楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 7455276 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

ランキング市場

楽天カード

2019年12月09日
XML
カテゴリ:大川 充夫
ミツオーです。なんだか知らないですが、背中がものすごく痛いんですけど。



さて、わたくし10月28日に、こんなことを書きました(​https://plaza.rakuten.co.jp/dailykeiba/diary/201910280000/​)。



金沢競馬のオープン馬事情について、ややオーバーというか、図式優先のような書き方をしています。
この数年、群雄割拠状態で推移した金沢競馬のオープン馬たちの中に、混戦を断つような存在が現れる/現れた、んじゃないか?という内容なのですが。


そして、二頭の名前をあげ、『両雄時代到来!?』と書きました。

では、その後、どうなったかというと。



金沢競馬で東西横綱のような存在になっていくんじゃないかとあげた二頭は、

ティモシーブルー(上半期グランプリ的レース・百万石賞勝ち)







タンクティーエー(3歳重賞勝ちのちダービーグランプリ2着)





です。
この二頭が、11月の北國王冠(地方全国交流重賞・2600メートル)から12月の中日杯(金沢のグランプリ・2000メートル)で対決するのが楽しみ…と期待したのでした。けども。​



まず、上の日記更新の段階で、すでにタンクティーエーが北國王冠に出走せず東海菊花賞へ向かうことが判明しており、両雄の直接対決は中日杯までお預けなんですね~と書いています。

で。

北國王冠に出走したティモシーブルーは、全国の強豪相手に3番人気に支持されるも、兵庫・タガノゴールドから2秒半も離されての8着と大敗。


東海菊花賞へ向かったタンクティーエーは、佐賀・グレイトパールから4秒以上も離されて11着大敗。


…。

……。


むう。
こんなハズじゃなかったんだけどな…。



二頭とも、あまりにも大きく敗れてしまったため、見ていて残念なのはもちろん、ややあおり気味に書いた身としては、おいおいおい、そんなんじゃ困るんだけど!と言いたくなるのでした。


この二頭の力量がこんなものであるハズはない!と思いつつも、不安もぬぐい切れず、それでも中日杯での直接対決を見るまでは…と思っていたところ。



なんと、タンクティーエーは、中日杯に出走できず。



高橋俊之師は、


「申し込んだんだけど、12頭に入れなかったんだよ。重賞も勝ってるし、岩手でも2着に来たんだけどね…」


何とも残念な表情。
同じ開催のA1クラスの特別戦に出走させることにするよ、ということで、またしても両雄(?)、東西横綱候補は別々のレースに出走となったのでした。




金沢競馬、年末の大一番、グランプリ的レース、中日杯は、昨日(12月8日)おこなわれました。


主戦の畑中信司騎手が、「この馬、何考えてるかよくわからん」と首をかしげるティモシーブルーですが、中日杯では好位追走から抜け出すと、「一人になるとフラフラする」という畑中騎手の言葉とは裏腹に、極めて力強い脚で2着に5馬身差の圧勝。

見事に上半期・下半期のグランプリ的レースを二つながらに制しました。


一方、いわばオープン特別(本日午後3時30分発走)に出走したタンクティーエーは…。
逃げてマークを受けるカタチでかなり厳しい展開となり、4着。う~む。

大幅馬体重増が影響したかどうかまでは不明ですが、とりあえず今日のところは展開負け。



ということで、両雄候補、明暗をわけた昨日・今日のレースとなりました。




今後、この二頭がどういった成長・変化を見せるかを見守りたいところですが、まずはティモシーブルーがグランプリ2勝で、ほぼ金沢の一人横綱という感触になったことは間違いありません。


金沢競馬は12月でシーズンを終了し、3月半ばまで冬休みですが、みなさまにはぜひこの二頭の今後に注目していただきたいと思います。





ところで、わたくし今週の金沢担当ではなく、これらのレースを現地で観戦しておりません。



わたくしが金沢の実況を担当したのは、先週でした。


その、先週の金沢で、わたくし体調を崩し、あろうことか、まともにノドにダメージを受けてしまいました。



日曜日のレース実況までは乗り切ったのですが、火曜日はまともに声を出すことができず。パドック解説の進行役だけは勤めましたが、きわめてお聞き苦しいことになりました。申し訳ありませんでした。


それにしても、競馬場職員さんも、騎手・調教師さんも、非常に多くの方が、始終ノドを気にしておられるようでした。
ノドにくる風邪が流行っているのか、暖房などの影響で乾燥がきついのか、しゃべる仕事をしている身には恐ろしい季節です。繰り返さぬよう、重々気をつけなくてはと、心に誓った次第です。面目ありません。





この季節、北陸地方はお天気が安定せず、冷たい雨かと思えば青空が急に広がったり、空を見れば西と東でまるで天気が違ったりと、忙しい空模様です。









おかげで、こうした目の保養もできるわけですが。
先週火曜日は、一日のうちに何度も虹がかかりました。




今年も残りわずか。



クリスマス装飾もきらびやかに、気分を盛り上げてくれます。










…北陸新幹線も開通5年を迎えるんですな。








最終更新日  2019年12月09日 17時27分45秒
[大川 充夫] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.