楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 7166966 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2019年10月03日
XML
カテゴリ:横川典視
木曜担当のよこてんです。

 今回は二つの話題を書きたいと思います。まず最初は来たる日曜に行われるダービーグランプリのお話から。
 これまでの11月中旬から10月上旬に時期を移したダービーグランプリ。今年は南関の3歳勢も多数登場してくるのかと思っていましたが最終的には南関勢が「ゼロ」という復活後10年目にして初めての状況になりました。勢力図は地元5頭対遠征馬5頭。こうなれば地元馬にも勝機はあると思ってしまうのはひいき目でしょうか。


★ヤマショウブラック

 不来方賞で見事な勝利を挙げたヤマショウブラック。レース後のこのブログでも書いたように“エンジン”のかかりがあとコンマ数秒遅かったら間に合わなかったのでしょうが、逆に言えばそれを間に合わせてしまえるのがこの馬の末脚の爆発力でもあると思います。
 小林俊彦調教師にいただいたお話によれば
「前走後も良い気配を保ってきていますし、追い切りも強くは追っていませんがしっかりとした良い内容でした。前走時は半信半疑の面がありましたが今回は良い手応えを感じています」
との事。不来方賞の時は夏負けの影響が少し残っていた・・・というのが“半信半疑”という部分なのですが、すっかり涼しくなった今はそれも抜け、追い切りも要所要所できっちり反応する手応えだったそうです。
 今回も展開次第の面はあるかもしれませんが、盛岡コース2戦2勝の好相性ぶりは大きな地の利にもなるはず。



★ニューホープ

 不来方賞ではヤマショウブラックに全ての名誉を持って行かれましたがこの馬も堅実な走りを見せていました。この馬視点で見ればヤマショウブラックの伸びが少し甘かったら、伸び始めるのが少し遅かったら、この馬が勝っていたでしょうから、不来方賞の勝ち負けは力の差ではないと思います。
 こちらも畠山信一調教師によると
「前走からそれほど間隔が開いたわけでは無いので直前は軽めにとどめましたが、乗った印象は前走よりも良いと思います。展開に注文が付くタイプの馬では無いですからあとは鞍上に任せます」
 不来方賞や岐阜金賞がそうだったように先行力をもって自分の力で流れに乗れる点は武器ですし、そういうタイプの馬にとって10頭立ての10番枠は凄く有利な枠だとも思います。そしてニューホープも盛岡は3戦して(1-1-1-0)。これもまたアドバンテージでしょう。



★エムワンピーコ
 ひまわり賞を圧勝して3歳牝馬ではトップ。東北優駿でも3着ですから世代トップクラスの力を持っているのは間違いないエムワンピーコ。ここに登場してくれたおかげで地元はひとまず役者が揃った感があります。
 対牡馬では東北優駿でのパンプキンズから1秒3差というのが一つの基準になるでしょう。この結果で牡馬相手では・・・という印象になるのは仕方がないですが、しかし輸送競馬ではいろいろと気を遣うエムワンピーコですから、水沢で行われた東北優駿の結果が全てとはまだ思いたくないですよね。輸送が無い盛岡でのダービーグランプリは手加減する事なく戦える条件。牝馬はやや不利なこのレースですけども牡馬にひと泡吹かせてもらいたいものです。

 遠征勢ではやはりリンノレジェンドが注目される事になるでしょう。黒潮盃で破ったグリードパルフェは東京ダービー4着で戸塚記念2着。ホワイトヘッドは京浜盃3着、アエノエンペラーは東京ダービー5着。いずれも例年の「南関東からダービーグランプリに遠征してきて勝ち負けする」南関勢と差の無い戦績の馬たちです。それらを千切って勝ったリンノレジェンドは強いと言わざるを得ません。
 ヤマショウブラックの小林俊彦調教師も「黒潮盃で2秒負けているのだから、ここはあくまで挑戦する立場」と言われます。
 つけいる隙があるとすればリンノレジェンドは左回りが2歳時の川崎での一戦だけの経験しかなくしかもそれがキャリアで最大の敗戦になっている事。そして長距離が決して合うとは言えないトビーズコーナー産駒だという事。この2点でしょうか。特に後者、リンノレジェンドが勝てば日本での産駒で初めて2000mを勝ったトビーズコーナー産駒になるはずです。

 他に気になるのはまずタンクティーエー。成績もさることながら、母方はフロリースカップの直系になるバリバリの小岩井血統の馬です。
 兵庫のバンローズキングスは祖母にあたるバンバンイケが岩手デビューの馬。2002年にデビューして通算7勝。その後ホッカイドウ競馬に移籍してさらに4勝を挙げています。バンローズキングスは岩手にゆかりがある馬と言えますよね。


★バンバンイケ(2002年10月26日・2歳新馬戦出走時)

 こういう馬は肩入れしたくなるんですよね。

 今週末は、金曜土曜くらいは雨の影響が残るかもしれませんが日曜日は回復するという予報です。少し寒いくらいかもしれませんが良い状況の中でのレースを楽しめそうです。


 さてもう一つはオーストラリアでレースに向けての準備を進める日本馬のお話。岩手から海外に飛びますがお付き合いください。

 メルボルンで行われるスプリングカーニバルのビッグレースを目指す日本馬は先週から今週にかけてメルボルン近郊のウェリビーにある検疫厩舎に到着しました。


★ウェリビー検疫厩舎。といっても競馬場でして、検疫が無い時期は競馬も開催されています

 スズカデヴィアスは9月24日にメルボルンに到着しました。本来であれば同じく日本から遠征する予定だった馬と一緒に移動・滞在する予定だったのですが、そちらが取りやめになってしまったのため1頭になってしましました。それではデヴィアスが寂しがるかも、と、現地の馬を一頭用意して貰って検疫厩舎での帯同馬にしたりと、なかなか慌ただしい出だしでもあったようです。
 しかし同馬と共に滞在している担当の児玉調教助手のお話によればスズカデヴィアスは環境が変わっても驚くほど落ち着いているとの事。
 「日本ではどっちかといえば警戒心が強い方かなと思っていたのですが、こちらに来てからは飼い葉も良く食べるしあまり気にしていないようです。同じ厩舎に他の外国馬が着いた時も最初ちょっと様子を見ていた感じですがすぐ慣れたみたいですね。飼料は日本と全然違うし水も違うはずですが良く食べて、逆に食べ過ぎを心配しているくらいです」


★児玉調教助手。少なくとも11月一杯は単身赴任


★調教中のスズカデヴィアス


★スズカデヴィアスが滞在しているニューミンスター厩舎

 自分が見た9月30日・10月1日のスズカデヴィアスは芝コースの内側にあるオールウェザーのコースを軽く3周する調教。ここから一週前追い・本追い切りを経て10月12日のコーフィールドステークスへ挑む予定です。
 その一週前追い切りはこの木曜日に行われました。手綱を取ったのはM.Dee騎手。現地でお話を伺っていた時点ではレースでの鞍上未定という事でしたが、今日追い切りに乗ったM.Dee騎手が好感触を持ってくれたそうで、実戦もこのままM.Dee騎手で向かう事になりました。
 M.Dee騎手はコーフィールドやフレミントンの成績が悪くないんですよね。コーフィールドS後はマッキノンSへ続戦する予定のスズカデヴィアスにとっては心強いパートナーになってくれるのではないでしょうか。

 そして10月1日にはリスグラシュー・メールドグラース・クルーガーの3頭がウェリビーに到着。台風の影響で若干遅れがあったそうですが,全体的には順調な旅程だったとの事


★リスグラシューらが滞在するヴィンテージクロップ厩舎。ちなみにこちらは競馬場の4コーナー側の奥、スズカデヴィアスがいるニューミンスター厩舎は反対の1コーナー側奥にあって結構遠い



★リスグラシューらを積んだ馬運車を出迎えるのは一足先に着いていた担当厩務員・助手さんたち


★まず最初に降りてきたのはリスグラシュー

 リスグラシューの岡勇策調教助手は「予想していたより状態は良いのかなと。香港よりも輸送時間が長いので心配していましたけど、それよりはホントに良くて、心配も必要ないくらい良いんじゃないかなと。牝馬なので最初はまず疲れを取るのと環境やコースに慣れるのを優先して、それからレースに向けて状態を上げていけるようにと今のところは考えています」


★続いてメールドグラース
 メールドグラースの林順二厩務員「輸送で気持ちちょっと細いかなという感じもしましたけど毛艶とか馬の元気とかあるので問題ないと思います。食欲も普通ですしね。まず環境に慣れさせながら、週末あたりから調教を進めていきたい」


★最後にクルーガー
 クルーガーの小川洋平調教助手は「前に来た時(※4月のシドニー遠征)よりは身体がすっきりしたように感じますが札幌を使って間隔も短いですからその分だと思います。輸送も順調で飼い食いなども問題ないです」

★日本馬が着いた気配に一斉に顔を出す外国馬。めちゃ見てる


★入れ替わって今度は外国馬を見る日本馬


★草を食むレイモンドタスクを見つめるリスグラシュー

 ところでここでは馬が着いてすぐコメントを聞けたような体裁になっておりますが、実は馬運車が到着してコメントをいただくまで4時間ほどかかっております。
 というのは、馬が輸送されてきて厩舎に入ってひととおり馬の体調等の検査が済んだのち、今度は厩務員さんたちへの各種レクチャーが始まって・・・という感じで4時間。
 検疫厩舎ですから例えば出入りのたびにシャワーを浴びなきゃならないとか内外に別々の服を用意しておかないといけない・・・とかからはじまっていろいろあるわけで、その間、JRAの方と一緒にひたすら待っておりました。
 厩務員さんたちが外に出てきた頃にはもう真っ暗。いやはや皆さんお疲れ様でした。






最終更新日  2019年10月04日 04時06分26秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.