楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 10366660 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2013年12月17日
XML
カテゴリ:坂田 博昭

 火曜日の担当は、坂田博昭です。

 

 日曜日の朝日杯、プレイアンドリアルは大変残念な結果でした。

 まだ、若さ丸出しの状況で勝った門別でのデビュー戦から、わずか4ヶ月。当時のことを思えば、前回の東スポ杯での走りにはその僅かな時間の中での大きな成長を感じましたが…さすがにG1で勝ち負けということになると、まだ学ばなければならないこと、身につけなければならない力が不足していたということなのかも知れません。

 春の目標までは、まだ少し時間があります。その間にこの馬がどんな風に歩み、そして競馬場で今度はどんな姿を見せてくれるのか、その時を待ちたいと思います。

 明日になれば、川崎で全日本2歳優駿。今度は思い入れのある馬が多すぎて…応援するのにも困ってしまいますょ(苦笑)。

 

 さて、先週はカーリングの取材でドイツのフュッセンという街に出かけてきました。

131217-1.jpg

 ロマンチック街道の終着点、フュッセンの町並み 


131217-2.jpg

 隣町にある観光名所・ノイシュヴァンシュタイン城。

 TDLにある「シンデレラ城」のモデルになったと言われています。 


131217-3.jpg

 フュッセンの町中にあるアイスホッケーアリーナが大会会場

  

 日本代表も出場した、ソチオリンピックに進むための世界最終予選。残り2つの出場枠を賭けての勝負は、見るからに激しいものとなりました。

 既報の通り、日本代表は男子こそ残念な結果に終わったものの、女子の方はソチへの切符をもぎ取り、本日帰国。まずはやれやれひと安心と言ったところです。

131217-4.jpg

 プレー中の女子日本代表 北海道銀行フォルティウスのメンバー

  

131217-5.jpg

 見事オリンピックの舞台に返り咲きを果たした二人

 右が小笠原歩選手(旧姓小野寺) 左が船山弓枝選手(旧姓林)

 

 私も、海外まで出かけて国際大会を観戦するのは久しぶりで2度目でした。

 カーリングの大会会場自体は、日本での大会とそれほど大きく違いがあるわけじゃありませんし、勿論競技自体はどこでやっても同じルール。それでも、選手達は体格も国によって様々ですし、プレースタイルも異なります。そんな各国の選手達が入り乱れて戦う大会というのは、ゲームの面白さにはまた格別のものを感じました。単にプレーのレベルが高い、ということだけではなく、異なる形のプレーがぶつかり合うことにより外からの見た目にも違う魅力が生まれてくるとでも言いましょうか…

 あとは環境でしょうか。ヨーロッパという自分の行ったことのない場所で味わう大会の緊張感は、またひと味違うものがありました。

 

 こういったところは、競馬との共通点もあるように思います。

 例えばドバイのワールドカップデーなんかは、色んな国から馬も人も集まってガチの勝負が展開されますし、ドバイの競馬の雰囲気というのも独特。だからこそ、一つのあこがれの舞台になり得るという面も、あろうかと思います。

 

 残念ながら、ヨーロッパの平地の競馬はシーズンオフ。ハーネス(馬車レース)の日程も合わずに、競馬観戦を絡めることは出来ませんでした。今度は競馬がある時にまたヨーロッパを訪れる機会に恵まれ、改めて出かけることが出来ればと強く思いながら、日本に帰ってきました。

 気がつけば、もう有馬記念も間近ですから…それも含めて年末まで、競馬を楽しむことにかけてもラストスパートで臨んでいくつもりです。

 頑張って、馬券も当てよう! うん…

131217-6.jpg

 おまけ。ミュンヘン市街のクリスマスマーケットの風景 







最終更新日  2013年12月18日 00時04分25秒
[坂田 博昭] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.