000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

雪山放曠綴り

PR

Freepage List

Category

Calendar

Archives

2017/09
2017/08
2017/07
2017/06
2017/05
2017/04
2017/03
2017/02
2017/01
2016/12

Wishlist

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

Keyword Search

▼キーワード検索

2011/05/20
XML
カテゴリ:雪山アイテム
妄想が膨らんでいるうちに打つ手を考える。

<スプリットさせる板>
現在所有している板はそれぞれ特徴があって気に入っている。
それらをイヂりたくないので、増設しようかと。
当然、その手の板をチョイス。
これからネット徘徊の日々を続けて、良いものを格安入手する所存。
これから夏でシーズンが終わるから相場が下がる??

<インターフェイス>
最初なので、低価格で提供されているボレーDIYキットで始めようかと。
そのうち画期的なインターフェースが出てくる気もするが、まあ初めてなので情報が多いヤツで。

<改造について考察>
スプリット関係のブログをあちこち徘徊して読ませて頂いてます。
参考になりそうな内容を踏まえて改造計画を立てていく。
大きな失敗するのが嫌な改造なので、考えうることは事前に想定しておく方が後々楽だと思う。

・割り
自力でキレイにカットしている方も居られますが、真っ直ぐ切る道具を持ち合わせていない。
切る工具買っても良いけど、買った後の使い道が無いので業者依頼だ。
幸いなことに、神奈川県内に加工を受け付けている会社があるので、直接持ち込みでお願いしたいところ。

・エッジ
自力改造している方々は、内側エッジ無し仕様が多いみたいですが、やっぱりエッジは欲しいです。
テレマークもやってるので、歩行モードのままテレまくり、したりして。。。。
エッジは、ラッキーなことに、ボード始める前に使ってた棒板スキーが有るんで、そのエッジを移植する手がある。

・フレックス
購入する板は、歩くことを考えるとフレックス硬めの板が良いと思っている。
が、硬めの板が入手できなかった場合、あまりに不安になるフニャ板なら、上面に薄板を貼付けて補強する、って手も。
材質は薄いSUS材か、カーボンシートか。

・金具取付穴位置
滑走用の穴は元々ついてるモノを流用。
使わない穴は塞ぐか?は成り行きで考える。

歩行モードの穴位置は、出来るだけ板の重心or重心の僅か前に来る様にすべきと。
登ってる時、板を持ち上げると板が前下がりになるのは疲労防止のためにも避けたい。
だけど、金具同士が接触するとか不具合が生じる場合も考えられそう。
じゃ、歩行モードのときは前後逆向きにすれば良いんじゃ?と考えるけど、板のフレックスが前後で違うハズなで板みて考える必要がある。

・穴周り強度
本来の位置でない場所に穴を空けると強度が心配なので、コジリの力を分散する様にカラーを入れるか、ヘリサート加工を考えるか?
そのあたりだと特殊部品になるけど、最近はヤフオクなどで特殊部品も手に入りそう。
薄板なのでネジ深さが浅いサイズが有るかがポイントだぁ。
相手のウッド部分は浸透性接着剤でネジ部が来る場所の地盤改良して強度アップも狙った方が得策だと思う。

ということで、最初の妄想でした。。。。
計画倒れにならなければ良いが。。。。

PS
区別しやすい様に、”割れ”関係の記事の題名の最初に”SPLIT”と書いていきます。

にほんブログ村 スキースノボーブログ バックカントリーへ
にほんブログ村






Last updated  2011/05/20 09:45:39 PM
[雪山アイテム] カテゴリの最新記事

Rakuten Profile


hayatoriさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
バックカントリー 

Free Space

設定されていません。

Comments

コメントに書き込みはありません。

Recent Posts

Rakuten Card


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.