楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 10555971 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2014年04月10日
XML
カテゴリ:横川典視
 木曜担当のよこてんです。

 2014シーズンがスタートした先週は、スプリングカップ・あやめ賞の二つの3歳重賞が行われました。
 冬休みから明けた岩手競馬の、3歳春の勢力図を占う重要なレースなわけですが、前者をシグラップロード、後者をアイスカチャンと、板垣厩舎・山本聡哉騎手のコンビが(もう一つ付け加えればどちらも馬主は杉浦和也氏)制したのは印象的でした。

140410-001.jpg
★スプリングカップ優勝・シグラップロード

 板垣吉則調教師は開業4年目でリーディングトレーナーを獲得し、山本聡哉騎手は10年目の中堅として2年連続で騎手リーディング2位を確保。どちらも今“飛ぶ鳥を落とす勢い”の調教師と騎手のコンビ。それが村上忍騎手・小林俊彦騎手というベテランが騎乗した馬を競り負かして勝った。新シーズンの勢力図が、馬だけでなく人の面も変わりつつあるのか・・・と感じさせる戦いでしたね。

 さて今回は、レースで敗れた馬の戦いぶりを追ってみましょう。

 まずスプリングカップ。圧倒的な1番人気に推されたラブバレットは4着に敗れました。1月以来の出走ながら-16kgの大幅馬体減に見舞われ、キャリア最低の444kgでの出走に。その影響が心配されていましたが、レースではいったん先頭に押し上げたものの失速して交わされる・・・といういかにも馬体減が響いたというレースぶりになりました。

140410-003.jpg
★ラブバレット/金杯時(14年1月)

140410-002.jpg
★ラブバレット/スプリングカップ時(14年4月)

 前走・金杯の時と今回のパドックでの姿を比べると、-16kgなのに馬体にはむしろ緩さが残るのが窺えると思います。この間歯替わりがあって調整が思うようにいかなかったようでその影響がモロに出た感じです。
 次戦以降はこの馬にとって輸送がある盛岡での戦いが続くため、しばらくは馬体重を増やす方への苦心が続くのではないでしょうか。走りそのものには今回叩いた分の上積みがあるとは思います。

 2着のリュウノファイトは「スタート後に少し脚を使い気味に動いたのが最後に響いてしまった」と村上騎手。“外枠不利”になりがちな水沢1600mで11頭立ての11番枠、ここからスムーズな戦いに持っていくのは、初コースのこの馬には確かにキツかったでしょう。
 ただ、今回の戦いの中でレースの流れを作り、主導権を握ったのはこの馬。結果2馬身差での敗戦でしたが、目標に“される方”と“する方”の違いと思えばこれが決定的とは思えません。次戦以降の巻き返しに期待していいでしょう。

 3着のユナイテッドボス。こちらは厳しいレースを強いられた印象でした。レース後に聞いた所、ラブバレットに次いでこの馬を、マークすべき馬に挙げた騎手が多かった。特にラブバレットの手応えの怪しさが目に見えてきたレース後半、他の有力馬の意識はこの馬に集中する事にもなったようです。
 南郷家全騎手はどこかで外に出したかったそうですが、そうしてマークされた結果終始外を塞がれる形になって思うように動けなかった。直線部分だけなら恐らく最速の伸び脚で来たけれども時すでに遅し・・・という結末。今回は内枠が仇になった感があり、もう少し外目の枠に入ったならもっと違う結果も手にする事ができるのでは。
 もともとデビューが遅めで本格化もこれから。今回の結果だけで見限りたくないですね。

140410-004.jpg
★ジャリーヴ

 あやめ賞も1番人気で敗れたジャリーヴから見ていきましょう。逃げるとしたら絶好枠・・・と思われた1枠1番でしたが、ちょっと出負けして、さらにアイスカチャンとぶつかってしまい、控える形になってしまった時にこの枠は逆に足枷になってしまいました。
 スタート後の衝突では外傷もあったようです。「馬主さんが相当力を入れていたし調整も上手く行った。それで負けたのを簡単に納得できないよね。でも、これだけスムーズにいかなければ敗戦もやむなし・・・と心の折り合いは付けたよ。もう気持ちは先のレースに向けています」と佐藤雅彦調教師。
 ひとつ収穫があったとすれば最後の直線で伸び脚を見せていた事。確かに優勝争いから7馬身離れた3着争い、そこで脚が止まった馬を交わしただけ・・・だったかもしれませんが、あのレースができるのはこの馬が単純な逃げ馬ではないという証明でしょう。もともと小回りが合う馬とも思えないし、コーナーが少ない盛岡に変われば戦いぶりが一変するかも・・・と考えたいところです。

 2着のフラッシュモブは「反応が良すぎた」と小林俊彦騎手が嘆息。まくり差しタイプゆえある程度早めに進路を確保してしまおう・・・という意図があった様に見えるレース運び。大事をとったつもりが、外に持ち出した所で馬が反応して一気に動いてしまい、脚を使い切りかけた所で勝馬に捉えられる形になってしまいました。
 最後の攻防では勝馬と身体をぶつけ合って凌ぎを削るシーンもありました。結果ハナ差で敗れたわけですが、改めて思えば勝馬は471kgの大型馬、こちらは414kgの小柄な馬。それでいて“肉弾戦”を一歩も引かなかった勝負根性は称賛したいですね。

 4着グランドファシナは最後の最後でジャリーヴに交わされたものの、この馬自身は割と良い所まで伸びを保っていました。彼女の場合、前走比-12kgの馬体が思いのほか充実感がありました。転入初戦で3着になった時も442kg。これくらいの身体が手頃なのかも。
 人気の一角にいたターントゥタイドは5着に。フラッシュモブを追って抜け出そうとした所で失速・・・という感じで、村上忍騎手の「結果的には強い追い切りが一本足りなかった(その分息が保たなかった)」という戦後の感想の通りでしょう。やはり芝の方が終い切れるという印象もありましたね。

 スプリングカップ組の牡馬たちはやまびこ賞(5/4 盛岡ダート1800m)へ向かう馬が多く、あやめ賞組の牝馬の上位は留守杯日高賞(4/28 水沢ダート1600m)へ向かう公算が高いでしょう。
 その先は芝1600mのはまなす賞、あるいは芝2400mのサファイア賞を挟んでダート2000mの岩手ダービーダイヤモンドカップへ・・・と3歳戦線は続きます。
 距離が変わる・コースが変わる・芝ダが変わる・・・と結構変化が大きいですよね。今回勝った2頭の他にも適条件を得て変わってくる馬が出てくるのではないでしょうか。






最終更新日  2014年04月10日 21時54分49秒



© Rakuten Group, Inc.