楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 7776563 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2020年03月31日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
火曜日担当の太田です。


昨日の志村けんさん死去にかなりの人が
ショックを受けていることでしょう。

私も世代的にドリフで育ちましたからね。
私はひょうきん族より、ドリフの方が好きでした。
「志村うしろ!!」と子供の時叫んでいましたよね。
真面目に全員集合見に行きたいと思っておりました。

大人になってもドリフの大爆笑をよく見ていました。
もしもシリーズ好きだったなあ

子供たちは、ドリフは知らなくても
だいじょうぶだ や バカ殿は人気で
いまでも必ず録画をして何度も見ています。

オチはわかっているのに
なぜか面白い

これが見れなくなると思うと本当に寂しい限りです。

いまだに信じられないぐらいショックですね。

あまり芸能人が亡くなってこんな感情にはなったことは
ありませんが、テレビで改めて昔のドリフのコントなど
振り返っているのを見ると、
その面白さがすごいとわかりますね。

昔のテレビは本当におもしろかったぁ・・・


さて、暗い話ばかりで、気が滅入りそうな人も
多くいらっしゃるかと思います。

何をするにも自粛ですからね。

でも今が我慢の時期
みんなで乗り越えていくしかありません。

競馬は全国どこかで開催していますので、
家にずっといて暇なときは
ぜひご参加いただければと思います。


例年ばんえい記念当日は
各世代の特別戦が行われ、
ばんえい記念に競馬場に行くと
世代のスターホースに会えるという特典もありました。

今年度は5日間連続開催ということで
ばんえい記念当日に3歳の特別戦。

翌日22日に4歳の馬、23日(月)に5歳馬
そして、最終日にオープンのレースが行われました。

まず、3歳の特別戦は
牝馬、牡馬の二レース

3歳牝馬福寿草特別
黒ユリ賞勝馬エンゼルフクヒメは不在
1番人気アバシリルビーの勝利。

(主催者提供)


(主催者提供)

第2障害を降りてからのキャンターは
素晴らしいものがありましたね。


3歳牡馬若草特別
イレネー記念ではまさかの競走中止。
初めて土がついたキョウエイリュウでしたが、
ここでは強さが光りました。

(主催者提供)

果敢に攻めていったギンジ
第2障害天板に差し掛かったところで
キョウエイリュウがようやく2障害手前に。

2番人気トワトラナノココロが障害を下って
ようやく一気に駆け上がったキョウエイリュウ。
3番手で障害を降りるとすごい脚でしたね。
瞬く間に先頭にたっての圧勝。

(主催者提供)

同じようにすごい脚で迫ってきた
ゴールドハンター。この馬がなかなか曲者で
まっすぐ走らなく、今回も内にささったのは
もったいなかったですね。
気性面が落ち着いて、まっすぐ走るようになると
キョウエイリュウの強敵になりそうな馬です。

それにしてもキョウエイリュウの最後の脚は
前回の鬱憤をはらす、すばらしいレースでした。

新年度3歳の3冠戦は楽しみです。


22日(日)のメイン、4歳の特別戦
クリスタル特別は2番人気
前回ポプラ賞を圧勝したアオノブラックの勝利。

(主催者提供)

これまで世代3冠戦全て2着でメムロボブサップの
苦杯をなめていたアオノブラックでしたが、
今回は前回の強さそのまま、
何か吹っ切れたような強さを見せました。








メムロボブサップは
1月以来の実戦ということもありましたが、
来年度もこの2頭の争い、ライバル関係が続きそうです。


翌23日(月)のメインは 5歳の特別戦
スターライト特別

1番人気キタノユウジロウの勝利。





以外だったのは天馬賞馬コウシュハレガシーの
人気がそれほどでなかったこと。

逃げるコウシュハレガシーを
最後ギリギリでとらえたキタノユウジロウでした。




この世代はばんえい記念18年ぶりに
5歳馬で果敢にチャレンジした
アアモンドグンシンがいる世代。

そして、牡馬たちに混ざって引けを取らない
走りを見せていたミスタカシマ。

残念ながら今回ミスタカシマは取消。

もちろんアアモンドグンシンは
ばんえい記念のため登録なし。

キタノユウジロウにとっては
メンバー的に少し楽だったのは否めませんね。

それでもしっかり歩いて、最後はきっちり差しえての勝利。

5歳馬たちは新年度、年齢ハンデもなくなり
苦しいシーズンとなることでしょう。

強い相手に混ざって成長していってほしいものです。


最後は24日(火)メイン オープンによる
大平原特別

勝利したのは人気薄8番人気
マツカゼウンカイでした。

(主催者提供)

この日は後半荒れ荒れで
このメインの3連単も26万円超

久しぶりにマツカゼウンカイのいいレースを見ました。




藤本騎手もいつもより道中自ら引っ張っていた
と話しており、来年度に向かっていいステップに
なったのではと思います。






1番人気ミノルシャープは
いつもより消極的だったように感じました。
前に行って馬だので、道中の行きっぷりがわるかったのかも
しれませんね。

同じく6歳馬メジロゴーリキは
第2障害いい所まで行ったのですが、
天板で転倒。それがすべてでしたね。
ただ、これまでよりいい感じで
障害を上がっていたように思いました。

松井調教師も、メジロゴーリキに期待していた
と話していただけに、調子もよかったのだろうと思います。

同きゅう舎のマツカゼウンカイが勝利で
思惑とは違ったかもしれませんが、
いい走りをして嬉しそうに来年度に向けて
頑張りますとお話でした。

新年度は6歳馬の真価が問われそうな1年になりそうです。

結果的に今年度6歳馬はどの馬も重賞を
勝つことができませんでした。

おそらく来年ばんえい記念に挑戦する馬も
いることでしょう。

今後の動向はかなり要チェックです。


今年のばんえい競馬も終わり
楽天競馬では
 ​ばんえい十勝応援企画「ばんえいアワード2019」​の
投票を開始しております。


投票していただいた方の中から抽選で
豪華景品をプレゼント!!

締め切りは4月9日(木)までです。

奮ってご参加ください。






最終更新日  2020年03月31日 22時54分38秒



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.