてきたものが、ようやく実を結んできたと感じた。
 近頃は、やたらと組手試合に型試合を抱き合わせた大会が目に付くが、それとは根本的
に違う。主催者が凡そ、型稽古をしているようには見受けられないのに、型試合の大会を
やれば、その大会の型は見た目の上手さや表現力(何を表現しているのか分からないが)
を重視して、型試合と組手試合と全く別の試合になってしまう。型試合に出る人は、型
だけの稽古をして、組手試合に出る人は、組手だけをやるという風になってしまう。実戦
空手の型とは別のものになってしまう。型試合だけに出る人は、「私は型試合に出るの
だから」と言って、見た目の上手さや作った表現力だけを追求し、極真空手の型とは程遠い
ものになってしまう。

 極真空手の型は、普段の稽古体系の中から生まれるものである。型だけやっても効果は薄い。
 基本→移動→型→組手
 この稽古体系の中にあるのであって、組手をやって初めて、型は生きるのである。






最終更新日  2019.09.04 12:43:07
2019.08.29
カテゴリ:極真空手

 範士に稽古を付けて頂く為、ロシアより来日しているロマン氏とその道場生が、
範士に伴われて山梨で滝行を行うと共に、座禅を組みました。

↑範士とロマン氏(右)、道場生達







↑座禅を組む












最終更新日  2019.08.29 12:05:55
2019.08.26
カテゴリ:極真空手
 ~2019廣重杯極真空手道選手権大会~

 令和元年8月24日(土) 川崎市とどろきアリーナ

  拳武会主催の2019廣重杯極真空手道選手権大会、大石道場からは小学生~高校生の選手が
参加し、高校生は一般のクラスに参戦しました。
​​ 一般女子重量級は、高校生の田代妃羅さんが昨年のチャンピオンを上段回し蹴りの技ありで圧勝!
一般男子の部で入賞した3名も高校生で、次代を担う多くの若手が活躍しました。

​一般女子重量級   優勝   田代 妃羅 (西平松)​
​一般男子中量級   第3位  長島 寛明 (清水町)​
​一般男子中量級   第3位  吉田 悠大 (清水南)​
​一般男子軽量級   第3位  望月 皐月 (清水南)​
​中学2・3年軽量級 第3位    田代 修羅 (西平松)​
​中学女子中量級   第3位  田代 羽羅 (西平松)​

​​

​​​​大会を終えて​

​一般女子​

​一般男子中量級​

一般男子軽量級​​







最終更新日  2019.08.26 10:47:12
2019.08.21
カテゴリ:極真空手
令和元年8月10日(土) 沼津市民体育館
気温30度超えの猛暑の中、沼津市にて静岡県東部地区の夏季審査会が行われました。

​​~アルバム~​​









 
 














最終更新日  2019.08.21 12:33:12
2019.08.12
カテゴリ:極真空手
​​​​​​​​ 今日は長い一日であった。
 午前から午後にかけて東部地区の審査会。夜は曲金道場の3回目の稽古。

 3連休の初日にも関わらず、沢山の道場生が稽古に来てくれた。
 この前、日記を書いた時は太陽が見えない日が続いていると書いたが、
今はその太陽に毎日照り付けられ、猛暑の日が続いている。

 そんな中の今日の稽古であった。曲金に来る道場生は皆、真剣なので、
稽古もやり甲斐がある。ただ、当初の想定したイメージとはだいぶかけ離れて
いる。最初は、本当に一人・二人からと思っていたが、これはこれで良いと思う。


稽古前


基本稽古の応用の説明


前蹴上げ


多くの道場生が参加した


茶帯による飛び蹴り


型稽古


全員が参加して組手稽古


稽古を終えて

















​​​​​​​






最終更新日  2019.08.12 10:41:51
2019.07.31
カテゴリ:極真空手






最終更新日  2019.07.31 12:58:07
このブログでよく読まれている記事

全2184件 (2184件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.