楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 5296339 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2017年11月14日
XML
カテゴリ:太田 裕士
火曜日担当の太田です。


11日(日)から帯広競馬場の本走路には
ヒーティングシステムが稼働。
それに伴い、ゴール前の砂障害が撤去
また、開催前にロータリーハロー掛けの
整備がされ、冬仕様の馬場に変化しての
レースとなりました。


先週まではかなり時計の出る馬場での
レースでしたが、11日からは全く
違う競馬に変化。一番の原因は
ロータリーハロー掛けのでしょうね。
馬場がふかふかになるので
ソリの滑りも悪くなるわけですから、
ゴール前つらくなる馬が続出。
でも、これぞばんえいという感じで
見ている我々にしては面白い競馬でしたね。


トラックマン曰く、時計にして25秒ぐらい
違うとのことでした。
たしかに2歳のトップクラスのレースでも
20秒ぐらい時計が違う。前半のペースも
かなり遅く、どの馬も刻みながらの
レースでした。先週までを比較していては
馬券を当てることはできませんね。
頭の切り替えが必要な今週でした。


3週続けての重賞。
12日(日)は4歳牝馬の重賞
『第42回クインカップBG3』が行われました。


2歳時黒ユリ賞を制してから低迷が続いていたが
ここに来て復調してきた「ブルーオーシャン」が1番人気。
前哨戦『紅バラ賞』勝利「コウシュハローヤル」が2番人気。
安定感ある走りを見せて、
前走勝利「ラッセルクイン」が3番人気。
結果は、障害をしっかりとまとめ、最後まで粘り切った
「ブルーオーシャン」の勝利となりました。

(主催者提供)


レースについては​「ばんブロ」​をご覧ください。
プレイヤーインタビューは​こちら


1番人気にこたえ、2歳女王復活となった
「ブルーオーシャン」
2歳時の黒ユリ賞を制し、クラスが一気に上がって
3歳時は結果を出すことができず、牧場に下がって
今年4歳から再び始動。牧場から戻ってきてしばらくは
低迷していましたが、夏ぐらいから徐々に
本来の力を発揮。近走は障害も苦労することなく
上がってきていました。


2歳時に活躍した馬が、3歳で苦労することは
ばんえいではよくあること。
普段平場のレースの賞金が少ない中、重賞を勝つと
一気に賞金が加算され、クラスが上がり、
ばんえい重量も増量されるので、厳しくなるというのが
現状。ブルーオーシャンもその1頭でした。
昨シーズンはオークスに出ることもなく、
12月からは春まで休養。平地の競馬と違い、
休養するにもとても勇気がいること。
馬主さんの理解がなければとても難しいですね。
つらい時期を乗り越えて、そして、再び栄光をつかむ。
関係者の苦労がいかほどかだったのか。
この勝利は喜びもひとしおだったことでしょう。


また、重賞を勝って、クラスが上がるわけですが、
2歳時とは違うのは、馬の成長、体の出来です。
4歳になり、馬が成長し、さらに、身体もできてきていると
お話でした。レースは選びながらとのことですが、
今後牝馬路線での主役は間違いありません。
さらなる活躍に期待が持てそうです。

(主催者提供)

2着の「ヒカルナナヒメ」はオークスに続いて
2着と惜しい結果となりました。
この馬ももともと力を秘めた馬。
最後追い詰め、あわやというシーンもありました。
古馬牝馬路線で活躍してくれることでしょう。


前哨戦勝利。今回トップハンデの
「コウシュハローヤル」は、馬場に泣かされた1頭。
もちろん10キロハンデも厳しかったとは思いますが、
先週までの馬場なら10キロぐらいのハンデは
克服できたのではと思います。
松井調教師も、馬場の変化は厳しかったと。


4歳馬の重賞は次回年明け『天馬賞』です。
何頭かは挑戦すると思います。
牡馬と混合になればさすがに牝馬は厳しいと
思いますが、その時に天候、馬場状況によっては
チャンスも出てくるかもしれません。
今後の戦い、注視していきたいと思います。



ばんえい競馬のナイター開催も間もなく終了となります。
次開催25日(土)からは準ナイターに変わります。



発走時刻が変わりますので、ご注意ください。






最終更新日  2017年11月15日 02時52分15秒
[太田 裕士] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.