楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 6164514 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2018年04月08日

 
XML
カテゴリ:高橋 華代子
日曜日担当の高橋華代子です。

 京浜急行電鉄120周年ということで、いろんなコラボイベントが行われています。

 大井競馬場の最寄り駅のひとつには、京急電鉄の立会川駅がありますね。

 今年の京浜盃は~京急創立120周年賞~と題して行われ、本橋孝太騎手騎乗のヤマノファイト(船橋・矢野厩舎)が制しました。

 肩掛けも、こんな風に120周年のロゴがついたものでした。今年だけのオリジナルですね。

 


 京急では、2月25日から6月3日まで、大師線をめぐるキャンペーン第2弾を実施していて、その一環として、「川崎競馬×京急グループ 京急ナイター競馬」というコラボイベントを実施。

 川崎競馬場の最寄り駅は、京急大師線の港町駅です。


 4月2日には川崎競馬場が京急にジャックされるという形で、当日の全レース名は京急にちなんだもの、レース前にはなんか聞いたことのある曲が流れているなぁと思ったら、京急の駅で流れている音楽だったそうで(京急線品川発の旅をイメージしていたらしい)、とてもユニークでした。イベントもいろいろ行われていました。

 川崎競馬場名物コスプレ誘導馬さんたちもこの装い。騎乗者の皆さんもビシッとカッコよく制服姿でしたよ。京急電鉄のマスコット、けいきゅんを乗せてました(^^)

 

 メインレースは、京急電鉄賞 京急創立120周年記念と名付けられ、笹川翼騎手騎乗のツナグテ(川崎・林厩舎)が優勝しました。

 表彰式の模様です↓

 京浜急行電鉄株式会社の原田取締役社長と川崎大師駅の笹川駅長もいらっしゃいました。笹川駅長と笹川騎手、なるほど(笑)

 

 原田取締役社長さんがご挨拶の中で、京急はそもそも川崎駅から川崎大師駅までの2キロの区間からスタートしたことをおっしゃっていました。

 今となってはとても広い範囲で走っている京急も、始まりはそこからだったのだなぁと、しみじみ聞き入ってしまいました。120年かけて、今があるんですね。

 いろんなマスコットさんたちが来場してくれるのも、コラボイベントの楽しみです。

 この日は、京急電鉄のマスコット「けいきゅん」と川崎鶴見臨港バスオリジナルキャラクター「りんたん」も来場しました。

 いつもは大きく見えていたカツマルくんが、この2人?!に囲まれると小さく見えるという(笑)。

 

 競馬場ではいろんなコラボイベントが行われますが、そこで知ることっていっぱいあって、いつも勉強になります。今度はどんなコラボイベントが行われるのか楽しみです(*^-^*)






最終更新日  2018年04月08日 12時19分10秒
このブログでよく読まれている記事


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.