楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 5368000 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2017年12月05日
XML
カテゴリ:太田 裕士

火曜日担当の太田です。


朝起きたら雪が積もっており、
いきなり除雪に駆り出される一日の始まり。
20171205_161422.jpg
先日降った雪が大分解けて
車も走りやすくなったと思っていたのですが、
今日はさすがに道路もズルズルでノロノロ運転。
こうなると外に出るのも億劫になりますね。

11月も寒かったですが、12月も寒さが厳しいとのこと。
今週から来週にかけてマイナス10度を下回る
1月から2月並みの気温になるようです。

こんなに寒さが厳しい冬も珍しいですね。
インフルエンザも流行ってきていますので
皆さんお気をつけてください。

 

 

3日(日)は3歳牝馬重賞
『第42回ばんえいオークスBG1』が行われました。
牝馬同士の重賞は各世代1レースがありません。
黒ユリ賞を制した「キタノミサキ」はすでに引退。
新女王の座をかけての戦になりました。

今年の3歳は牝馬の活躍が目立ち、二冠目の菊花賞は
「コウシュハサマー」が制し、2着に「ナカゼンガキタ」と
ワンツー決着。もちろん人気もこの2頭に集まり、
そしてもう一頭菊花賞に出ていた「シンエイボブ」が
3番人気に押されておりました。

レースについてはこちら

171203【写真-1】ばんえいオークス.jpg

(主催者提供)

プレイヤーインタビュー


激しい競り合い。若手騎手同士の意地も見え、
ゴール前の手に汗握る展開でした。
どちらが勝ってもおかしくない状況ではありましたが
最後一歩リードした「ナカゼンガキタ」が
「シンエイボブ」を競り落として勝利。
ゴール後のシンエイボブ」の菊池一樹騎手は
本当に悔しそうにしていましたね。
映像でもその様子が窺い知れると思います。

ここに来てメキメキと力をつけてきた
「ナカゼンガキタ」
今シーズンも夏ごろから成績を上げてきて
秋に3連勝。そしてばんえい菊花賞で
今まで歯が立たなかった牡馬相手でも
ハンデがあったのは確かですが、2着と大健闘。
その後ひとレース使って勝利して今回の大輪。
強くなったという印象です。
171203【写真-2】ばんえいオークス.jpg

(主催者提供)


実は、我々アナウンサー陣は
「ナカゼンガキタ」の発音にデビュー当時から
苦労していて、ある意味注目の1頭でした。
まさか重賞を勝つまでになるとは
全く思っておらず、これからもある意味
注目の馬です・・・。

1番人気「コウシュアハサマー」は、
今季「ばんえい大賞典」3着
「はまなす賞」2着
そしてばんえい菊花賞勝利と
牡馬相手に引けを取らない競馬してきました。
菊花賞後はクラスも一気に上がり、
ここ2戦はあまりいい結果を残すことができずに
本番を迎えておりました。
ただ、同斤で同世代のレースではやはり上位だろう
評価だったと思います。
レースでは障害を下りてからの今までのような
伸びがなかったようにも感じ、結果は4着。
翌日の解説でトラックマンは
もしかしたら“重病み”ではとの話でした。

重病みとは、ずっと重い荷物を曳いていると
軽い荷物になっても馬が重いと感じて
荷物を引っ張らなくなること。
簡単に言うとそういうことらしいのですが、
今回の「コウシュハサマー」がそうなのかは
今後の走りをよく注意してみていきたいとのことでした。

12月24日(日)には、
ばんえいダービーを予定しております。
おそらく上位馬は出てくることでしょう。
定量戦ですが、牝馬は20キロのハンデがつきます。
今回よりもさらに重量も重くなり厳しさは増しますが、
過去にもオークス、ダービーW制覇した牝馬は
いますので、ぜひ頑張ってもらいたいものです。


さて、今回のオークスを皮切りにこれからBG1レース目白押し。
お正月も帯広記念、天馬賞と楽しみな戦いを控えております。

帯広競馬場ではお正月開催に向かって
来場ポイントカードキャンペーン
次回12月9日(土)から始まります。
帯広記念オリジナルグッズが当たりますので
ぜひ、皆さん何度も競馬場に足をお運びの上
プレゼントゲットしてください。
お待ちしております。







最終更新日  2017年12月06日 03時19分34秒
[太田 裕士] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.