楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 10387460 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2012年06月12日
XML
カテゴリ:坂田 博昭

 安田記念が終わって、JRAでは春のビッグレースが一段落。宝塚記念の時期的位置は依然として課題ではありますが、ムードはやはり言われているように「夏競馬」本番という感じになって来ていることを、ひしひしと感じます。夏の函館競馬も開幕しましたし。

120612-1.jpg

 資料画像。函館競馬場の近く、湯の川温泉郷にある湯倉神社。昨年の画像です。

120612-2.jpg

 資料画像。函館競馬場から望む函館山。昨年の画像です。

 

 今年は別の仕事があって、開幕週には函館には行けませんでした。

 首都圏でのJRAの開催がなくなるだけに、夏に入ってどこかの競馬場に出かけると、一層その「ナツケイバ」という雰囲気が自分の中で盛り上がるもの。この週末は函館に出かけることが出来そうですので、それを楽しみにしているところです。

 こうして、過去の写真を引っ張り出してきて、少し気持ちを高めてます(笑)。

 

 地方競馬では、ダービーウィークが終わってこれまた一区切り。

 今年は、門別をお手伝いさせて頂いているということもあり、その週には特に競馬の仕事はありませんでしたが、むしろ馬券を買ってお客さんと一緒の立場で例年以上にダービーウィークを楽しませて頂きました。馬券的な成果はサッパリでしたが(泣)、どこのレースも「さすがダービー」と思わせる熱戦の連続。地方競馬のダービーもかなり面白いぞ!というところをアピールできる1週間だったと感じました。

 

 トップを切った佐賀の栄城賞がぶっちぎりの独走劇。

 岩手のダイヤモンドカップが力が入る直線ガチンコの競り合い。

 門別の北海優駿は道中の駆け引きとゴール前の大激戦。

 東京ダービーは歴史に残る「ワンツー」。

 園田は牝馬が形勢逆転。

 そして最後の名古屋は大番狂わせの超高額配当。

 

 改めて振り返ると、この1週間で何と色んな出来事があったことでしょうか。

 

 シリーズ化された当初は、正直「理念はわかるけど日程をまとめて並べたところで…」という少々冷めた感想を持って外から見ておりました。

 しかしこうして継続しているうちに「ダービーの1週間」という独特のイメージが見る側にも、そして恐らく競馬を行う側にとっても浸透して定着して来ているように感じます。だからレースの質もたぶん上がって、より一層面白くなる。いまでは、事柄の筋の良さと可能性という意味では、地方競馬にとっては大きなレースをひとつドカンとやるよりも遙かに重要なイベントになっていると、確信できます。

 もうひと頑張りのところまで来ているのではないでしょうか。あとは広い意味での「売り方」さえもう一歩洗練されてくれば、また新たな景色が見えてくるのではないでしょうか。

 

 このあと、地方競馬ではいわゆる「夏枯れ」することなく、夏のビッグイベントである帝王賞が控えていますし、ジャパンダートダービーもあります。そこへ向けてこの熱気をさらに大きなものに出来るよう、客の一人という立場においては一層レースを楽しんでいかなければと思っていますし、競馬をお手伝いする立場においては仕事の上でその熱気を十分にお伝え出来ればと思っています。

 

 明日と明後日は、また門別競馬場にお邪魔します。

 今週は、明後日・木曜日にダートグレード競走の北海道スプリントカップ。条件戦のJRA交流競走もあり、馬や人が門別に集まります。事情の許す方は見に来て頂ければ楽しいと思いますし、それぞれの皆さんの地域で映像を通じてお楽しみ頂いてもよろしいかと思います。是非とも馬券を買ってレースをお楽しみください。







最終更新日  2012年06月12日 14時19分00秒
[坂田 博昭] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.