2018.01.29

三頭山の樹木(2)

テーマ:山梨の山(174)
カテゴリ:山と生きる
ミズナラ
「コナラは大きくなってもコナラです」というのは醍醐山でよく聞くギャグですが(笑)
これは別名オオナラです。

ブナ科コナラ属オオナラです。
コナラ属はヨーロッパではオークと呼ばれる建築材ですが、中でもミズナラ(オオナラ)は良質です。

ダケカンバ

ごつい白樺と覚えれば当たらずといえども遠からず。

ヒノキ(左)、コナラ(右)


ヒメシャラ(ナツツバキ)


リョウブ

令法と書きます。リョウホウがなまってリョウブと呼ばれるようになりました。
葉が食べられることから救荒食物として栽培を奨励する令法が出されたようです。
背負子(しょいこ)や農具の柄にも使われ、炭にしても良質の「使える木」として愛されてきました。

ホウノキ

モクレンの仲間です。

ホウノキの葉

朴葉味噌でおなじみのほう葉です。

ウリカエデ

日本にだけあるカエデです。





TWITTER

Last updated  2018.01.29 06:00:14
コメント(0) | コメントを書く