楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 000000 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2017年03月14日
XML
カテゴリ:太田 裕士

火曜日担当の太田です。

 

 ばんえい最強馬決定戦『ばんえい記念』いよいよ来週20日月曜日と迫ってきました。毎年のことながらこの1週間はソワソワしますね。『ばんえい記念』のことについてはまた後程。

 

 

 12日(日)は4歳、5歳混合の重賞『第38回ポプラBG3』が行われました。ハンデ差60k。史上初のポプラ賞連覇を狙う「センゴクエース」がハンデ差を乗り越えることができるのかに焦点が集まっていました。いつもでしたら圧倒的な1番人気ですが、途中「キンメダル」に一番人気を譲る時間もあり、ハンデ差で皆さん迷いもあるのだろうと感じました。最終的には「センゴクエース」が1番人気となりましたが、絶対的な存在ではなかったようです。

レースは、「タカラシップ」「センゴクエース」がやや先行するもほとんど一団で各馬が進み、例年より早いペースで第2障害までやってきました。最初に第2障害まで来た「タカラシップ」が先ず仕掛け、「ホクショウディープ」「バウンティハンター」と上がっていき、そのほかの各馬も挑戦が始まります。各馬苦戦する中、「バウンティハンター」が先頭で第2障害をクリア、続いて「アスリート」「センゴクエース」「キンメダル」とクリア。「バウンティハンター」「アスリート」が逃げる中、トップハンデ「センゴクエース」が猛追し、残り20mで先頭に立つと、そのまま力強くゴール。ハンデ差を感じない強さをまざまざと見せつける走りでした。2着にアスリート。3着にキンメダルという結果でした。 

170312【写真-1】ポプラ賞.jpg

(主催者提供) 

鈴木恵介騎手は「ハンデの数字を見た時にちょっとビビりました(笑)。ただ、他馬より強い馬たちとレースで揉まれているので対応はできるだろうと思いました。馬も落ち着いていたので、道中思ったより息を入れることができました。障害で膝が甘いところがあるので、そこをクリアできれば何とかなると思っていました。第2障害手ごたえ良く越えてくれました。1コースでしたので、前に馬がいるとわかったのは第2障害下りた段階でした。残り20mで前に並んだ時にこれで何とかなると思いました。」

槻舘重人調教師は「はやりハンデ差60kは気になるところでした。ポプラ賞に向けては走路開放などで調整をしてきました。重量対策はもちろんですが、体調管理には気を付けていました。しかし、今だから言えるのですが、2週間前に1日だけ熱が出て、今回ものすごい調子が良かったわけではありませんでした。馬体重が-10kもその影響だったかもしれません。レースは膝の甘さがあるので第2障害を越えるまでは不安がありました。最近少しずつですが落ち着きも出てきています。来シーズンはオッズパーク杯から始動の予定です。」

170312【写真-2】ポプラ賞.jpg 

昨年もトップハンデ790kで快勝。今回さらに10k増えて800kでのレース。下とは60k差。正直厳しいのではと思っていましたが、全く問題なくクリアし、最後は突き放しての快勝。能力の違いをまざまざと見せつけてくれました。体調は決して万全ではない状態でこの走りですからね。期待を裏切らない「センゴクエース」に脱帽です。史上初のポプラ賞連覇お見事でした。来年度からは古馬一線級との戦い。すでに結果を出しているだけに、どこまでやってくれるのか本当に楽しみです。唯一のウィークポイントは第2障害の膝の甘さ。ここをどう克服していくのかが今後のポイント。おそらく現役を続ける限りいつも付きまとう課題なのでしょう。近い将来ばんえい記念にももちろん出てくる馬です。高重量戦でどんな走りを見せるのかも今後目が離せないですね。槻舘調教師は今季これで重賞9勝目。記録に残る平成以降年間最多勝記録となりました。(トラックマン情報では歴代年間最多勝記録とのこと)来週『ばんえい記念』では「オレノココロ」が出走。年間重賞10勝目もあるかもしれません。

 

 

 さて、冒頭でもお話の通り次回20日(月)に『第49回 ばんえい記念 BG1』が行われます。

出走予定馬

出走馬.png 

(HPより)

昨年の覇者「フジダイビクトリー」。データ、過去の成績からも連覇の可能性は十分あります。前出の「オレノココロ」はもちろん有力候補です。調教師は「う~ん。初挑戦だから・・・」と濁していましたが、帯広記念の走りからも間違いなく面白い存在だと思います。昨年2着「ニュータカラコマ」はいかに早く障害を越えることがポイント。ゴール前どこまで粘れるかですね。これが引退レース「キタノタイショウ」は近走絶好調からチャンス十分。昨年あっと言わせた「コウシュハウンカイ」。帯広記念敗退から調整方法を変えてやっていると調教師から伺いまいました。近走も調子がよさそうですので、今年もあっと言わせてくれるかもしれません。上位4頭が有力候補。しかし、ばんえい記念は何があるかわかりません。ばんえい重量1tのレース存分にお楽しみください。

 

次回3月18日からの3日間は「ばんえい記念weak」イベント盛りだくさんです。18日(土)には今季最後の「ジョッキーシャウト」が行われます。第4レース終了後(第5レースパドック後)パドック横表彰台で、ばんえい記念に騎乗する騎手が意気込みを語ります。今回騎手からのプレゼントはこちら

q.jpgr.jpge.jpg 

歴代の優勝馬が描かれたタオルです。限定ものですので是非ご参加の上ゲットしてください。

 

19日(日)にはばんえい記念を最後に引退する「キタノタイショウ」の引退セレモニーが行われます。第3レース終了後、パドック横表彰サークルにて行う予定です。花束や、記念品をファンの皆様からも受付いたします。翌日のばんえい記念もそうですが、最後の雄姿目に焼き付けて下さい。

 

19日(日)全レース終了後には毎年恒例、前夜「熱狂祭」が行われます。今年は競馬場南側イベント広場 ばんえい記念ハウスにて行われます。ばんえい記念ハウス??と思われている方、イベント広場にビニールハウスが先日から設置されました。3月ではありますが、まだまだ寒い北海道。ビニールハウスでトークショーやイベントなど行われますので寒さはしのげるのではと思います。食事をしながら今回の熱狂祭楽しむことができますので、多くの皆さんのご参加お待ちしております。

 

20日(月)ばんえい記念当日はスペシャルゲストのトークショーをはじめ、イベント盛りだくさんです。開門時に来場者プレゼントなどもあります。イベントなど詳しくはHPに掲載しておりますので、ぜひご覧の上、帯広競馬場へお越しください。

 

今年のばんえい記念は月曜日です。『第49回 ばんえい記念 BG1』第9レース17時15分スタート!!








最終更新日  2017年03月15日 02時37分08秒
[太田 裕士] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.