903885 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

極真会館大石道場 大石代悟範士 空手日記

2013.03.04
XML
カテゴリ:極真空手
 昨日は、公認審査会であった。北海道・東京・山梨・福井・静岡・岐阜の各都県から、19名が受審した。基本、型、補強、組手と進んでいく。見学者の数も多い。時間と共にその数は増えていった。

 型の審査。茶帯、初段、弐段、参段、四段と分れて行われた。茶帯の型は良かった。何が良かったとか言うと、型を行うのに迷いが見られないという事である。周りの見学者の眼を気にしないという事である。必死になって、自分の持っているもの、今迄やってきた事を型を通して出し切ろうという姿である。気迫・気合が心に伝わってくる。
 前日、千葉県大会で型試合を見たが、私は今日の茶帯の人達の型に心を惹かれた。

 組手は、40人組手の今城先生が途中、アキレス腱を切断するという大事故に見舞われたが、見事、最後までやり通した。普通では、立つ事も出来ないはずである。福井からの多くの弟子達の応援と極真精神が、もう一つの足となって支えたのだと思った。
 太田先生の50人組手も良かった。型の時とはまるで別人ではないかと思える程であった。






最終更新日  2013.03.04 10:38:38

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.