661061 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

rennsport apotheke

PR

Profile


た”いこ”ろう

Freepage List

Category

全780件 (780件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 78 >

2017/05/10
XML
カテゴリ:car event


台湾時代の同級生のタカシが86/BRZレースのプロフェショナルのレースで大分オートポリスへ遠征。
私もまんさくレストアパーツBS86チームのピットクルーとして参戦しました。

予選ではそこそこのタイムで走れる我がチームでしたが、決勝で周回を重ねるとズルズルとタイムを落として後退・・。今まで低迷を余儀なくされていた我がチームでしたが、蓄積したデータを解析していくうちに打開策を掴みかけていました。



谷口信輝選手のマシン。

木曜日にサーキットに入った私たちは、課題を克服すべくトライアンドエラーを繰り返します。



土曜日の占有走行前に、タカシの片方のレーシングシューズの紐が不吉にも切れました。

日曜日の予選前には、もう片方の靴紐が切れて・・・。



あまりジンクスとか気にしない能天気なタカシも不安がよぎります。予選に入るとマシントラブルが発生。コースアウトをしてしまいました。マシンを修理して決勝に挑むためにピットは慌ただしくなります。
すると決勝前にはトルクレンチがぶっ壊れる始末で・・。



痛恨の最後尾26番手グリッド。先頭ははるか先・・。



なかなか抜かせてくれないプロクラス・・。どこまで挽回できるか!??

決勝がスタート。織戸選手の後ろにピタリとつけたタカシは巧みなレースさばきに助けられて数台をパス。



順調に周回を重ねるタカシ。課題だったタイムの落ち込みもなく織戸選手に肉薄!!



レースは遂にポジションを上げて織戸選手を抜いて20位でフィニッシュ。やっと長いトンネルを抜けた我がチーム。次の富士は待望の上位!?期待してるばい。






Last updated  2017/05/10 10:22:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/08
カテゴリ:car event


WRCに復帰したトヨタさん、ラトビアさんのマシンのようなヤツを持ってきてました。とんでもないディフーザーがついてますね。



WRCを走ってたアライさんのマシンはリアデフトラブルで後退。



シトロエンも出場。



ストラットの角度がすごい。さすがおフランスのクルマ。設計が独特のようです。






デフトラブルのアライさんのチーム。サービス時間制限40分であっという間にリアデフユニットとサスペンションを交換。
トップチームはドライバーだけでなくメカニックの技術やチームワークも凄いです。パドックも戦場ですね。いい仕事を見せてもらいました。






Last updated  2017/04/10 09:13:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/04/06
カテゴリ:car event



318is 4ドアが老朽化の為に抹消登録。
しれっと去年の12月よりR55 ミニに乗ってます。
クラフトガレージにてオイル交換を行いました。






Last updated  2017/04/06 10:10:18 PM
コメント(2) | コメントを書く
2017/04/01
カテゴリ:bicycle






風の強い春。ロードで駆け抜けました。






Last updated  2017/04/06 09:57:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
2017/03/22
カテゴリ:bicycle



タイヤが摩耗してたびたびパンクを繰り返していた我が愛車。

2016Ultimate CF SLXの純正で装着されていたマビックのパワーリンクタイヤがあまりにも高価だったので、日本製であるIRCのASPITEに交換。

ケーシングがかなりしっかりしていて装着するのに一苦労。出先でのチューブ交換は大変な予感。しかしこれだけケーシングが硬かったらパンクする確率はかなり低いでしょう。

同社のタイヤはいろいろ試しましたが、かなりフィーリングが違います。チューブレスはモータースポーツのハイグリップタイヤのようなもっちりとしたまとわりつくグリップでしたが、このタイヤはかなり精密に設計されているようで転がりが軽い。

タイヤサイドに車の低扁平スポーツタイヤのリムガードのようなフラッターが装備されてリムとタイヤの段差が解消されてスポーティーな外見がクールです。

120キロを一気に走りました。メーカーの謳うエアロ効果は体感出来ませんでしたが、かっこいいので気に入ってます。






Last updated  2017/04/07 10:12:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/08/07
カテゴリ:car event
今年も耐久の季節がやってきました。レース前日に兵庫に入った私はチームのたけちゃんと合流。面白いところがあるよと近所のスナックへ。するとライバルチームの方も前夜祭で飲んでました。情報交換して楽しいひと時を過ごしました。

翌日セントラルサーキットへ。


我がチームのピット前にはマルニが。







去年までマルニで走っていた我々のチームですが、今年から黒い318isにスイッチ。今年は気楽にいこうということで5時間クラスに参戦。





昨日の前夜祭で楽しいひと時を過ごしたワークスイケダのマシンは満身創痍。この耐久の厳しさを物語っています。





今年も熱い走りのROSSO号。熱血九州男児の西山編集長の力走!!今年もレースの取材なんてカメラマンに任せて、レーシングドライバーとして走りに集中してました。いつも本気!だから誌面も面白い。



今年は我がチームのエース、カーキチやんさんと料理長のmasaさんらが欠場。昼にはたけちゃんが慌しく料理の腕を振るってました。

今日の気温は高く、タイヤにもマシンにもドライバーにも過酷。たびたび赤旗で中断する始末。そんななか、我がチームのマシンは順調に周回を重ねます。





レースの終盤にチームのみんなの好意で最終走者を務めさせてもらいました。レース終盤は3時間の部と1時間の部が合流するのでコース上はとんでもない混雑ぶり。しかしこのレースを走るドライバーはドライビングが上手なので安心してサイドバイサイドで走れます。

ホームストレートにはレースを見守るほぼ全員が詰め掛けてて、異様な熱気。
皆が手を振って称える歓声のなか、チェッカーを受けました。感情が高まり、感無量、貴重な体験をさせてもらってチームの皆に感謝です。



クラス優勝のオマケももらって、歓びは倍増!今年の夏も暑かった!佐賀からはるばる遠征した甲斐がありました。皆さんありがとうございました。

たけちゃん、お土産までくれたたけちゃんのお父様、見事なメンテナンスで安心して走れました!稲坂自動車の皆さん、ドライバー各位、レンズキャップを届けてくれた西山編集長、ありがとうございました!!






Last updated  2016/08/15 10:28:43 PM
コメント(4) | コメントを書く
2016/07/24
カテゴリ:bicycle
前日の福岡市で開催されたナイトラリーは道に迷って時間切れ。失格となりました。
気を取り直して、熊本県の御船町で開催されたダウンヒル大会を視察しました。
高速を降りると、道は激しく波打っています。沿道のお店も営業を休んでいる店舗も少なくありません。
吉無田スキルパーク周辺も震災によるダメージが大きく、公園内の集会所は最近まで避難所になっていたそうです。
そんな震災による爪痕が残っているなか、関係者の努力でチャリティーイベントが開催されました。

s-001 - コピー.jpg

九州MTB界の有名人、オバキュー校長。クロカン車でも速い。

s-015.jpg

北九州のショップが持ち込んだファットバイク。レフティフォークにカーボンフレームで走りは軽快。
特に限定車ではないですが、国内の販売実績は驚くほど少ないそうです。限定車よりレア。

s-021 - コピー.jpg

私の2001年モデルのキャノンデールにテーパーコラムのフォークをインストールしてくれた大橋の凄腕メカニックのタケボウさん。
日本では見かけることの少ないモンドレイカー。変わったジオメトリーですが、理にかなっているようです。接地感が高そうな走りの印象を受けました。

s-023.jpg

s-043 - コピー.jpg

ワールドカップライダーの経歴があるヒラバイクスの店長さん。今日は乗れてないのか転倒してました。最速の転倒速度に驚きました。

s-051.jpg

少年は乗れている!!ジャンプ、空中姿勢、着地と一連の動作が美しい。

s-067.jpg

私もエントリーしとけば良かった! 施設内にパンプトラックがあるのですが、その練習にはまりました。ペダルをこがなくても進むのが面白い。
吉無田スキルパークの営業再開を嬉しく思います。復興を祈ります。






Last updated  2016/07/31 11:39:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/07/07
カテゴリ:bicycle
私は最近、納豆が食べれるようになりました。昔は大嫌いだったのに。
自分自身は嗜好は頑固で保守的だと思っていたのに。この嗜好の変化は私的には大事件だったのです。

今までずっとアナログの時計を愛用していました。デジタル時計は嫌いで着用してませんでした。・・・が!!


MTBラリーに参加するようになって、エントラントと交流を持つようになりました。関西から遠征する強いライダーがABC時計をしていて、初めてその存在を知りました。

ABCウオッチとは、気圧計、高度計、方位磁針を備える時計です。特に目印もない山岳路を走っていると、迷っていることに気付くのに時間がかかることがあります。ABC時計があれば高度が把握できるので、地図の標高線と照らし合わせてミスを早く気付くことが出来るそうで・・。

そんな性能とかよりも、女性ライダーの腕に付いている時計の表記に眼が釘付けに。デジタル時計なのにアナログで表示されていて、ロー○ックスのデザインになっていたのです。

第三者が作ったプログラムが公開されていて、各自にダウンロードしてカスタマイズ出来るとのこと。
それは楽しそう!!!

時は流れて、お小遣いが貯まって遂にポチって導入。GARMIN FENIX3J HRです。

s-003.jpg

筐体も肉抜きされて軽量な仕上がり。梨地仕上げで高級感があります。

s-004.jpg

専用のクレードルで充電。ケースの肉抜き部にクレードルの爪がガッチリとホールド。精密感が素晴らしい。

s-005.jpg

光学式心拍計。この部分のでっぱりが装着感をスポイルしてますが・・。もう慣れました。

s-006.jpg

さっそくウェブサイトに公開されている中から好みのウオッチフェイスをダウンロード。

ロードバイクに乗って遠出しましたが、サイクリングにアクティビティを選択して走ったら、心拍計も鮮やかでスピードメーターも正確。気分も盛り上がっていたら、往路で電池残量低下で真っ暗に・・。
帰路はむなしく電源の入らない真っ黒な画面で走りました。ほろ苦いデビューとなりました。
GPSと心拍計を同時に使ったら電池の消耗が激しいようです。

機能を常時じゃなくて任意に設定にしたらバッテリーはかなり長持ちするようになりました。スマートフォンやスマートウオッチのように毎日充電する必要はないようです。

まだ使いこなしているとは言えない段階ですが、個性が際立っていて気に入っています。












Last updated  2016/07/09 11:08:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/07/03
カテゴリ:bicycle
バーとステムはイーストン社の35ミリのヤツにしました。

s-014.jpg

切断。幅は70センチにセットしました。今までが58センチ幅だったので随分と印象が異なります。

s-015.jpg

六角レンチを新調。PB社のは精度とか滑り具合とか使っていて心地良いです。

s-017.jpg

グリップは黄色を選択。黄色のグリップはなかなか店頭に在庫がなくて入手にてこずりました。

s-018.jpg

もう随分前に愛車はこのカタチになってたんですが、雨が続いていて撮影出来ませんでした。今日は久しぶりに雨が止んだので外で撮影。

s-001.jpg

s-002.jpg

s-004.jpg

s-005.jpg

前傾姿勢が弱まってママチャリのようなリラックスしたポジションに・・・。なかなか慣れません。平地と登坂は明らかに遅くなりました。山に持ち込んだら、剛性の高いハンドルとよく動くサスペンションでよく走ります。






Last updated  2016/07/03 10:53:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/06/11
カテゴリ:bicycle
春の大分のラリーで破損したフロントフォーク。

s-DSC_0295.jpg

2001年モデルのキャノンデール・ヘッドショック。ヘッドショックはパーツの供給が終了した為に一般的には修理が出来ません。アメリカの問屋さんなどと幅広い人脈を持つ福岡市大橋にあるタケボーチューンに修理が出来ないか相談してみました。

どうやらアメリカの在庫をあたったら、修理は可能なようです。しかし、タケボーさんの提案では日進月歩のサスペンション。設計の古いフォークを部品を輸入して修理するぐらいなら最新機種に換えたほうが信頼性もメンテナンス性も高まりますよ!とのこと。
各社のサスペンションをオーバーホールしているタケボーさんによると、ヘッドショックはエアーピストンなど耐久性が要求されるパーツが樹脂製だったり・・。利点も弱点も知り尽くしているようです。

だったらお願いします! とショップに愛車を預けました。

キャノンデールのヘッドショックのヘッドは2004年頃から1.5インチ規格になっています。リセット社の市販アダプターを購入すると容易に最新のテーパーコラムのフォークのインストールが可能になるのですが・・・。
しかし!! 私の2001年モデルは1.5インチとも微妙に異なるサイズの為に市販のアダプターでは最新のテーパーコラムのフォークの取り付けは不可能です。

タケボーさんが精密に部品を採寸してケーンクリーク社の最新ヘッドパーツが取り付け可能なアダプターをワンオフ製作してもらいました。

s-009.jpg

かなり精密な設計のようです。ジオメトリ変化が最小限になるよう、各部のサイズを可能な限り狭くキッチキチに設計してあります。

フォークのベアリング当たり面はフェーシングしているために、ハンドルの回転がとても軽いです。フォークのクラウンもダウンチューブにギリギリ当たらない絶妙な寸法取りになっています。

s-010.jpg

ヘッドパイプとツライチの寸法の為にすっきりした外見がクールです。

s-008.jpg

s-011.jpg

フォークはSRサンツアーのエピクソン。15ミリスルーアクスルでフロントの剛性が大幅にアップしました。

s-012.jpg

怪我の功名。壊してしまったものの、各部を強化して復活することが出来ました。

s-013.jpg

お店の前にある〒ポスト。おそらくここのポストが九州で一番光り輝いているハズです・・・。

つづく・・。






Last updated  2016/06/14 10:10:33 PM
コメント(2) | コメントを書く

全780件 (780件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 78 >

Comments

た”いこ”ろう@ Re[1]:オイル交換(04/06) masaさん すみません、長らく確認していま…
masa@ Re:オイル交換(04/06) ということは、isは耐久マシンに変身で…
だいごろう@ Re[1]:2016夏のウルトラ耐久(08/07) たけちゃんさん ありがとうございます。い…
たけちゃん@ Re:2016夏のウルトラ耐久(08/07) 今年も参加ありがとうございましたm(__)m…
た”いこ”ろう@ Re[1]:2016夏のウルトラ耐久(08/07) 料理長masaさん 今年はレースクイーンの移…

Recent Posts

Favorite Blog

プチ大冒険?(爆) New! tiexperienceさん

CARLO ZoSoBowZさん
Early ALPINAの世界 fwnb0499さん
BMW2002  気まぐれ… 02Netさん
Vitalize Bicycle K'z-cyclistさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.