楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 6843995 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2019年01月08日
XML
カテゴリ:太田 裕士
​火曜日担当の太田です。


年末年始変則開催が続き、
8日(火)、9日(水)と絶賛開催中です。
​​9日は12レース編成で、第1レース発走が12時45分の予定​​です。

その後は通常開催に戻り、12日(土)からは
土曜、日曜、月曜の開催に戻ります。


お正月開催は本当に多くのお客様に競馬場へお越しいただきました。
誠にありがとうございます。

開門で恒例の祝い太鼓からはじまり、


初夢抽選会



2日には札幌よしもとの芸人、スキンヘッドカメラとオジョーが登場
お笑いステージで会場を盛り上げてくださいました。


スキンヘッドカメラのお二人は昨年「よしもと札幌笑劇団」を立ち上げ
北海道に笑いで元気を!ということで活動も始めたそうです。



5日は一日道新スポーツが競馬場をジャックし、
スポーツや、芸能関連など道新スポーツの名前がレースにつけられて開催。
場内でもイベントが行われました。









レースは2日に正月恒例の大一番
『第41回帯広記念BG1』がスタート

7頭立てと北見記念と同じメンバーでの争い。
高重量を引ける馬が少なくなっているのは
今後の課題ですね。3月のばんえい記念もメンバーが
揃わず少頭数になる可能性がありますね。

勝利したのは2年ぶり3度目の制覇「オレノココロ」でした。

(主催者提供)

レースについては​こちら​でも紹介しております。

ゴール前「センゴクエース」との接戦は見応えがありました。
第2障害を下りたらどちらも歩く馬。

それでもきっちり差し切った「オレノココロ」はすごい
というほかありません。

実は戦前関係者から「センゴクエース」の脚の調子が今一つと
伺っておりました。出走できるかどうか?!という話でしたので
正直びっくりした次第です。
それでもしっかり調整してきた厩舎の努力のたまものですね。
槻舘調教師も正直こんなに走るとは思ってもおらず、
この高重量戦でここまでの走りを見せられたら、今後期待がもてると
お話でした。

「オレノココロ」はこれでカネサブラックが持つ重賞最多記録
21勝に並びました。記録更新は時間の問題でしょう。

(主催者提供)

今後はチャンピオンカップ、そして、ばんえい記念で3連覇に
挑戦することになるでしょう。

最強世代も今年9歳馬となり、円熟味を増す年齢になりました。
ここ1、2年が競走生活の集大成ですね。

今回は成績を残すことができませんでしたが、「コウシュハウンカイ」も
今年の活躍、昨年障害であっと言わせたばんえい記念へむけて
楽しみな1頭に間違いありません。
3月が待ち遠しいですね。

今年のばんえい記念は3月24日(日)です。




3日には明け5歳の頂点決戦
『第12回天馬賞BG1』が行われました。

この盛大は本当に高いレベルで拮抗しており、
重賞のたびに勝ち馬が変わる、能力差のないメンバー。

勝利したのは4番人気で昨季ダービーを制した
「メジロゴーリキ」でした。

(主催者提供)

レースについては​ばんブロ​でも紹介しております。


帯広記念同様、天馬賞もゴール前は白熱しましたね。
第2障害を下りた段階で、末脚がある「ゴールデンフウジン」が
勝利したと思った方も多くいたのではと思います。

ゴール前で一旦交わされたかと思われた「メジロゴーリキ」でしたが、
もうひと伸びして差し替えしましたからね。
手に汗握る展開でした。

「メジロゴーリキ」は年末急逝された岡田定一調教師所属の馬でした。
弔い戦となった「メジロゴーリキ」でしたが、本当に最後のゴール前は
岡田先生が押してくれたのではないかというぐらい、グイっと伸びての
勝利。ダービーに続き頂点決戦を制して、晴れて世代最強と言っても
過言ではない勝利となりました。

(主催者提供)

この天馬賞で世代重賞は最後。今後は古馬に入っての戦いとなります。
ただ、この世代はこれからばんえいを背負っていく馬たちが多くいます。
世代交代を演じる馬たちになることでしょう。

まえでの「オレノココロ」たちを破る日が近い将来あるかもしれませんね。

5歳世代は年齢ハンデもなくなり、つらい世代ではありますが、
これを乗り越えて、強くなっていってほしいと思います。

古馬戦線に挑む5歳馬の戦い。注目です。


ばんえい関連でうれしいニュースが入ってきました。
関東方面のばんえいイベントではいつもお世話になっており、
長きにわたりばんえいファンでもあり、ばんえいを応援してくださっている
矢野吉彦アナウンサーが、​『2018年度JRA賞馬事文化賞』​を受賞されました。

受賞作は「競馬と鉄道 あの“競馬場駅”は、こうしてできた」

矢野アナはこれまでも海外競馬など数々の本を執筆されておりましたが、
今回の本についても以前、帯広競馬にお越しの際、少しお話をしてくださいました。
競馬とのつながりをいろいろな視点でお話しくださる矢野アナですが、
今回は鉄道との密接な関係についてまとめた作品です。
皆さんもぜひお近くの書店で手に取っていただければ幸いです。

矢野アナ、本当におめでとうございます。
3月のばんえい記念お待ちしております。







最終更新日  2019年01月09日 08時42分11秒
[太田 裕士] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.