楽天競馬
地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ  楽天競馬ブログ 8384193 ランダム
ホーム | 日記 | プロフィール

地方競馬の楽天競馬|日替わりライターブログ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


楽天競馬ライター

フリーページ

楽天カード

2020年10月02日
XML
カテゴリ:古谷 剛彦
金曜日は、古谷が担当します。

 10月になりました。北海道の朝晩は寒く感じるようになってきましたが、東京も毛布が必要なぐらい、朝晩は肌寒くなりました。「サンライズカップ」を観に来た斎藤修さんとよこてんさんの会話で、門別が思ったより寒くなく、これなら「ダービーグランプリ」を観に行く盛岡競馬場の方が寒いのでは…というのを耳にしました。確かに、昨年の「ダービーグランプリ」を観に行った時、結構寒く感じたのを思い出します。

 その「ダービーグランプリ」ですが、今年はニコニコ生放送とYouTubeによる​ライブ配信​でMCを担当します。「ゴールドジュニア」、「日本テレビ盃」に次いで、3週連続での放送となり、段々定着してきたかなと思いますが、全国の3歳馬が覇を競う​「3歳秋のチャンピオンシップ」​最終章、ぜひニコニコ生放送とYouTubeでお楽しみ頂ければと思います!

 さて、門別競馬場はリニューアル工事中ですが、先日の坂田さんのブログで、パドックビジョンの話題が出ていました。Aスタンド(旧スタンド)の増設工事も着々と進み、外観ができあがってきました。また、スタンドとコースの間の観覧スペースは、かつてのパドックの面影があったんですが、それも緑で埋め尽くされるとともに、新しい表彰スペースが設けられています。





 旧パドックは、実況席からマイクを下ろしてもらって、目の前でパドック解説をしていた思い出があります。その面影がなくなってしまったのは、少なからず寂しい思いを抱いてしまいます…。ただ、「JBC2歳優駿」が、新たな​「JBC」​を生み出すように、僕も新鮮な気持ちでその日が来ることを楽しみに待ちたいと思います。

 その「JBC2歳優駿」の重要なステップレースとなる​「第20回サンライズカップ」​が、1日に門別競馬場で行われました。このレース回顧は、​note​でレースラップを用いながら書いていますので、ご覧頂ければと思います。ノートウォージーがかなりのハイラップで逃げ、それを2番手から早め先頭のレースをしたシビックドライヴが押し切るという、非常に強い内容を見せました。JRA勢を相手にすることを想定した時、厳しいレースとなったことは、本番に大いにつながるレースとなったことは、非常に意義があります。

 ​「ふるやっちチャンネル」​で、​「サッポロクラシックカップ」​を前にした時に、​2歳中距離を振り返る動画​をアップしました。その中で、今年最初に行われた1700mの​「アタックチャレンジ」​を勝ったシビックドライヴが、その後の中距離戦を観ていく時に物差しとなる話をしました。その意味でも、シビックドライヴが重賞勝ちを叶えたことは、今年のホッカイドウ競馬2歳戦にとって大きいと感じました。




(シビックドライヴのゴールシーン(上)と口取り写真(下))写真提供:山中博喜氏

 「サンライズカップ」が終わり、地元馬の「JBC2歳優駿」が見えてきました。シビックドライヴ、ラッキードリームの重賞ウィナーを中心となり、JRA勢を迎え撃つ形となりそうです。さらに、南関東からカイカセンゲンが、母の無念を晴らすべく挑戦する可能性があると聞いており、「第1回JBC2歳優駿」が盛り上がる意味でも、注目の参戦となりそうです。あと1か月、スタンドができつつある状況を見ながら、気持ちを高めていきたいと思います。






最終更新日  2020年10月05日 22時07分12秒
[古谷 剛彦] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.