楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 6463194 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2009年03月14日
XML
カテゴリ:竹之上 次男
 待ちに待った春場所。もうあしたからなんですね、楽しみ♪

 先週お伝えしましたように、3月8日、相撲部屋に稽古を観に行ってきました。

 競馬キンキの北防さんが、あるお相撲さんとお友達。

 そのお友達とは、北勝力(ほくとうりき)関。

 相撲が大好きな大山真吾騎手も連れだって、一路大阪・羽曳野へ。

テンションが上がります

 こののぼりを見て、どこの部屋だかすぐにわかった人は、かなりの相撲通。

 否っ、そんな人は、北勝力の名前ですぐにわかっていらっしゃるでしょう。


 我々が訪れたのは、そう八角部屋。

そぉーっと持って帰ろ

 道場破りに来たんじゃい!

 師匠は元横綱北勝海(ほくとうみ)。

 大横綱千代の富士(現九重親方)の弟弟子で、突き押しを武器に、横綱まで登り詰めました。

 昭和38年生まれの同世代には、横綱双羽黒、大関小錦など出世する力士が多く、“華のサンパチ組”と呼ばれ、角界を大いに盛り上げる一翼を担っていました。

 平成2年春場所、大関小錦、関脇霧島(のちの大関)との巴戦での優勝決定戦が、強く印象に残っています。

 と、ここで、相撲ひとくちメモ。

 巴戦とは、優勝決定戦で、勝ち星が並んだ力士が3人いた場合、行われる方式。

 3人で行うといっても、土俵上に3人が上がって相撲を取ることはできませんので、もちろんふたりで対戦します。

 他の2人に連勝すれば、優勝が決まります。とにかく誰かが連勝するまで続けられます。

 
 このときの最初の対戦(くじで決められる)は、北勝海-小錦。

 ここはパワーで小錦が北勝海を圧倒。

 勝った小錦が控えていた霧島と対戦。ここで勝てば小錦の優勝です。

 ところが、霧島が小錦を破って優勝を阻止。

 今度は霧島が北勝海と対戦。勝てば優勝。

 しかし、ここで北勝海が奮起。

 霧島を破って、一度は遠のいた優勝の栄誉を、自らの手で手繰り寄せる。

 そして迎えた小錦戦。

 巴戦はパワーよりもスタミナ勝負。

 小柄(それでも147kg)な北勝海に対し、小錦はおよそ230kg。

 体格、パワーで上回る小錦ではありましたが、すでにスタミナ切れを感じさせるような息遣い。万事休す。

 北勝海が横綱の意地を見せ、小錦を下手投げで破り、壮絶な巴戦を制したのでありました。

 あのときぼくは、小錦を応援していましたが、北勝海の意地とプライド、執念に感動を覚えたものでした。


 さて、話は現在に戻しまして…

 土俵では、激しい稽古が繰り広げられています。

日曜日なので大盛況

 部屋の出世頭は、北防さんのお友達、北勝力関。

 今場所は、東前頭筆頭です。

 好成績を挙げれば、来場所は三役復帰が期待できます。

 師匠譲りの突き押しが得意で、勢いづいたら誰にも止められない破壊力があります。

 立会(たちあい)の両手突き(もろてづき)やのど輪攻めで、相手を一気に押し出します。

 握手をしてもらったんですが、とにかく分厚い手なんです。

 あんな手で両手突きされたら、ひとたまりもないですわね。

両手突きせんとってくださいね
(撮影:北防敦トラックマン)

 八角部屋には関取(十両以上の力士)が4人。そのうち、ベテラン海鵬関と、関取最軽量の業師、保志光関は稽古に姿を見せませんでした。

 早い段階で切り上げていたそうで、場所直前は、それぞれに調整法があるんだそうです。

 しかし、お目当ての人がいました。

 昨年幕下優勝を果たし、今場所が新十両の(福岡改め)隠岐の海関です。

 その隠岐の海と北勝力の稽古が始まりました。

手をついて! by木村和一郎
隠岐の海(左)と北勝力

 やっぱり幕内力士は格が違う!

 突き押しの北勝力にとって、四つに組むと苦しくなります。

 ところが、それでも巧く攻めさせないんです。

 一度隠岐の海が寄り切るシーンが見られましたが、それ以外は北勝力が圧倒。

 特に、敢えて四つに組んでの相撲を見せていた北勝力が一転、得意の両手突きを見せると、アッと言う間に土俵を割らせます。

これぞ幕内力士!

 立会からの両手突きのシーン。

 いいやぁ、いいもの見せてもらいました。


 と言いましても、これで終わりと違います。

 これからが本番ですねん。

 ちゃんこです。

とってもヘルシー

 きょうは味噌ベースのちゃんこのようです。

意外に箸の持ち方が上手な真吾

 嬉しそうにちゃんこを食べまくる大山真吾騎手。

 ちなみに彼は、お造りなどの生ものは食べられません。

 北勝力関は、ぼくたちに気を遣ってくれて、ちゃんこをよそってくれるんです。

 そんなんやられたら、大ファンになってまうやん!


 若手の人たちも、お茶碗のちゃんこがなくなると、すぐに「お替りどうですか?」と聞いてくれるんです。

 嫌と言うはずもなく、甘えて何杯も食べてしまいます。

 「ごはんもお替りどうですか?」

 と聞いてくれるもんですから、それも素直に受けて食べます。

 やっと食べきったと思ったら、すぐに「お替りは?」とまた来るのでもう、わんこちゃんこ状態です。

 大山真吾騎手は、

 「何杯でもいけるわ」と喜んでお替りを続け、

 「週明けにレースに乗ってなかったら、絞り切られへんかったと思っといてくださいね」

 と、力士たちに真っ向勝負の様相。

 まぁ、北勝力関の1/3以下の体重の真吾が、敵うはずもありませんが…。

 いやぁ、おなかいっぱい。

 やっぱり相撲部屋で食べるちゃんこは最高ですわ♪

 お世話になった八角部屋の力士たちを、今場所は一生懸命応援しよう!

 最後に、隠岐の海関とはタイミングが合わず写真が撮れなかったので、せめてもと、隠岐の海スリッパをパチリとしておきました。

どこにでもあるスリッパです

〓Weeklyトピックス〓

★小谷騎手が、勝負服を一新で絶好調!

 今春で、デビューから丸6年となる小谷周平騎手(23)が、3月10日の騎乗から勝負服を一新。すると今週の3日間で5勝を挙げ、早くも効果絶大です。

 以前は赤に黒のこぎり歯型だった勝負服から、見るも鮮やか、真っ黄色の勝負服となりました。

 「目立つでしょ!やっぱり騎手は目立ってなんぼですもんね」

 黄色にした理由を笑顔で語ってくれる小谷騎手。

 「厩舎関係者、親や家族、周りの人への感謝を込めて、気を引き締めるためにも、勝負服を変えようと思ったんです」

 そう、思いやりのある好青年なんです。

 つぶらな瞳が印象的で、いつも明るく元気な彼は、厩舎団地の奥様方から大人気なんだとか。

 そんな、まだあどけなさを残す面持ちの小谷騎手ですが、すでに2児のパパ。だからこそ、頑張って行かなければという気持ちも強くなっていったのでしょう。

 昨年は年間で20勝だった勝利数は、今年はすでに12勝。このペースで飛躍的に勝ち鞍を伸ばして行ってもらいたいものです。

 目指すジョッキーは、大井の御神本騎手だそうです。

 あの格好良さに憧れを抱いているんです。少しでも近づけるよう、応援よろしくお願いします。

応援してるで周平!

 ガッツポーズをとってもらったんですが、手をもうちょっと身体の方に寄せてくれというぼくの指示で、なんか電話してるみたいなポーズになってしまった小谷騎手でした。

 頑張れ周平! 

★またまた特払い…

 今週また特払いが発生。1月21日に初めて出て以来、2ヶ月足らずでもう4度目となる特払いとなってしまいました。

 考えようによっちゃぁ、外れても7割戻ってくるんですから、外した人にっとてはラッキーに感じるものなのかも知れません。

 でも、一方では売り上げの少なさを露呈するもので、あまり良い印象を与えるものではないんです。

 いつも特払いが出るのは前半のレースで、しかも下級クラスのレース。

 つまり、後半のレースで上位クラスのレースでは、全くとは言い切れませんが、出ないということです。

 ですから、前半から楽しんでいただいているファンの皆様、現状の園田競馬では、前半のレースは、どの馬が来てもおかしくない、ということを頭の片隅に入れておいてください。

 と言って、極端な穴狙いは避けられた方がいいと思います。

 100万馬券や特払いになるような波乱は、確率的には非常に低いものですから。

★園田で別府真衣、森井美香騎手が黒船賞をPR!

 3月20日(祝金)高知競馬場で行われる『黒船賞』のPRのために、高知競馬から人気の女性ジョッキー別府真衣騎手と森井美香騎手が3月17日(火)、園田競馬場にやってきます。

 別府真衣&森井美香、黒船賞PR隊を結成して、関西スポーツ各紙にPRに行き、園田ではトークライブを行います。

 ちなみに、兵庫からはアルドラゴンが黒船賞に参戦します。かなり有力視したいです。

 当初ここを目標にしていたベストタイザンは、3月25日の『名古屋大賞典』に向かいます。

 鞍上はもちろん下原騎手。

 なお、このレースには、兵庫からチャンストウライとイイデケンシンも出走予定。

 チャンストウライには、大山騎手の起用が決まりました。

◎トークライブ

 3月17日(火)
 園田競馬場 イベントステージにて。

 3レース、5レース終了後の2ステージ。

 出演
 別府真衣
 森井美香
 井上オークス(競馬ライター)
 竹之上次男(司会)


 名古屋JBCまで、あと234日。

 目標体重まで、あと4.8kg。
 (先週比±0)






最終更新日  2009年03月14日 18時34分01秒
[竹之上 次男] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.