楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 6701619 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2019年02月06日
XML
カテゴリ:坂田 博昭
水曜日の担当は、坂田博昭です。
 
 まずは先週水曜日・川崎記念当日の場外発売所でのイベントのご報告から。
 
 北海道の場外発売所・Aiba石狩では、毎年恒例のホッカイドウ競馬ジョッキートークイベントが開催されました。今年のゲストは、山本咲希到騎手。



 私服でご登場のひとコマ



 後半は騎手服で登場!
 進行は門別・帯広の実況担当 大滝翔アナウンサー



 大盛況!じゃんけん大会

(写真撮影:O Project)


 私は、例年同様「イベント被り」で参加出来ず、携われたのは事前の企画構成だけ。大変残念…。トークも興味深かったし、お客さまもお越しになって盛り上がったと聞きました。
 
 プレイヤーの姿、それもプレー中ではなくこうしてプレーを語る場で触れるのは、お客さま方にとってはなかなかない機会。実はそれは、私たちにとってもそれほど多くはない貴重な機会でもあります。より競馬を身近に感じてもらえると思うんですよね、プレイヤーの姿って。他のスポーツでも同じですよね。
 
 それも、大都市にいればそういうスポーツイベントも折に触れてあるのでしょうが、地方にいると機会はそう多くはありません。ならば、せっかく北海道ですし、競馬がそういう機会を作りだしていく先頭に立っていくのも、ありなんじゃないかなと。
 
 ホッカイドウ競馬の場合、シーズンが近づいてくると騎手の皆さんも大変忙しく、なかなかこのような機会を地方競馬の開催日に作ることが難しくなってきます。今年も、こうしたいい機会に恵まれて本当に良かったですし、こうしたことを続けて行ければいいなと心から思っております。
 

 
 一方、千葉県の場外発売所・サテライト成田(エフケイバ成田)では、競馬キャスターの岡部玲子さん・小堺翔太さんが来場しての予想イベントが行われました。



 成田空港の2本の滑走路に挟まれた場所にある、サテライト成田



 ふたりの予想トークに耳を傾けるお客さま方



 やっぱりいいよね! この2ショット

 いまは週末にはグリーンチャンネルの映像が地方競馬の場外発売所(J-PLACE)に流れている時代。ですので、このおふたりもテレビをご覧の皆さま方だけでなく、場外発売所の皆さま方にもおなじみの存在です。そんないつもは映像で見ているひとの「実物」が目の前に現れるのですから、お客さま方にとっては興味深いし、親しみもわきます。

 場外発売所は、続けて通って来て頂きたい場所。でも、競馬場みたいに、実物の馬が走っているわけではありません。正直、毎日モニターにらめっこして、マークシート塗って、券売機の前に立つのでは、いくらレースはそれぞれ違うと言ってもそれだけでは変化に乏しいのも事実。
 
 こうして、折に触れて「特別な楽しみ」。それも、競馬そのものとともにある楽しみもやはり必要。そういう楽しみがこの場所の「魅力」となり、またひとびとを惹きつけていくことになるのでしょう。
 
 この日来場されたお客さま方にも、この出演者のふたりが創り出してくれた「この日特別な楽しみ」を味わって頂けていれば幸いです。
 

 こういう楽しみづくりに、引き続き携わって行ければと思っています。
 次回は自分でも出演して、お客さま方とともに楽しめればいいかな(笑)。



 さて、競馬が行われている現場も、勿論大切。
 週末には、JRA中京競馬場に出かけてみました。



 名鉄・中京競馬場前駅から競馬場までの坂道
 フローラルウォーク



 駅と競馬場の、丁度中間地点ぐらいでしょうか…
 ちょっと気がつけば、道ばたに遊び心



 この日は重賞はなし。天気もあまり良くなかったのですが…
 それでも若い人たちとか家族連れが多く訪れていました。
 かつてよりも開催が増えた中京競馬場も、季節的には「春の盛り」と「秋」がありません。いまは花の季節も早くなり、次の開催、高松宮記念の頃には花の季節に入っているでしょうか。



 スタンドから名古屋の中心市街を望む
 冬場天気が良ければ、ビル群もクッキリ見えるのでしょうか


 いつものように、レースの写真も撮ってみました。



 ゴール前、混戦になりそうな予感!



 案の定、内外離れて大接戦!
 内側の馬の鮫島克駿ジョッキー、ゴールの瞬間外側を見てる!!



 そちらが勝ってました
 ウィナーズサークルで勝ち名乗りを受ける馬の表情



 お客さまの集まり方すごい!



 開催が増えたと言っても、多くのお客さま方にとっては貴重な「地元開催」。熱心な皆さん方の視線は、最終レースまで馬たちに注がれていました。



 こういう風に競馬場で競馬を楽しむ機会は、「競馬場がある街」に住んでいる方以外のひとびとにとっては、当たり前じゃないですよね。こうして競馬場に来て思うのは、場外発売所で皆で楽しむ機会が、そのように競馬場で「本当の競馬の良さ」を味わってもらうための橋渡しになれば、ということです。

 やはりね…馬の姿を見たり、この場所でものすごく多くのひとびとと一緒に時を過ごしたりするのは、ひと味違う楽しさがありますから。



 3月末の高松宮記念の時の盛り上がりが、今から楽しみです。






最終更新日  2019年02月06日 12時41分01秒
[坂田 博昭] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.