楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 7772981 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2020年03月30日
XML
カテゴリ:大川 充夫
ミツオーです。電車が寒い。換気してるからだな。


さて、週末の関東平野は、えらく暖かい日から一転、季節はずれの雪。
お天気も何がなにやらワカランようになってしまったのではないかと心配してしまうような、忙しい変わりようでした。



先週の南関東地区は、浦和開催。
3日目の25日(水曜日)には、第66回桜花賞がおこなわれました。


この桜花賞にあわせたように、浦和競馬場周辺の桜(ソメイヨシノ)は見ごろを迎えました。







記憶が定かでないのですが、3月末におこなわれるようになった浦和の桜花賞当日に、桜がこれほど爛漫と咲き誇ったのは、非常に珍しいことです。
幾年か前、桜花賞開催中にいきなり最高気温が25度近くなり、その日のうちに1分咲きから満開にまで咲き進んだことがありましたが、それ以来ではないでしょうか。



というわけで、先週の浦和の桜。







ご覧のように本当にキレイに咲きそろいました。



この満開の桜のもと行われた第66回桜花賞、勝ったのは3番人気のアクアリーブルでした。





わたくし実況を担当しましたが、そういう表現を許されるかどうか…と、少し迷いながらも、


​「母と子で牝馬三冠達成」​


と表現しました。



アクアリーブルの母・アスカリーブルは、2011年デビュー。
園田4戦全勝で園田プリンセスカップを制したのち、南関東へ移籍。




桜花賞トライアルのユングフラウ賞を制すると、桜花賞ではなく京浜盃へむかい4着。




続いて東京プリンセス賞・関東オークス・黒潮盃・戸塚記念まで重賞4連勝をはたすなど、重賞通算7勝をあげた名牝でした。




現在、南関東3歳牝馬重賞戦線は、


桜花賞
東京プリンセス賞
関東オークス
ロジータ記念


と4つのS1競走があり、いわば四冠となっていますが、当時はロジータ記念をのぞく三冠。
さらに言えば、四冠というカタチや表現よりも三冠のほうが馴染みがあるわけで、やはりここは三つのタイトルを獲得したことを偉業とすべきだと判断しました。




聞くと(…というか調べると)、アスカリーブルはアクアリーブルを産んだ直後に死亡。
残した子はアクアリーブルただ1頭だそうで、したがってこの母子による三冠達成という偉業は、唯一のチャンスでしとめたものであったのです。






アクアリーブルの桜花賞、アスカリーブルは空から見てくれていたでしょうか?




せっかくのこうしたドラマも、引き続きの無観客開催で、ファンのみなさまにはナマで見ていただくことはできず。




見ごろの桜と並んで、これを本場でご覧いただけなかったことは本当に残念なことではありました。



しかし競馬は続いていきます。
関係者はみなさんを迎えられる日を、心待ちにしています。


まだしばらくは続きそうな無観客開催ですが、どうかみなさま、その間も全国の競馬にご注目・ご参加ください。




ところで。



こんな情勢で、なんでも「花見は来年でもできるから、今年は自粛して」てな話だそうですから、お花見を断念された方もあるかもしれません。


わたしなどの(しかもケータイ端末で撮ったような)写真では、お酒もお団子も進まないかもしれませんが、バーチャルお花見をどうぞ。




(桜花賞当日の浦和競馬場)




(南浦和周辺)




(浦和競馬場)




(南浦和駅近くの公園)




(南浦和駅近くの公園)





たしかに、お花見は来年でもできます。



来年の桜は思い切り楽しめますように。






最終更新日  2020年03月30日 16時50分03秒
[大川 充夫] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.