楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 9838530 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2013年12月30日
XML
カテゴリ:奥村 武
奥村

東京大賞典が終わりました。

結果は入場者数、売上ともに過去最高を記録したそうです。

やはり有馬記念という中央競馬最大のイベントが終わり、競馬ファンが競馬に飢えていたのが最大の要因だそう。

その飢えが頂点に達したのが有馬記念からちょうど1週間後の日曜日だったのでしょう。

ベルシャザールやエスポワールシチーを欠くメンバー構成で、中央の馬は条件を勝ち上がったばかりでも出走出来た今年。

それでも売れた要因は一体何なのでしょうか。

もちろん勝ったホッコータルマエ、2着のワンダーキュート、3着のニホンピロアワーズは素晴らしい競馬を見せてくれましたし、逃げたサトノプリンシパルも若さとチャレンジ精神を発揮して十分に楽しませてくれました。

ローマンレジェンドがトラブル無く競走に参加していたらもっと面白い競馬になったでしょう。

中央のメンバーは充実していたと思います。

しかしですよ、対する地方競馬のメンバーは・・・

ルールが整備されていて、そのルールに則って出走してくるわけですからそのことに対しては一切問題ないと思います。

そのチャレンジ精神や競走を盛り上げたいと願う思いはみんな一緒だと思います。

素晴らしいものです。

しかし一方で出走したお馬さんの単勝オッズはすべて万馬券です。

興行面からすると、馬券を買ってレースに参加するお客様にとってはほとんど興味がなかったといえるのではないでしょうか。

結果、トラブルがあったローマンレジェンドにカキツバタロイヤルが先着を果たしましたが。

同じレースを走らせることに疑問を感じてしまいます。

おそらくあまり競馬をよく知らずに競馬場に来たお客さんも同様に感じているのではないでしょうか。

オープンのレースですから、全てに対してオープンで良いのでしょうか。

選定馬重賞とルールには書かれていますが、本当に選定しているのか。

地方と中央の壁。

おそらくそういう話になるのでしょう。

しかし、そもそもこの壁自体本当に必要なのでしょうか。

やっている仕事は同じです。

賞金や手当が豊富にあるところに良いお馬さんがたくさん集まるのは当然の理です。

そろそろ競馬の再編を考えなくてはいけない時期に来ているような気がします。

今のままで交流重賞を継続するのは賭け事としてあまり健康的とは言えないでしょう。

地方競馬には中央競馬に負けない魅力と情熱と、何より恵まれない環境の中でお馬さんを育て上げる技術があります。

そんな中から中央のエリートを負かすようなお馬さんが出てきて欲しいと思う気持ちは、日本人の心の中にはみんな持っているものでしょう。

そんな地方競馬を私はこれからも応援していきます。

そして絶対に負けないように頑張ります。

本日をもってこの楽天ブログを卒業します。

みなさん長い間本当にありがとうございました。






最終更新日  2013年12月30日 12時29分38秒
[奥村 武] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.