000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

めざせ大金持ち!

PR

X

全2021件 (2021件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

カテゴリ未分類

Jul 11, 2021
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
数字はあまり定かではないが中国では保有が1億台で年3000万台売れているという話だが、日本では新聞配達も早朝うるさいのだがまだエンジンのカブで来ている。最近コロナのせいだろうか道路に2倫車が増えたが、電動車はこの辺りで見た事が無い。
そんな事でNIUを思い出して見てみたらR証券が採用してから3倍になっていた。中国でもコロナ禍で公共交通機関を避ける風潮が有って2輪車が売れたそうで、EVブームだけでもないらしい。電動スクーターなんて参入障壁は低そうなのだが、NIUはスマートバイクという差別化で上手くやっているらしい。まあ2年半前の私の見込みは外れた。
そう以前も言ったが2月中から3割位下げているスクリーニングで気付いた中国株の上昇銘柄の検討をしている。NIUは米国上場なのでスクリーニングではなく連想だが。だいたいとんでもなく割高で3割下げてもかなり割高なのだが、成長モーメンタムに乗っている様なら買って置かないとマオタイ酒の様に逃がしてしまう。馬鹿みたいに上げていたイーハイは下げに転じているがこういう仕掛け臭いのも多いし、まあ銘柄選定が地雷原を歩く様なものだという事実に変わりはないが、暴騰後だけに更に1/2、1/3は有り得る。先週も人瑞人材はいきなり1/2になり切ったが、本当に酷いお話だ。
嫌中が88%だそうだが、猿山相手の日本のメディアの記事を読んで洗脳されない事だ。政治で最重要な事は経済と公平性と持続性だ、選挙の人気取りで芸能人を政治に引っ張り込む様な民主主義は既に堕落し衆愚化している。向こうは貧困層が減っているのにこっちは増えているが、これは更に進む。円が棄損したらそれこそ経済弱者は東南アジアの貧困層並みに成り兼ねない。まあその時自分の船は沈まない様に構築しておく事だ。






Last updated  Jul 11, 2021 11:15:16 AM
コメント(0) | コメントを書く


Jul 9, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
インフレが一時的か、恒久的かが問題だったのだが、変異株のせいでコロナが終わらない可能性が出て来た。英国が経済の正常化でこの社会実験を行う様だが、これでしくじったらこれがメインシナリオになってしまう。まあ重症化しなければそれこそどこかの馬鹿大統領が言っていた様に風邪となるのだろうか。
ファイザーも3回目接種の申請を出して来たし、イスラエルも感染者の55%はファイザーのワクチンを接種済みなんて言っているし。私自身打った翌日の昨日はちょっと不調だったのだが、もう一回なんて、いや毎年かもしれないし、困った事だ。今回は前回の様な頭のくらくらは無く、昨日風邪みたいな症状だけだった。ただ打った直後フラッと来たのでまずいかと思ったがすぐ収まって良かった。
原材料価格の上昇に対し中国の方が預金準備率を下げて来たが、ナスダックの好調に対しテック銘柄の規制問題で中国の方がかなり悪い。ただマンガ―さんもアントの件をポジティブに捉えておられたが、今回の件も私は長期的にはポジティブだと考えている、ただ投機家は長期的には考えないから買い手が少なくしばらくぬかるむだろう。
呑気な事を言っているが、実は香港も数年経ったギャンブルバイオを切りまくっている。やはり成長株投資と言うからには成長モーメンタムを感じない銘柄はさっさと切る事にした。
とにかく、成長株と言ってもオールドエコノミーの勝ち組から最先端の尖った所まである。この前も言ったが、あまり夢を見ても仕方がない、尖ればどんどんギャンブルになって行く。
しかし、永遠にwith コロナとなるとネガポジがこのままでライフスタイルがコロナ前とかなり変わってしまうねえ。






Last updated  Jul 9, 2021 09:58:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 5, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
小鳥の寿命は5年位だから死んでしまうかと思う位ボロボロだったのだが、ステーキの牛脂を刻んでやったら復活して来た。それにヤマガラは牛脂を食べないのでちょうど良い。家に来るヤマガラは餌をどこかに隠しているらしくどんどん運んで行ってしまいどんぶりから餌が直ぐに無くなってしまう。
冬の間クルミをやり続けたのでどちらも元気で子連れでこの周辺をうろうろしている。子供を見せに来る訳ではないだろうが親に付いて来るので窓際に雛鳥も来るのだが、今年の雛鳥も少し大きい様だった。以前ベランダに巣をかけた時観察したのだが15分毎にガの幼虫を運ぶから物凄く過酷な仕事だ。だから冬の間に付けた体力が効く。この時期幼虫が成虫に成ってしまっておそらく餌が豊富ではないのだろう。昔カナリアを買った時、産卵前からゆで卵をやって栄養を付ける様に言われたが、そういう事だ。
今朝は金魚の産卵の二日目だったのだが、産卵していた。前回ほとんど無精卵だったから期待はしていないが、今年7回目の今年最後の産卵だ。今朝もせっかく15㎜位になったのに2匹死んでいたが、とにかくどんどん死んでしまう。そもそも15㎜位に成る前に半分以上消えてしまう。
まだ相模川の水位は50cm位上がっているが、週中には下がるだろう。今回は3m位増水したから色々流されて来て珍しい魚が釣れるだろうが私はワクチンの2回目で行けない、残念だ。
先週SBI証券の追加銘柄を買い終わって一服していたら、香港市場がIPOラッシュになっていた。流動性の悪化を避ける為に100周年が終わるのを待っていたのだろうか?事実で売られて中国株は2日大きく下げたが、良さそうな銘柄が有れば淡々と買って行くだけだ。
リーマンショックの後、前の自宅とリゾートマンション2戸あまりに安いので賃貸にしたのだが更に下がって、逆に株は上昇して円資産は1割以下になってしまった。もはや自宅など資産としては重しでしかない。上がる金融資産、2流国の2流国民に成らない為にはこれを持つしかない。






Last updated  Jul 5, 2021 10:40:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 1, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
ナスダックが5.49%だからハイテク株に資金が戻って来た事はわかるが、私の米株は10%強で中国株は2%強だった。意外と循環株からの戻りは大きかった様だ。中国の方は今日が100周年式典だから6月はサチッて来たのだろう、今後上げるか下げるかわからないが、香港のIPO予定が増えて来ているので何銘柄か買わなければいけない。
SBI証券の追加銘柄はだいたい買い終わったのだが、滴滴が昨晩IPOしたしこれを買うかどうか迷っている。ウ―バ―とリフトは共に半額位になって切った様な記憶がある。ウ―バ―はイートが有るので買い戻したが、自動運転時ならないと利益が出ないと言っているし、かなり悩ましい所だ。余談だがバロンズでGRUBが穴馬みたいな事を言っている人が居たが、これも1/3になって切ったし、イートを100%肯定という訳でもない。どちらかと言えば持たないリスクの回避だろうか。
まあギャンブルの様なバイオを切って買う資金を捻出している訳で、最先端を買うのはやはり頭はくれてやれの方が堅実だ。エクセルの損益リストで皆が上げるこの時期に2月中以前のIPO銘柄と共にズラーっと下げている。
R証券が600万口座達成記念なんて出ていたが、この前SBI証券が300万口座で驚いたのだが、まあFRBが来年以降利上げをすれば多くは沈むだろう。去年の2月3月は怖くて集計していないのだが、同じ様な事は繰り返す。ただジェットコースタに乗っているのだから、持っていれば避けられない。ただ、皆が怖がっている時に買いに出る、ここは重要だ。
とにかく、年初から半年で20%弱上げて来ている訳で、このまま無事に済むなんて事はまずない。セスタスがツルハシで地面を掘る様に智の基礎力を付けて行く事だ。






Last updated  Jul 1, 2021 11:03:16 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 29, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
華陽は古い言い方をすればメーター屋なのだが、今はセンターベゼルを含めた大きなディスプレー屋になっている。徳賽西域も同業だ。今はマーレになってしまったカルカンが、N社のサプライヤーだった。実を言うとそういう事であまり儲からないかと思って買っていなかったのだが、ちょっと前に買ったばかりだ。
とにかくハーイ メルセデスの時代だ、セレンスがやっているという事を知ったのもそんな昔の事ではない。
EV・インパネ全面ディスプレー・ハーイ メルセデス・・・うーん車はそういうものになってしまった。という訳でカスの様な軽の新車を買う人間の気が知れない。それならば中古車の方がよほどコスパは良い、という事で現在私はガリバーのファンだ。とはいえ完全自動運転EVが出たら買うつもりだ、もう自動車の運転をしたくない。
自動車ついでだが今回の追加銘柄にAEVAというLiDARの会社が有る。以前も言った事が有るが先駆者のベロダインが地に落ちてしまってLiDARは難しいのだが、興味の有る人は見てみると良いだろう。LiDARはその内iPhoneが搭載して3Dコピーができるらしいが、iPhoneがどこのLiDARを載せて来るかだろう。LAZRはフォーブスにも載っていたが、フォーブスに載っていた事にあまり意味は無い。
とにかく、世界には色々な企業が有る、面白いではないか?






Last updated  Jun 29, 2021 07:34:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 28, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
この題の意味がすぐに理解できたら米株の達人だ。今回の追加銘柄にSWIMが有ったので思わず笑ってしまった。ちなみに私はPOOLは持っている。SWIMはまだ買っていないがおそらく買うのだろうが、いつも言う様に先の事はわからない、銘柄を推奨する訳ではない。基本的に私は建築業は好まないのだが、これは独自のノウハウが有って参入障壁が高いだろうという思惑だ。しかし、家にプールを作る、日本人とは桁違いの発想だ、最近の日本には池さえ無いが。
大サービスでついでに言っておくと今回VIEWが有る。ソフトバンクが出資しているが空港ビルとかで話題の調光ガラスメーカーだ。トレンドに敏感な人は聞いた事が有るだろう。
私は買う為には何か売らなければいけないのだが、残念ながらそのほとんどが最先端バイオ銘柄だ。色々推奨されているのを買ったのだが、まあコンサルタントの推奨などこんなものだ、しかしバイオは訳がわからないので推奨を読むしかない。この前、頭はくれてやれと言ったのはこの反省もある。正直、バイオ&ガンや希少病は検索から除きたい位うんざりしている。こうやって損をするからパーフォーマンスが落ちてしまう。
経産省で不祥事が相次いでいるがこういうのは組織の健全性のバロメーターだ、N社も98年の破綻前サプライヤーからリベートをとったり色々有った。こうやって組織は瓦解して行くから習主席は虎から蠅まで叩きまくっている。官僚になって私腹を肥やす中国3000年の歴史だ。まあローマ時代の格言が組織と魚は頭から腐るだから、力への意志が無い組織は駄目だ。
まあそういう事だから、自分の船、金融資産はこつこつ作る事だ。






Last updated  Jun 28, 2021 09:53:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 27, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
SBI証券に追加された米株200銘柄の1次チェックを終えた、これから両手弱の銘柄の詳細をチェックして考えて買うか買わないかを決める。まあいつもの手順だが、そうやって選んでも3年後月足チャートが水平線以下は少なくない、企業が成長するという事がいかに困難を極めるかだ。
日欧が米国と比較してなぜ衰退速度が速いか、駄目な物を守り、守られた連中がゆでガエルに成り米国の様にリスクを覚悟で起業に走らないからだ。これが社会主義の致命的な欠陥新陳代謝の阻害だ。これは個人でも言えるから、何を持ち、何を捨てるか常に考える様に言っている。
会田雄二さんが言われた様に事が起こってからでは判断であって決断ではない。起こる前に決めるのが決断なのだ。まあ起こってからどう判断しても手遅れだ。おそらく日本はこのDecadeで二流国になるだろうが、そこで二流国民に成ったら、東南アジアの庶民の様な生活水準になる。政府が赤字国債で作った需要で経済を廻し、その赤字国債を日銀が買う。誰が考えても持続性は無い、なんとも恐ろしい状態だ。日本は平成から駄目な物を守り始めてどんどん深みに嵌っている。
まあそういう事で政府&日銀によって支えられたこの生活水準が永遠なんて勘違いしない事だ。いつか来る大きな非連続な変化で浮かぶ物を持っていた人間は浮かび、持っていなかった人間は沈む。だから私は毎日浮かびそうな物を探している。sp500は買う時期で異なるがだいたい10年で倍になる。30歳~70歳の40年で16倍だ。現在カスの様な軽自動車の新車を買うという事は、老後の3000万円の可能性を捨てるという事だ。
まあ私は30歳の時380万円の新車を買ったから馬鹿の骨頂だった。値上がり期待で自宅も下荻野のマンションに続き全部で5戸買った、リゾートマンションも5戸買った、いや本当に馬鹿な物ばかりよく買ったものだ、これが無知という事だ。こんな事をしなければ今の何倍ものお金持ちに成れていただろうに。これはそういう間違った事ばかり信じて来た人間からの助言だよ。






Last updated  Jun 27, 2021 04:17:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 26, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
習主席が子供への負担に言及されてから、香港の方はさっさと切ったがTALは数倍になっていたからまあ大丈夫と思っていたら結局含み損まで沈んでしまったので切った。GSXはアルケゴス破綻の一因だったそうだが、教育銘柄は散々な事になってしまった。楓葉と言い私は教育銘柄と相性が悪い。
そんな事を言いながらもSBIで追加になったCOURの方は色々な入換えの中で買った。何銘柄か買おうかどうかピックアップしたのだが今の所買ったのはこれとLACだ。
以前テスラが新しいリチウムの抽出方法を見出したなんて記事が有ってリチウムは躊躇していたのだが、先の事はわからないし当分供給過剰にはならないだろう。ただレアアースのMPの様に中国に一度潰された企業も有るし、太陽電池の発電コストを石炭火力以下にしてしまった中国の原価低減能力は凄まじい。グリーン水素やグリーンアンモニアで同じ事が起こる可能性は有る、まあこの分野はまだ絵に描いた餅だが、億華通なんかが上場したら買うのだろう。
日本人には、まだ日本が技術のリーダーシップを持っているなんて思っている古い人が多いが、このDecadeのテーマに日本の存在感は皆無に近い、ここをカバーするにはADRを含め米中株しかない。
何度も言うが、株を買うというのはコンサルタントの様に言いぱなしとは行かない。TALなんてジム ロジャーズさんの推奨銘柄だから持っていた日本人は多いのではないだろうか?私は商品は止めたが、彼とも相性は悪い。2月以前のIPO銘柄も下落覚悟なんて言ったものの、本当に半分になっている、何年やっていてもうんざりだ。まあ持っていた人間がうんざりで要するにこの辺りはスポットでお宝の買い場が発生しているという事だ。
金魚の5回目の産卵で卵を産んでいたからまだいけると思ったのだが、ほとんど無精卵だった。もう水槽で雄が雌をつんつん突かないから駄目の様だ。去年7月に産んだので後1回挑戦してみるが。
私自身損ばかりして大した金持ちには成れなかったが、1991年に英国でSP500の指数を買うという知恵が有ればかなり結果は違っていたのだろうが、まあ無知だったのだから骨折り損のくたびれ儲けでこういう結果だ。若者には最初から正しい物を持って資産を形成しボロチームの中で優秀な選手になって欲しいと思う。残念ながら知識は付いたが私には時間が足りない。






Last updated  Jun 26, 2021 10:42:32 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 25, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
1990年に4223万円で買って7~8年前に680万円で売った、3500万円のキャピタルロスだ。これが当時高値で不動産に飛びついた人間に起こった結果だ。私の世代付近の人間は多くがこういう目に遭っている、皆思い出したくないので貝になって沈黙しているが。不動産にはこういうキャピタルロスのリスクが有る。当時の私は値上がる事しか考えなかった。
私はこの他マルコーの米国不動産投資とか有って1億円以上損をしたが、第九の鉄人に書いた様に死に物狂いで取り戻した。人生最初に大損をすると死に物狂いでやっと元の水準だ、骨折り損のくたびれ儲けなんてレベルでは済まない酷い物語だ。しかし取り戻したからこうやって昔話になる。多くの人間は退職金でローンを精算して老後資金が無い、どうしようかというのが実態だ。
だから、今も勧誘が盛んだが安易な投資は勧めない。投資は現在の様な高値から入るとどうしようもない。このブログはIQは高いが日本の会社ではあまり報われないだろう人の副業の為に書いている、全く一般的でない内容だ。もし普通の人が投資に興味を持ったら、初心者の投資方法は一つ、2018年末や去年の3月の様に相場が下げてニュースになった時、ちょっとリスクのとりたい人はナスダック、ベンチマークが良いと思う人はSP500のETFを買うだけだ。景気循環に合わせ数年種銭を貯め下げたら買うこれを繰り返すか、参入後は毎月買って行くかだ。これを30年やれば10倍位にはなるだろうし要領も掴めて来るだろう。他の事は考えない方が良い、知識の無い人は長期的におそらくこれが一番儲かる。
繰り返しになるがこのブログはこういうベンチマークを上回るパーフォーマンスを得る為に私が考えた事を書いているが、これはいきなり智のセスタスの戦いになる。去年スイスフラン絡みの粉飾で第一商品が免許取り消しになったように企業さえ吹き飛ばすのが相場だ。血を吐き、頭をやられる訳で結果はグラディエーターとあまり違わない、投資とはそういうものだ。まあ私もそうだが、そういう戦いそのものが好きな人間が居る、レーサー・登山家・冒険家・・そういう部類の人間だ。なぜ冬山に登るか、南極を横断するか?基本好きでなければできない事だ。普通の人間は決して真似てはいけない。
2018年後半の半年でそれまで数年積み上げて来た含み益3000万円が吹き飛んだが、FRBが金利を上げると似た様な事が起こる可能性が高い。持っている人間はジェットコースターに乗っているのだから耐えるしかないが、これから乗ろうという人はできれば低い位置から乗る事だ。まあまぐれで儲けた連中も来年には静かになる、この30年繰返し見て来た光景だ。






Last updated  Jun 25, 2021 10:15:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 24, 2021
カテゴリ:カテゴリ未分類
成熟した大企業の株が今更何倍にも成長する事は稀だが、昨日も言ったがSFの世界の様な早過ぎる銘柄は逆に生き残れるかどうかという課題が有る。評論家はこんな新しい企業が有るなんて言いぱなしで物知りを気どれるから良いが株を買うとそう単純には行かない。
以前R証券で追加された銘柄も今回追加されていて色々思い出したが、グリーン水素製造装置とかトラックのエンジンをモーターや燃料電池に乗せ換えるとか、商用車用リチウム電池とかニコラ・バラード・ワークホースの同類が有るが、商業ベースで成功するか?ひじょうに難しい予想だ。
もし改造にそんなに旨味が有るなら、例えば日野が子会社を作ってミライの燃料電池を使って自社でやり始めるだろう、設計図が有るのだから遥かに容易だ。という様に参入障壁というのは色々と複雑だ。とにかく、分野的な有望性と一企業の成功確率を混同してはいけない。 
まあ既存企業はパラダイムシフトに付いて行けなくてダイナサーの様に死ぬし、若い企業は海サソリの様に血の海で死闘を繰り返し死ぬ。これが企業社会の現実だ、だから銘柄選定は困難を極める訳だ。
今日は何が言いたいか?凡庸な大企業の株を買って安心している連中を馬鹿呼ばわりし、SFの様な銘柄を持って安心している尖りもどきの若者に注意したいのだ、私も昔そうだった。まあ亀の甲より年の功というお話だ。
ワクチンをうって1週間でやっと頭のくらくらがとれた。mRNAのせいか風邪にかかった様な免疫反応は出なかったが、めまいの様なくらくらがあった。この為釣りに行けなかったのだが、かなり正常に戻った感じがする。それと体が冷えると不調になる度合いが大きい様な気がする。ちょっと厚めに着ていれば問題は無い。
mRNAなんて苦節20年だから、SFの様なアイデアの実現にはこの位の年月がかかるという事だ。頭と尻尾はくれてやれというのは投機の格言だが、まあ頭はくれてやれは成長株にも当てはまる。






Last updated  Jun 24, 2021 10:17:19 AM
コメント(0) | コメントを書く

全2021件 (2021件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


© Rakuten Group, Inc.