629242 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

めざせ大金持ち!

PR

X

全2027件 (2027件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

カテゴリ未分類

Aug 12, 2021
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ロイターにリビアンの記事が有ったが、まあこういうのは特別だ。何度も言って来たが成長株投資家にとって現在の様な高値は買い時ではない。投機家は高値銘柄の空売りとか、シクリカル銘柄に入換えとか色々書いて有るが、すべて無視だ。一歩踏み込むと投機家に成り最終的に身ぐるみ剥がされてしまう。
A株のスクリーニングで上昇銘柄を見ればわかるが、玉石混交でもう駄目だ。何度も言って来た様に金融財政施策でA株さえゾンビも舞い上がる状況になっている。A株はいつも半期決算に反応するがほとんど往って来いになる。気付くまで何度か酷い目に遭った。
FRBのテーパリングの記事が増えて来たが、これから利上げに成れば確実に不良債権は増加して行く。悪くすればちょっとした金融危機に成る。皮肉な事だがリーマンの時と同様に米国よりおそらく周辺国の方が酷い事に成る。
中国株の中には未来から見れば割安なレベルまで下げているのは有るのだろうが、チャートを見ればわかるが続落の可能性が高い。実際買い戻してまた1/2で売却した銘柄も有る。追証の発生で担保株が売られる様な事が発生するから予測不可能だ。ただギャンブルに近いが皆が恐れている時に妙味が有るのも確かだ。
昨日は釣りに行ったが、雑魚しか釣れなかった。亀が一匹も釣れないなんて5年ぶり位だろうか?今年は大きなヤマカガシがヒキガエルのももに噛み付いていたのを助けたり、カラスに追い回されていたモグラを助けたり、変な年だ。どうせなら珍しい物でも釣れた方が良いのだが。






Last updated  Aug 12, 2021 10:45:48 AM
コメント(0) | コメントを書く


Aug 6, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回の相場は去年の3月のリバウンドも従来とは異なっていたが、2月にIPOブームが崩れたのに相変わらず指数は高値を更新している。おそらくロビンフッドだけでなく、かなりの数の大衆が米株指数買いに参加して来ているのだろう。テーパリングから利上げに関してFRB高官の発言が続く中、プロはこういう感じで買い進まない。テーパリングまで早ければ4ヶ月、どちらかと言うともう最後の馬鹿寄りの局面だ。
想像だが、リバウンドが急だったのと対称で下落も後発組の含み損が1~2割と膨らんだ所でいきなり来る様な気がする。素人には2割位の含み損が限界だろう。とにかく今回は素人の大量参入で現象が発生する時間軸が従来と違う、注意しないと嵌る。
まあそういう感じだから、昨日も言った様にESGとか夢が膨らみ切った銘柄とか安易な指数とかは避けた方が良いだろう。楽天証券のお知らせに1億総投資家云々あったが、こんな乗り遅れた人間の恐怖を煽る様な愚かなプロパガンダに乗らない事だ。この前も言ったが、本当に昭和的だ。私も昭和の時代マルコーの不動産投資セミナーに行ったが、結果は地獄だった。相場はバフェットさんが言われた様に沸いている時恐れ、暴落して皆が恐れている時に買いに行くのだ。まあ投資コンサルタントも自動車ジャーナリストも皆犬、飼い主にしか尻尾は振らない。
ぼーっとしている日本人はもちろん気付いていないだろうが、私が過去数年半端ない入換えをして来た訳だが、米中の産業のパラダイムシフトはかなり異常だ。米中だったら淘汰される様な企業がのほほんとしている日本は金融財政政策でそれこそ1億総ゆでガエルになっている。まあ夏休みに何を持って浮かぶかよく考える事だ。






Last updated  Aug 6, 2021 10:46:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 5, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
緑亀だとこの後釣れる事が多いのだが、スッポンは30分粘ったのだが釣れなかった。しかし今年は柳の枝の上で甲羅干しをしている亀も見かけないし、とにかく状況が変わってしまった。大洪水で亀は海に流されてしまったのだろうか?多い時は1日に5匹以上釣れていたのだが、まあ相場も川も状況は永遠ではない。しかし、相変わらず7~8cm位のモロコ・クチボソ・ニゴイばかりで餌の付け替えが忙しくて全く達成感が無い、いやはや困ったものだ。
なぜか香港のIPOがピタッと止まってしまったのだが、来週は理想汽車がセカンダリー上場するそうだ。私は米国の方でIPOの時買った。何度も言ったが自動車はEV化で参入障壁がほぼ無くなった、これからもどんどん参入が有る。それに中国でH・N社の販売が落ちている様に新参組の方がブレンドヒエラルキーが高いという奇妙な現象もある。まあ10年間言い続けて来たが、家電の二の舞は避けられない。
バイデン政権になってからESGブームに火が付いているので、これからこの辺りを現在買うのは懸命ではない、本物は残るが偽物は往って来いになる。もちろんそうなるまでどれが本物かわからないから厄介だ。下落時にナスダック100が一番下げると言っている人が居たが、そういう事だ。とにかくやり過ぎない事だ、過去30年そういう連中は皆消えた。日本のバブルも典型だが金融緩和での乱痴気騒ぎ、どこかで終わる。現状を標準などと思ってはいけない、ターボでバリバリに過給されている。
もちろん、そういう事で私は金融引き締めにも耐える様な本物を厳選している訳だが、現在の厳選がこのDecade上期のパーフォーマンスを決める。偽物を掴んだら来年往って来いになり二度と浮かばない。そういう事も有ってろくに売上げの無いような夢銘柄は避ける様に言った訳だ。
株は持っている以上肉を切られる覚悟は要る。しかし、肉は治るが骨まで切られるとゲームエンドになる。もちろん肉を切られて精神を病む人は、不動産も株も踏み込むべきではない。






Last updated  Aug 5, 2021 10:52:34 AM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 4, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
去年コロナ禍真っ盛りの頃、インドを筆頭にどんどん切って行ったが、遅ればせながらまた東南アジアを切っている。皮肉な事にまともな数銘柄が残っているのはベトナムだけになった。
AGFがレギュラーコーヒーを2割値上げという記事が有ったが、サプライチェーンが混乱しているのだろう。先進国のコロナは年内に収まるだろうが、新興国は数年はかかるだろう。まあこれもインフレが一過性に終わらないだろう一つの理由に成る。無理やり需要を創出するリフレ策がインフレを高進させるというこれもまた何とも意地悪な神様のいたずらだ。
ブラード総裁が経済の構造が変わったという様な事を言われていたが、確かにグローバル化で構築された効率的なサプライチェーンはガタガタだ。色々な物価が上昇するのは必然だ。
まあそういう事で、メインシナリオのインフレの高進~慌てた利上げで金融市場は混乱は維持だ。
欧米も大手は夏休みだし半月はめぼしいIPOも無いだろう。こういう時は薄商いを利用して為替やぼろ株を振り回す輩が増える。
成長株投資家にはこれからあまり良い事は無いが、振り落とされない事だ。やり過ぎた多くの連中は、骨を切られ消えて行くからノイズは減る、いつもと同じだ。






Last updated  Aug 4, 2021 10:34:23 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 31, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
10%をどう思うかは人それぞれだが、まあ大騒ぎした分位は下げている。先日も言ったが長期的にはポジティブだから持っていない株を買う好機ではあるだろう。ただ続落のリスクはまだ高い。
先週はSBI証券がOBやINSTもいきなり採用して来て戸惑ったが、この2銘柄は検討の価値があると思う、まあ先の事は検討してもわからないが。とにかく米国はIPOの洪水と書いている人が居たがそんな感じで本当にきりが無い。
米国はテーパリングの時期で色々な意見が出ているが、私は世界中ハトポッポなのでインフレ~急速な利上げを強いられると仮定している。そうなれば米株の下げは今回の中国株の比ではないだろう。最近は個人投資家が押し目買いに出るので下げないと言われているが、そんな事はいつまでも続かない。
とにかく衰退国の国民は、値上がりそうな物を持つに尽きる。






Last updated  Jul 31, 2021 03:07:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 29, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
何度か言った様に、米株ブームは早ければ来年には萎んで来ると思っているので私は買わない。昨晩はデュオリンゴのIPOだったがこれも買わない、MCGと同様で会社が極めて真っ当過ぎる。こういう堅実な所は暴利をむさぼる様な事をしない。
バロンズで思い出したのだが、R証券の追加銘柄にSOFIがあった。ちょっと慌てて買ってしまったのだが、ここもまとも寄りかもしれない。余談だがIVYリーグは学費が3000万円かかるそうだが、子供が3人いたら1億円かかってしまう、ちょっと腰が引ける。
先週後半から中国株は荒れていたが、難平を少々という感じだ。TALの暴落は以前書いたがあの時までに教育関係は皆売った。追証のせいだろうかドミノ倒しの様に他銘柄にも色々飛び火していたので何か買おうかと思ったのだがさすがにもう無かった。
色々見ていて思うのは、何度か言った様に金融財政政策でゾンビも舞い上がっているから現在はちょっと危ないという事だ。2~3年後にゾンビの終りの時が来るだろうが、10年前香港で最終的に上場廃止になったのとまだ停止中の予備軍を20銘柄も掴んでしまったから正直懲りている。N社が黒字化なんて記事もあったが、まあそういう事だ。アフターコロナに向けて業績が回復なんてのは100%信じてはいけない。
とにかく株価は膨らし粉がパンパンに効いている、現在買えるのは売上げ利益が伸びて高PERを消化して行ける所だけだ。ああ蛇足かもしれないが私は持っているが香港株にバーゲンは有る。
何度も言った様に中国は持続性に向けて色々な歪を解消している、長期的にはポジティブだろう。もちろん角を矯めて牛を殺す危険も有るが、輪転機で紙幣を供給して生活水準を維持しているよりは良い、こっちには持続性が無い。






Last updated  Jul 29, 2021 10:33:22 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 23, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
ギンコは以前記事を読んだ時買おうと思ったのだが、今回ZYで嫌まだ早いと思ったのだが、バロンズにZYがIPOしたせいだろう合成生物学としての記事が有った。アミリスはよく冗談で言う滑り台チャートそのものなので引っ掛かっていなかったのだが、それこそ10年で1/100になり2020年末から5倍になっている。正直こういう動きをする銘柄は、バイオ医薬で買った事は何件か有るが最終的には皆処分した。まあ基本的には買わないパターンだ。
先日から言って来た様にバイオ医薬の夢の領域からはだいたい撤退した、そしたらこういうのが出て来る。いやはや参っただ。まあ私はもうちょっと考えるが皆さんも考えた方が良いだろう。
一般的お話だが、夢銘柄はそれこそ10年で1/10なんてのは珍しくない。何度も言った様に研究としては面白くても商業ベースに乗らない事が多いからだ。
モデルナ・エヌビディア・ケモセントリクス・ラッキンコーヒーだって買う時に先の事はわかっていない、結果論だ。ただ0になっても失うのは種銭だが倍に成れば1銘柄死んだ分はカバーできる。この非対称性を統計的に機能させる事が重要だ。






Last updated  Jul 23, 2021 07:22:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 21, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
私自身はMCGよりオーロラ イノベーションの方がよほど興味が有るのだけど、R証券もSBI証券も取り扱いを始めなかった。今朝は百度が広州でもロボタクシーの運用を始めたという記事も有ったのだが、日本はこれもガラパゴスなのだろうか?まあLiDAR銘柄の方はほとんど死んでしまったし、ここからの連想なのだろうか。
確かに自動運転銘柄も軽く片手は有るし、ヴェロダインの様に先行していれば勝つとは行かないし、夢銘柄というのはこんなものだが、自動運転は確実に来る社会だ。ちなみに先進国では、副作用で車の保有が急減するとも言われているが。
SBI証券が3日待ちを解消した、これで売買ソフト面でR証券に大きく一歩近づいた。後は一般口座の損益や配当がまとめて見れる様に成ればハードで差は無くなる。情報面はSBIの方がかなりまともだ、私には必要ないが初心者には有用だろう。R証券の前時代的な講演会は止めた方が良い、洗練されたロゴ入りのスポーツタオルでも取引実績のある人間に配った方が宣伝広告には有効だろう。いや本当に昭和の講演会だ、こんなものに経費を使っていると思うだけで不快だ。このネット社会で竹中氏や西村氏から株式売買に関して何が学べるのか?おそらく若い世代にはネガティブだろう。
いや、今晩からR証券で買える銘柄の買い指値を入れたのでつかの間の一段落だ。






Last updated  Jul 21, 2021 02:19:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 20, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
暇なので午後から釣りに行ったが、昨日は最初雑魚も来ないので寄せ太郎を蒔いた。相変わらずモロコ・ニゴイの小さいのが来ていたがいきないバスが来た。おそらく寄せ餌に集まった雑魚を食べに来て食い付いたのだろう。知人が来て話し込んで行ったのだが6月に50cm位のナマズを釣ったそうだ、私がワクチンで行かなかった時だ、やはりナマズは産卵で遡上する6月が良い。ただとにかく7月とは思えない程食いが悪い、この時期ギルが1匹も釣れないなんておかしい。
明日からR証券の追加銘柄が買える様になるので何を売るか見ているのだが、どんどん切って来たのでだんだん難しくなって来た。CVACは、コロナワクチンの有効性が60%だったとかで往って来いになってしまったがバイオNテックとは対照的だ。mRNAでなければ即切るのだが、まあこういう意志決定の連続という訳だ。
バイオ銘柄はモデルナ・バイオNテックの暴騰で明らかに選別が強まっている、そういう事で私も希少病云々の夢銘柄は粗方切った。注意しなければいけないのは現状センチメントがまだらという事だ、おそらくポジションによって、アルケゴスの様にしくじった所と上手くやった所が有るのだろう。持ち株で半分になったのが少なくないからレバレッジを掛けていた所は大きく痛んでいるだろう。
しかし、科創板・創業板にふさわしい銘柄があまりない中国の現状と溢れる様なナスダックのIPOを見れば先端技術でそんなに警戒する必要は無いと思うのだが、米国は警戒し過ぎで自分の首を絞めている。この2頭立てで世界を牽引するのだろうが、このDecadeそれほど見通しは明るくない。






Last updated  Jul 20, 2021 11:15:46 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 19, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
もちろん私は買わない、ボロ企業だからでは無い、良心的な会員制クラブだからだ。まあフェラーリ株と反対だ。ここは株を持つ企業ではない、会員になって楽しむ所だ。もしフェラーリの様に暴利をむさぼる企業ならコロナ禍とはいえ2020決算が赤字は無いだろう、年会費37万円だそうだが、50万円にでも60万円にでもすれば良い、ここに良心が表れている。月3万円というのは大きな心理的な節目だ。とかなんとかで、なぜ今IPOしたのかよくわからない。株主総会で会費を上げろとか言い出す輩の相手をしなければいけない。
まあMCGの会費は企業の経費では落とせないだろうが、例えば車は6年で償却とか業務ソフトのサブスクライブの支払いは経費で落とすとか、法人は法人税を減らす事で実質支払いが日本では1/2にできる。法人相手のビジネスの価格にはこういう抜け穴がある。これが2Bビジネスのうまみだ。そういう事で企業登録の高級車は実質半額なのだ。自腹でアルベルを買う愚かさがわかるだろう。2Cビジネスで頭の良い側を相手にすると暴利は難しい。もちろん異なるセクターでは色々な事情は異なって来る、消費財・娯楽エンタメ周辺のお話だ。






Last updated  Jul 19, 2021 11:26:18 AM
コメント(0) | コメントを書く

全2027件 (2027件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


© Rakuten Group, Inc.