楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 5362850 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2017年08月09日
XML
カテゴリ:坂田 博昭

水曜日の担当は、坂田博昭です。
 
 今週も北海道にいます。
 しかし、事情あって門別競馬場には行かず、札幌に滞在しています。



 今夜の札幌は、雨模様でござる



 よく見ないと見過ごしてしまいそうな居住まいのこの店
 パフェとお酒を楽しめる 名店『パーラー ペンギン堂』





 グレープフルーツとメープルのパルフェに、シャンパン
 こころ安らぐ美味
 
 ハッキリ言って、遊んでます(笑)。
 週末前まで、こんな感じなのか?俺…(爆)
 
 土曜日は、札幌競馬場に出かけて、お勤めしてきます。


 さて、競馬の話もせねば。
 
 先々週の札幌開幕週の話。
 札幌の隣、石狩市にある場外発売所「Aiba石狩」主催の「競馬女子会」に参加してきました。
 参加といっても、私「女子」ではありませんので、運営側のひとりとしてお客様方をご案内。それでもイベントの中で、女性のお客様方と一緒に楽しい時を過ごさせていただきました。



 札幌競馬場のエントランス前に集合
 お集まりの皆さん、一日競馬を楽しもうという意気込み十分!

 場外発売所が主催するイベントと言うことで、普段あまりライブの競馬を競馬場で見る機会のない方も多く。、競馬場に来るのがそもそも初めてという方もおられました。



 札幌競馬場さんのご厚意で、テラス席での観戦となりました。
 素晴らしい眺め
 レースが始まれば馬たちの様子に視線は釘づけ!!
 
 
 せっかく競馬場まで来たので、ただレースを見ているだけではもったいない!
 場内見学ツアーに出かけました。



 パドックで、馬の姿を観察
 場外発売所では味わえない楽しみ



 スタンド2階のもいわテラスから、コースの様子を望む
 こうした景色も、場外発売所で流れる映像からは味わえない楽しみです。



 UMAJOスポットの見学
 このあとのフリータイムに立ち寄った方もいらしたみたい



 まきばガーデンでポニーとの触れあい



 まきばガーデンを更に4コーナー方向に行ったところにある馬像
 競馬場のエントランスに向かう時にも柵の外から見えていると思いますが…

 私、これって隠れた穴場スポットだと思ってるんですよね。
 3頭の馬の像なんですが、見る角度を変えると馬たちの競り合い方が変わって見える。
 実に不思議な馬像です。
 見に行かれたことがないかたは是非。



 ターフサイドシートの脇で観戦。
 芝コースが他の場所より一歩近く見えるこのスポットなのですが…
 残念ながら訪れた時に行われていたのはダートのレース。
 それでも、札幌は馬が近いですよね。



 場内見学ツアーが終わると、お昼。
 UMAJO特製ランチとスイーツで楽しい食事のひととき



 この日のUMAJO特製ランチはこちら
 トマトデミグラ仕立てのヘルシーロコモコ



 「free dining food チムチム」のキッチンカー

 一つひとつ手作業でランチを仕上げてくれました。
 ありがとう、チムチムさん。



 こちらは「b’s kafe」のUMAJOオリジナルキャラメルデニッシュ
 うまし



 午後はフリータイムで、各々競馬を楽しむ時間。
 席で競馬を見てもいいし、競馬場内を見て歩いてもよし。
 席におられる方には、個別に競馬をガイダンスしておりました。
 
 競馬そのものの敷居は高いのかも知れませんが、敷居をまたいで軌道に乗ったら、「競馬を学ぶ」ことに熱心なのはむしろ女性のお客様の方。これはREXSとかビギナーズセミナーも含めて担当させて抱いた経験を踏まえての、私の確たる実感です。
 説明しているうちに男性はだいたい飽きてくる(苦笑)。
 女性は、ひとつわかるとそこから更に深く入って行こうとする。あるいは次々に新たな疑問点を見つけて、私たちに投げかけてくれます。
 
 競馬新聞の読み方も、お教えしていて手応えがあるのはむしろ女性で、それも年配になればなるほどそれがわかって楽しいと感じている様子が、手に取るようにわかります。

 一般的には、ちょっと違う先入観を持たれているのではないでしょうか。
 だから女性の競馬客には、食べ物をはじめとした「競馬以外のもの」で間を持たせようとする。
 勿論、競馬自体について来ない女性のお客様もいるでしょう。
 しかし、競馬に深く入って行く可能性の芽を摘んではいけない。
 女性のお客様に向き合う姿勢について、この日の経験でとても深く考えさせられました。
 


 メインレース前には、古谷剛彦さんも参加して、レースの予想中心にレクチャーをして下さいました。
 
 
 最終レースが終わったあとは、今回のイベントの「目玉」であるバックヤードツアーに出発!



 パドック内に入って見学。そして記念写真撮影


 検量室前の見学



 札幌競馬場の馬場管理の担当者の方のガイダンスに熱心に耳を傾ける

 ここでも、女性のこうしたことへの興味、熱心さには驚かされました。
 質問も次々と出て、私もレクチャーやその質問の応答に「へえ~」と得心したり。

 私自身も、開催中の芝コースの中に入るのは、全く初めての経験でした。



 コースの芝は草丈が長くて、足を踏み入れたときの感触は「ふわふわ」ないし「ふかふか」
 本当に、何か柔らかい素材を敷き詰めてあるその上を踏んでいるような不思議な感覚でした。
 確かに地に足が着いているのだけれども、その地面の感触を意識させないとでもいいましょうか。

 ああ、馬たちはこういう芝生の上を走っているのだなと。
 「安全」を第一に馬場を作っているということの意味が、少しだけわかったような気がしました。




 最後に、ゴール板前で記念撮影


 お客様方にも、競馬について多くのことを知って頂いていればいいのですが…。
 私自身は、お客様方と一日過ごして、本当に多くのことを学んだ気がしました。
 
 
 またこういうイベントを企画して、やってみたいと思っています。
 女子会だけではなくて、年配の方の観戦ツアーとか、お子さん連れ限定とか
 もしかしたら、「おっさんだけど初心者限定」っていうのも、同じおっさんの私にものすごい新鮮さがあるかも(笑)。
 
 札幌競馬場はじめ各方面のご協力で、このような会を企画し参加出来たことに、感謝しています。







最終更新日  2017年08月09日 21時36分02秒
[坂田 博昭] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.