楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 7633744 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2020年03月19日
XML
カテゴリ:横川典視
木曜担当のよこてんです。

 いよいよ明日の3月20日から岩手競馬が再開されます。春の特別開催、「春競馬」と呼んだりしますが、毎年付け加えておりますように特別開催は“開催年度”としては令和元年度、つまり2019年度に入るのですが、騎手リーディング・調教師リーディング等の記録類はここからスタートするように、また賞金体系等も切り替わるとおり、この特別開催が実質的な新シーズンの開幕という事になります。

 残念ながら、そんな大事な開催ではありますが、既報のとおり岩手競馬も無観客での開催となりました。せっかくの“実質開幕”を、そして、関本淳騎手や岩本怜騎手ら怪我をしていた騎手の復帰戦を、リアルで見ていただけないのは非常に惜しいです。

 同日に開催があるJRAが無観客を続けるか、それともそれを止めるか・・・を見ながらの判断もあったと想像していますが、一方で他の地方競馬場は3月27日まで無観客開催を発表していたりするのでここで岩手は観客を入れて・・・というのは難しかっただろうとも思います。

 焦点はやはり来週、3月28日からの週末ですよね。JRAでは29日にG1・高松宮記念が行われますが、プロ野球やJリーグなど他のプロスポーツが3月中の開催を取り止めている中で競馬が先行という話にはなり難いでしょう。
 岩手競馬的にも3月の特別開催の間は仕方がないとしても、4月5日からの2020シーズン開幕はファンの皆さんに見ていただきたいなと思うのですが、果たしてどうなっていくのか。あまり楽観視はできない気配を感じますが・・・。
 早く無観客競馬を終えることができればと思うのは、いろいろな理由がありますが、一つは水沢競馬場の桜並木。今年は開花が早いと言われていますよね。奥州市あたりも今の開花予想だと4月の12日頃に満開という感じです。ここは見ていただきたいんですけどね。しかし、4月に入って無観客競馬が外れたとしても、すぐに“たくさん来てください”という話もできないか・・・。うーんうーん。

 ところで自分も先日、船橋競馬で“無観客競馬”を目の当たりにしてきました。


★ファンの姿のないパドック


★ゴール前の追い比べも、スタンドに人影はなく(※許可を得てスタンドから撮影)


★パドック前からスタンドの中を通してゴール板まで見通せてしまう

 他所様の写真なうえに“選りすぐりに無観客感な構図”で申し訳ないですが、まあこんな見た目なのであります。

 開催側は厳戒態勢で、というのは無観客開催になっている事で開催側の焦点が「騎手はじめ関係者に感染させないこと」に移っているからです。
 それは競馬だけでなく他の公営ギャンブルでもそうなのだと思います。「来場したファンの間で感染を拡げないため」という意味だけでなく「開催に係る重要な人たちに移させない」意味もあるわけで、冷静に考えてみたら、対ファンの側・対関係者の側、両方に気を遣えるだけの人的資源がある公営ギャンブル主催者って、そんな多くはないでしょう。
 そう思えば無観客開催も致し方ないのかな。

 正直なところ、気が楽な部分もあります。ゴール写真を撮りに行ったりする時、後ろのファンの皆さんの邪魔にならないように気を使ったりするのが無いので。表彰式なんかもそう。
 レースはなんというか、淡々と進んでいく感じで、そしてそれを淡々と撮る感じ。
 レースの節目節目にあがる歓声とかゴール前の声援とか、意外に参考にしているんですよ写真を撮る人たちも。他の方はどうかな?でも自分は参考にします。
 例えばゴール前で一頭抜け出している馬がいたとして、しかし突如「わっ!」という歓声が上がることで一気に伸びてくる他の馬がいる事に気づいたりする。騎手もそうだって言いますけどね。
 逆に完全に千切ってしまっていると、歓声のトーンが変わるので、撮っていて「ああ、これは後ろからなんにも来てないな」と想像したりもする。
 道中で「えー?」とか「あー・・・」とか右下がりの歓声が聞こえると、人気の馬がどっか行ったんだなと。となると何が勝つか油断できないな、とか。そんな事も考えています。

 なので、歓声が無い中でレースの写真を撮っているのは、ホント淡々としている。撮っている方も非常に味気ないです。
 これはもうやはり、一日でも早くファンの皆さんが競馬場に入ることができる日が来るよう、祈ったり願ったりするしかありません。

 もうちょっと地味な話をすれば、明日からの売上はけっこう厳しいものになるんじゃないかと覚悟しています。
 と、理由をいくつか書いてみたのですが、字面を眺めているとあまりにも消極的な雰囲気になってしまったので削除。まあ“覚悟はしています”って事で。 

 まずは明日からの春競馬。いつものように「競馬場でお待ちしています」というフレーズは使えませんが、ぜひインターネットで、ネット中継の動画で、岩手競馬の再開をご覧になっていただければと思います。よろしくお願いいたします。






最終更新日  2020年03月19日 21時51分07秒
[横川典視] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.